日本映画 Archive

ゴンドラの唄

amazon:[DVD] 生きる  常にその悪弊を指摘されながら一向に改善の見られぬ縦割り行政。システムの有する強固な自己防衛本能は、志高い若者を事勿れ主義の木乃伊へと変える。
 出る杭は打たれるという気風が蔓延しているこの島国の役人は、なにもしないことが出世の絶対条件であるらしい。どの国の箴言だったかは忘れたが、良い役人は死んだ役人だというのは全面的には首肯できぬものの、そうかといってまったくの戯言にも聞こえない。オヤ、そんな箴言はなかったかな?
 黒澤明監督作品、「生きる」は素晴らしい。
 主人公の渡辺は市役所に市民課長の席に就いている。目立つことはせず、周囲と同じように毎日を無駄に忙しく働いている。持ち上がった厄介事には丸投げ先送りというような、無責任としか思えない対応に終始する。いわゆる役人の鑑である。入所以来勤続三十年。流れた時間は、渡辺を面白味のない人間に作りあげた。
 そんな渡辺は、自身が胃癌を患っていることを自覚する。それは決して自意識過剰からくる思い込みではない。彼は本当に胃癌であり、既に手を尽くせないところまで進行していた。いきなり死を突きつけられて、それを契機に今までの自分やその生き方に関してもどかしいまでの憤りを感じるようになる。人生をかけて愛した息子からは、最近の様子が変わったことを老いらくの恋に狂ったと勘違いされる。それだけならばまだしもその云い種を煎じ詰めれば、どれだけの金銭を自分に遺してくれるのかということに尽きる。頭のなかで父親を換金している始末。
 情けない。いったい自分の人生とはなんだったのか。渡辺は死ぬための生き甲斐を求める。
 生命力に満ち溢れた若い女性との交流を通じて生きていることを実感していた渡辺だが、あまりに執拗に迫るものだから彼女からも撥ね付けられる。万物は身ひとつで死んでゆくのだから、今の自分には縋るものがない。だから、一度夢中になるとそれにすべてを預けたくなるのは道理ではないか。若い人はその若さ故に死ぬなんてことを考えられないから、この気持ちを理解実感できないのだろう。これも無理からぬことだ。
 意気消沈の彼の目に飛び込んできたのは、小公園の造園請願を市役所窓口に陳情に来る地域住民の姿。ここにおいて、限られた時間を充実させる生き甲斐をようやく見付けた市民課長。自分の人生に意味の残る何事かをやり遂げよう。
 公園の竣工直後、渡辺家を訪れる弔問客。渡辺の告別式が営まれた。

Continue reading

今日もどこかでデビルマン

「北のカナリアたち」公式サイト 「北のカナリアたち」を観た。
 東映創立六十周年記念作品ということで、本作は主演の吉永小百合をはじめとする日本映画界の綺羅星が出演する。永遠の映画スターである吉永小百合が演じるのは、北海道は離島の分校に赴任してきた教師。その後、彼女はある事件をきっかけに島を去ることになるのだが、二十年後に当時の教え子が起こした殺人事件を契機として島へ戻り、教え子たちと再会を果たす。その六人の教え子たちの成長した姿を演じるのは、実績も申し分のない若手俳優。森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮﨑あおい、小池栄子、松田龍平。いずれも日本映画界を背負ってゆく人材だ。ここに石橋蓮司と柴田恭兵に仲村トオル、里見浩太朗といったベテランが脇を固めて、キャストは盤石だ。
 スタッフも監督を阪本順治、撮影を木村大作が務めることから、東宝の"本気"が窺える。冬の北海道が見せる険しくも雄大な景色を、日本映画界を代表するカメラマン、木村大作に撮らせるのだ。これが本気でなくて何であろう。ただ一点、心配なのは脚本だ。
 本作の原作者としてクレジットに名を連ねるのは、湊かなえ。この作家の作品は、複数の主観にひそむ悪意と保身と無自覚が織り成すアラベスクが魅力だ。それは長編や連作短編で真価を発揮する。本作は連作短編集『往復書簡』のうちの一編が原作なのだという。『往復書簡』は未読なので本作と原作小説との比較はできない。知らないことは幸せだけど、ある事実を知っているものだから、本作に一抹の不安を覚える。。
 本作の脚本を担当したのは那須真知子だ。夫婦で「デビルマン」を凄まじい作品に仕上げたと話題になった那須夫妻の奥方だ。怖いもの観たくなさで、かの問題作を未だ観てない。あまりの悪評に怖じ気づいてるのだ。
 さて、本作は「北のデビルマン」になってしまっているのか?

