外国映画 Archive

お先真っ暗

amazon:[Blu-ray] ロスト・アイズ 「ロスト・アイズ」を観た。
 製作に名を連ねるのはギレルモ・デル・トロ。「デビルズ・バックボーン」や「パンズ・ラビリンス」を監督し、このブログでは「ヘルボーイ」シリーズを取りあげた。
 この怪獣好きの映画人には製作者としても良作がある。「永遠の子どもたち」は怖いだけでなく切ない印象を残す作品で、私のお気に入りである。年明けにはギレルモ・デル・トロが製作だけでなく脚本も手がけた「ダーク・フェアリー」が公開される。これもまた期待大だ。
 さて、本作「ロスト・アイズ」の出来栄えはどうだろうか?

 雨の夜、ひとりの女性が自宅の地下室で首をくくった。その盲いた瞳が見据えたのは"悪魔"。彼女が乗っていた踏み台を蹴倒し、死出の旅路へとその背を押した"悪魔"だ。彼女が今生に留める最期の姿を、"悪魔"がフラッシュを焚いてフィルムに焼き付ける。
 同時刻、双子の妹は喉を締めつけられるような衝撃を覚える。自分を襲った衝撃に、彼女は姉の身に何事かが起こったのではないかと危惧する。
 翌日、夫とともに半年ぶりにサラの家を訪ねたフリア。一年前に失明した姉と同じように、彼女も進行性の視力低下を患っている。ストレスが症状に及ぼす影響は大きく、このたびの訪問においても姉の身を案ずるあまり発作を起こす。これは、視野全体が暗くなり、周辺が狭まるもので、主治医からは失明への危険信号のように告げられている。フリアが発作を起こしたことを知らない夫は、地下室でサラの首吊り死体を発見する。
 現場検証による警察の見解は自殺。何者かが関与した痕跡はなく、遺書こそ無いものの失明を苦にしたサラが自ら命を絶ったものと思われる。
 姉の自殺を受け入れられないフリアは、自分の発作を夫のイサクにも告げず、サラの身辺を調査する。

Continue reading

親であるということ

amazon:[DVD] フリーダムランド 「フリーダムランド」を観た。
 1999年、ニュージャージー州デンプシー市。アームストロング団地の住人は低所得者層の黒人である。デンプシー市警のロレンゾ・カウンシルは、相棒のボビーとともにアームストロング団地を担当している。ロレンゾもまた黒人であり、団地の住人からはビッグダディと呼ばれ、親しまれている。
 ある夜、病院にひとりの女性が現れた。両手を負傷した彼女はカージャックに遭ったと訴えているとのこと。病院でカージャックされたというブレンダの事情聴取をするロレンゾだが、よくよく彼女の話を聞いてみると、奪われた車には彼女の息子が乗っていると云うではないか!
 ブレンダの息子の名はコーディ、四歳児。ブレンダが云うには、コーディは病気で後部座席で眠っていた。それならば、カージャック犯がブレンダに同乗者がいることに気付かなかったのも頷ける。
 ただのカージャック事件がとんでもない事態になった。犯人逮捕よりも優先すべきはコーディの生還だ。犯人にとってみればコーディの存在は想定外。車を売り払うにせよ何にせよ、邪魔にしかならないコーディは、どこかで降ろされているに違いない。希望はある!
 しかし、事件を取り巻く状況が変わる。ブレンダが云うには、カージャックに遭ったのはアームストロング団地近辺とのことで、ここはただでさえ周辺からはスラムのように思われているのが、黒人が白人の子どもを誘拐したとなれば騒動となるのは必定。
 そのうえ、ブレンダの兄は隣接する市の刑事だ。刑事の妹が襲われて、結果として甥が連れ去られたとなると、身内意識の強い組織である警察はしばしば暴走してしまう。
 早期解決を果たさなければ、アームストロング団地住人への云われなき差別が助長され、それに伴って団地住人の不満が膨れ上がるだろう。警察と団地住人、双方の怒りが爆発したら暴動に発展してしまう!

