シャーロック・ホームズ Archive

退屈しのぎ

amazon:[Blu-ray] SHERLOCK / シャーロック  シャーロック・ホームズの活躍はジョン・H・ワトソンの著述によって世に広く知られるようになった。『緋色の研究』によって明らかにされたのは、シャーロック・ホームズの優れた知能活動のみならず、彼の知識に偏りがある点だ。
 21世紀のワトソンは、そのブログにシャーロック・ホームズの冒険を綴っている。彼のブログは多数の読者を獲得しているようで、地動説の理解すら覚束ないホームズはよい恥さらしだ。彼を軽蔑するスコットランドヤードの連中に笑われる始末。
 探偵自身の意識では己の活動に不必要な情報をゴミ箱に捨てているだけだし、知識の断捨離は一面で真理を突いているのだが、それが負け惜しみにしか聞こえないのがシャーロック・ホームズという個性である。たとえ教育システムの整った現代であっても、彼なら知識の偏向もあり得ると思わせるのがシャーロック・ホームズである。
 BBC製作のテレビドラマ「SHERLOCK」の第三話のタイトルは、「大いなるゲーム」だ。
 軍事機密の漏洩疑惑に絡む殺人事件が起きて、その調査と機密情報を取り戻すことを兄のマイクロソフトに依頼される。
 本作の幕開けは聖典における「ブルース・パティントン設計書」を彷彿とさせるも、直後には予想だにしない急展開が待っている。これには意表を突かれた。
 ベイカー街221Bの目と鼻の先で起こった爆発は、それによってシャーロック・ホームズを亡き者にしようと意図したものではないが、明らかに探偵を標的としている。これは挑戦状であり、今後の爆破予告への信憑性を高めるデモンストレーションでもある。
 かくしてシャーロック・ホームズと姿の見えない犯人とのゲームが始まった。

Continue reading

暗号解読は踊る!

amazon:[Blu-ray] SHERLOCK / シャーロック  アーサー・コナン・ドイルの生んだ探偵は、シリーズ探偵の面白さを多くの人に知らしめ、国境と時代を越えて世界中で今も愛されている。なにしろ相次いで映画化とテレビドラマ化をされるくらいなのだから。
 ガイ・リッチー版「シャーロック・ホームズ」シリーズは従来のイメージを覆すシャーロック・ホームズ像を打ち出して衝撃的だったが、BBC製作の「SHERLOCK」もまたインパクト大である。
 ヴィクトリア朝のロンドンで大活躍をした名探偵を21世紀に甦らせるという発想が素晴らしい。科学技術も法整備もまるで異なる時代背景のもと、探偵の役割に変化は生じてない。
 ガイ・リッチー版「シャーロック・ホームズ」シリーズで世界一の名探偵を演じるロバート・ダウニーJr.が新たなシャーロック・ホームズ像を演じあげたというなら、「SHERLOCK」のベネディクト・カンバーバッチも「まさしくシャーロック・ホームズ!」といいたくなる風貌と雰囲気を持っている。
 ベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロック・ホームズには、多種多様な個人の在り方を受容する現代においてさえ、常人の枠から外れてしまう天才の孤独を感じさせる。そんな世界においてシャーロック・ホームズを此岸に留めるのは、彼の興味の的である難事件と忠実なる助手の存在にほかならない。
 難事件に向き合うことだけがシャーロック・ホームズに生き甲斐を齎す。そして事件解決の手助けをし、日常生活を営ませるジョン・ワトソンこそ、シャーロック・ホームズの冒険には不可欠な存在である。
 マーティン・フリーマン演じるジョン・H・ワトソンは、誠実さと精悍さを併せ持ち、シャーロッキアンに「これぞジョン・ワトソン!」と唸らせる。役柄としての完成度は、ベネディクトのホームズ以上のものがある。