Continue reading

縁は異なもの

 更新が滞っているので、かつてのブログから内田けんじ監督作品のレビューを多少の手を加えて再掲。手を加えてはいるけど、本当のところは手抜きなんじゃないの?
 その通りである! いや、ホント、「日本映画」カテゴリの二本目が再掲とはこれ如何に。

amazon:[DVD] 運命じゃない人 「運命じゃない人」を観た。
 桑田真紀は大きな荷物と共にその部屋を出た。将来を約束した男との同棲を一方的に解消。もう戻るつもりはなかった。これからはひとりで生きてゆくのだ。男に裏切られた不幸も悲壮な決意も空腹には勝てない。懐具合は心許ないが、今夜はレストランで食事をするとしよう。
 宮田武は平凡な会社員。ひとりで住むには贅沢すぎるマンションの自室に帰り着くと、友人から電話が掛かってきた。帰宅直後の落ち着く間もないところに食事の誘い。気乗りしない武だが、友人が云うには特別な話があるとのこと。武の別れた恋人について伝えたいことがある、と。武は部屋を飛び出した。
 神田勇介は私立探偵だ。浮気調査の一件を片付けて自宅兼事務所に帰ると、そこに見知った顔があった。幾つもの変名を持ち、その名前の数だけ男を騙してきた女だ。勇介の友人もこの女狐の詐欺の標的になった。幸か不幸か、この友人は貯金をはたいて大きな買い物をしたおかげで結果として財産を騙し取られずにすんだものの、騙された認識のない彼は"恋人"に去られたことのショックを今もひきずっている。今更、それも勇介の前に現れた女は、しかしその顔に改悛の色のないままに頼み事があると云う。
 女が先刻まで付き合っていた男、つまり最も新しいカモというのが実は暴力団組長だった。潮時なのでもう手を引くのだけれど、行き掛けの駄賃に金庫から大金をせしめた。今頃、事は露見しているだろうから、逃亡の手助けをしてほしい。勇介が想像していた以上に厄介な依頼内容だ。
 浅井志信は頭を抱えていた。極道として一家を構えるというのは、これでなかなか大変なのだ。面子を保つのも仕事のうちと、金遣いにも気を遣う。若い衆への小遣いやら事務所の維持費やらで支出は増える。それでいて昨今の暴力団排斥の流れのなかで収入源は減る一方。だからといって、金が無いでは格好つかない。頭の痛いところだ。金のない現実をそのまま受け容れることは組長としての求心力に影響する。沽券にかかわる一大事だ。極道として張らねばならない見栄が、浅井に詰まらない細工を弄させた。ところが、見栄を張ったが運の尽き。情婦が金庫の中身を盗んで逃げた。
 拙い。

Continue reading

警報音が胸に痛い

「鍵泥棒のメソッド」公式サイト 「鍵泥棒のメソッド」を観た。
 雑誌「vip」編集長の水嶋香苗は結婚を宣言。年内のゴールインを目指して、まずは相手探し。
 夜、サングラスに革手袋、雨でもないのにビニール合羽を着込んだ男が車内でモーツァルトを聴く。しばらくして男が仕事を終える。標的を車のトランクに入れて、ビニール合羽を脱ぐ。それには赤い飛沫がベッタリ。手慣れた仕事の一部始終を見ていたチンピラ風の男がひとり。
 安アパートの自室で桜井武史は首を吊って死のうとした。縄がちぎれて失敗した。ひとまず落ち着こうにもタバコは空、所持金は1500円にも満たない。しばらく風呂に入ってないことに気付いた。とりあえず銭湯に行こう。
 他人の石鹸を拝借しようと手を伸ばし叩かれる。転がる石鹸は子どもに蹴られてタイルの上を滑る。石鹸の行方は、洗い場に現れた男の踏み出した足の下。デューク東郷のような強面が宙に舞う。頭部強打。救急車による緊急搬送。そして桜井の手にはすり替えたロッカーの鍵が。最前に見た分厚い財布の誘惑に勝てなかった。
 他人の服を着て、他人の車を乗り回し、他人の金を使う。後先考えない行動が桜井武史という男を表している。荷物をまるまる取り替えているのだ。本来の持ち主が意識を取り戻したらすべては露見するというのに、そのことを考えられないのか無視しているのか。進退窮まった桜井に僥倖が。銭湯で倒れた御仁は頭を打ったショックで記憶喪失になったらしい。

Continue reading

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top