 ロレンゾ刑事をサミュエル・L・ジャクソン、ブレンダをジュリアン・ムーアが演じている。二人とも、とんでもない映画にこれまで出演してきたので、本作は本格的なドラマなのか飛び道具のようなバカ映画なのかわからないまま、闇鍋気分で観てみた。箸が摘んだものは何だろうか?

Continue reading

骨身を惜しまない殺人

amazon:[Blu-ray] 完全なる報復 「完全なる報復」について、前回の続き。
 物語の舞台はフィラデルフィア。二人組の強盗に妻子を殺された男をジェラルド・バトラーが、検察官をジェイミー・フォックスが演じている。被害者遺族と事件の担当検察官として始まった二人の関係性が、人の死を重ねることで変化してゆくのを、ジェラルド・バトラーとジェイミー・フォックスが熱演している。
 妻子を殺害した男が司法取引によって三級殺人にしか問われない現実に憤り、それならばと復讐を果たし、返す刀で司法制度そのものに戦いを挑む男。妻子を得た身として男の復讐は理解できるものの、過去の出来事の復讐に終わらない男の暴挙にはその真意をつかみかねる検察官。真意を言動で示す男、周りの人間が死んでゆく極限状況にあって男のことばかり考えることで、男の真意に到達する検察官。
 前回の記事では、殺人者と対するに取り引きすること自体がそもそも間違いであることを書いた。間違った手段で正義が為されることはない。
 今回は、刑務所の独房にあってどのようにして殺人を犯してゆくのかということを、できるだけ書かないようにする。
 書かないようにするって、なんだソレ?

Continue reading

契約不履行にはペナルティーを!

amazon:[Blu-ray] 完全なる報復 「完全なる報復」を観た。
 ジェラルド・バトラーとジェイミー・フォックスがまさに"競演"といった感じで、役柄の上での関係性そのままに火花を散らしている。まさに熱演!

 フィラデルフィア、あたたかな団欒。父親はエンジニアだろうか、細かな作業をしながらも愛娘のしていることに注意を向ける。幼い娘は本日二本目のアクセサリーを作成中。一本は父親にブレスレットを、いま作ってるのは母親のネックレス。夕食の用意ができたと母親の声。そこに来訪者が。
 二人組の強盗は手際よく父親を拘束し、そのうちのひとりが彼の腹を刺す。そして、この家の女性は二人とも殺されてしまう。
 検察官のニコラス・ライスは"有罪率96%"の男だ。勝訴することを何よりも優先する。このニックがシェルトン家を襲った強盗殺人事件を担当する。
 二人組のひとり、ダービーが相棒の殺人行為に対して証言することで司法取引に乗った。しかし、実際に手を下したのはダービーだ。そのことを、生き残ったクライドが供述するも、ニックは法廷で覆されるとこれを認めない。妻の体に残されたダービーの体液は? DNA鑑定は? ダービーの体液は不法に採取したものだし、DNA鑑定はこれを証拠として認めない判事もいる。このままでは敗訴となるだろう。しかしダービーの司法取引を呑めば、ダービーも奴の相棒のエイムスも有罪にできる。エイムスは死刑判決が出るだろう。ダービーは三級殺人に問われるにすぎないけれど。
 泣きながら司法取引には応じないでくれと懇願するクライドに、これは決まったことだと突き放すニック。
 判決が下り、エイムスは死刑を宣告され、ダービーには三年の禁固刑が宣告された。有罪判決を勝ち取ったニックが裁判所前で報道陣の取材を受けているさなか、手錠をされたままのダービーが歩み寄る。報道陣の手前、ダービーの差し出す手を握らざるを得ないニック。その姿をクライドが見ていた。
 十年後、エイムスの死刑執行当日。ニックは部下を伴って、エイムスの死を見届ける。死刑は三種の薬物を用いて、死刑囚に痛みを伴わない死を迎えさせる。しかし、薬物を注入されたエイムスは苦痛に身をよじり、体には血管が浮き上がる。苦悶に歪んだ死に顔は、これが予定外の出来事であることを如実に物語っていた。
 現場に残された容器のメッセージからダービーの関与を疑った警察は、ダービーの住処に急行する。
 自室でドラッグをキメていたダービーの携帯電話が鳴る。通話相手が云うことには、すぐに警官が雪崩れ込んでくる。早く逃げろ。逃走経路を指示されてその通りに進むと、運転席に眠らされた警官を乗せたパトカーが。これに乗り込んで間抜けな警官のホルスターから拳銃を抜くと、警官を起こして運転を命じる。
 空き地で停車したパトカーからダービーと警官が出てくる。ダービーに銃口を向けられて命乞いする警官は、しかしその変装を解くとそこにはクライド・シェルトンが立っていた。その姿にトリガーを引くダービーだが銃声は上がらず、体を硬直させる。拳銃に仕掛けられた毒物によって麻痺させられたのだ。
 体中が麻痺したダービーは"作業台"に拘束される。クライドはダービーにこれからその身に起きることをしっかり見届けさせる旨を宣告し、生きながらの解体作業を始める。毒物によって筋肉は麻痺しつつも感覚は生きているということで、ダービーの生き地獄が幕を開けた。
 エイムスとダービーの他殺から、警察はその殺害容疑をクライドへと向ける。クライドの身柄を確保しようとシェルトン宅に急行する警察車両。クライドは抵抗ひとつ見せずに逮捕されるのだった。
 これはまだ計画の序盤も序盤。クライドの真の狙いは、ダービーとエイムスへの復讐ではなかった。