Continue reading

桃色遊戯

amazon:[Blu-ray] SHERLOCK / シャーロック 「名探偵」という単語を目にしたり耳にしたりすると、そんなときに頭に浮かび上がるシルエットというのは、鳥打ち帽にインバネスコートを身に纏い、パイプをくわえた長身痩躯の男性。こういう向きも多いのではないか。
 これは勿論、アーサー・コナン・ドイルの生んだ「世界一の名探偵」、シャーロック・ホームズのいでたちだ。名探偵といえばシャーロック・ホームズ、シャーロック・ホームズといえば鳥打ち帽に代表されるこの服装。罪人を追い立てる狩人の戦闘服だ。
 ところが、この装いをドイルは聖典に書き記してないという。ホームズ譚の舞台化の際に役者が衣装として身に纏ったものが広く知られて、ついにはシャーロック・ホームズの代名詞として認知されるようになったということだ。
 今やシャーロック・ホームズ像として半ば固定されたイメージは、その多くの要素において実は原典にはないものなのだ。
 イギリス人映画監督のガイ・リッチーがロバート・ダウニーJr.と作り上げた、いささか破天荒にすら感じられるシャーロック・ホームズ像こそ、あるいは聖典に沿っているのかも。
 ロバート・ダウニーJr.がシャーロック・ホームズ、ジュード・ロウがジョン・H・ワトソンを演じた、ガイ・リッチー版「シャーロック・ホームズ」シリーズは、ホームズ譚の冒険活劇の側面を魅力的に描いて、世のシャーロッキアンに歓呼として迎えられた。これはこれで面白い、と。私も泣いた。
 既存のイメージにとらわれることなく、そうはいってもオリジナルにはきちんと敬意を抱いて、新時代の「シャーロック・ホームズの冒険」を作り上げる。ガイ・リッチーが成し遂げたのは、こういうことだ。
 ガイ・リッチーとは違うアプローチでホームズ譚に挑んだ者たちがいる。
 その成果が、BBCこと英国放送協会製作のテレビドラマ、「SHERLOCK」である。
 このドラマのシャーロック・ホームズは、21世紀の現代に生きている!

Continue reading

犯罪界のナポレオン

「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」公式サイト 「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」を観た。
 本作は、タイトルロールのシャーロック・ホームズをロバート・ダウニーJr.が、ジョン・H・ワトソンをジュード・ロウが演じる、「シャーロック・ホームズ」シリーズの第二弾。
 本作には「ミレニアム」シリーズでリスベット・サランデルを演じたノオミ・ラパスがジプシーの女性として出演している。前作で"あの女性"ことアイリーン・アドラーを演じたレイチェル・マクアダムスが再び名探偵のファム・ファタールを演じる。そしてジャレッド・ハリスが"教授"を、スティーヴン・フライが兄のマイクロフトを演じている。
 監督は前作に引き続いてガイ・リッチーが務める。
 このイギリス人監督は前作において、従来のシャーロック・ホームズ像からかけ離れたそれを提示し、しかしながらシャーロック・ホームズとしての芯を外さない、むしろシャーロック・ホームズのシャーロック・ホームズたる所以を余さず描ききることに成功した。聖典に記述のあるエピソードの幾つかを織り交ぜながら、しかし決してパロディに終わらず粗悪品に堕することなく、シャーロック・ホームズ譚に必要な要素として有機的に物語に結合させる手腕は大したものだ。
 前作の出来が良かっただけに好評を博しての第二弾作品には否が応でも期待してしまう。
 なにしろあの宿敵が満を持して登場するというのだから!

Continue reading

世界一の名探偵!

amazon:[Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】シャーロック・ホームズ ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)  ガイ・リッチー監督作品、ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムスが見事なアンサンブルを見せる冒険活劇、「シャーロック・ホームズ」を観た。
 世に名探偵は数多く存在するが、「世界一の名探偵は?」との問いに対して即座にシャーロック・ホームズの名を思い浮かべるのは私ひとりのことではあるまい。鳥撃ち帽にインバネス、長身痩躯のその姿は貧弱とは別種のもので、身中にその眼光の如き鋭さを秘めている。
 その人となりを表すにあたって、彼と生活をともにし、その探偵活動で良き相棒を務めたジョン・H・ワトソンの著述に勝るものはない。あえて要約すると、シャーロック・ホームズなる人物は「特定の分野における知識を抜群に有しているが、その反面、知識人としてそなえていて然るべき教養が欠如している」。また、「バイオリンを自己流だがよく奏で、ボクシングをはじめとする格闘技はお手のもの」である。
 この時点でワトソンはホームズの職業を知らない。この犯罪学に通じた同居人が世にもユニークな嘱託探偵として数々の難事件を解決していると知るや、その特異な能力にすっかり魅了されてしまう。そして軍医としての経験を買われて事件解決の協力を請われる。
 ただの同居人であったホームズとワトソンが相棒になった瞬間だ。

 本作の描く「シャーロック・ホームズ」は聖典に記述のある通りの人物なのだろうか?

Continue reading

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top