Continue reading

男の花道

amazon:[Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】グラン・トリノ ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定) 「グラン・トリノ」を観た。
 ああ、クリント・イーストウッドだよ!
 かつてクリント・イーストウッドの吹き替えは山田康雄がやっていた。「荒野の用心棒」も「ダーティハリー」も「マンハッタン無宿」も「ガントレット」も「アルカトラズからの脱出」も「ダーティファイター」も「ルーキー」も「ハートブレイク・リッジ」もその他のクリント・イーストウッド出演作品において、彼の口からは山田康雄の声が発せられていた。
 本作を観て思う。今のクリント・イーストウッドに山田康雄はどんな声を当てるだろうか、と。
 クリント・イーストウッドがかつて演じた男たちは、"撃たれたら撃ち返す"を信条に、自警主義を地で行っていた。だから、銃声はクリント・イーストウッド出演作品の通底音であった。
 今は違うようだ。違うようだというのは、最近のクリント・イーストウッド作品を観ていないから、実際はどうなっているのかわからないのだ。つまらない感傷にすぎないけれど、山田康雄の声を発しないクリント・イーストウッドを見たくないのだ。だから、「許されざる者」を最後に、クリント・イーストウッドの出演作品を観ていないような気がする。
 本作を観る気分になったのは、傑作の呼び声が高かったからだ。山田康雄にこだわっていた気持ちが薄らいできたことも影響しただろう。それでも映画館に足を運ばなかったのは、なぜだろうか? やはり、クリント・イーストウッドはテレビで観るものだという頭があったのかもしれない。映画館の吹き替えは、たとえそれがあったとしても山田康雄の声ではないものな。
 山田康雄の声ではないクリント・イーストウッド主演作品。本作は面白かったのか? それとも、やはり物足りなさを感じるものだったのだろうか?

 どいつもこいつも気に食わない。最愛の妻が亡くなったことも、その告別式にふざけた服装で参列する孫どもも、青二才のくせに説教を垂れる神父も、隣家の東洋人も、何もかもが気に食わない。
 現在は移民ばかりが住むようになった地域に、ウォルト・コワルスキーは住んでいた。フォードの工場で五十年間働いてきた男は、気難しくて癇癪持ちであり、身内ですら顔をあわせるのを敬遠していた。
 移民を嫌うウォルト自身もポーランド系移民だが、彼はアメリカ合衆国市民であることに誇りを持っている。それは彼の自宅を表から見ればすぐにわかる。玄関先は常に星条旗を掲げてあり、前庭の芝生はいつもきれいに刈られている。そして、ガレージにはアメリカが誇る名車、72年型グラン・トリノ。それなのに長男は選りにも選って日本車の販売を一生の仕事に選んだ。
 何もかもが気に食わない!
 気に食わない奴と関係を持つことを嫌うウォルトだが、このところ千客万来の様相を呈している。いずれも望まぬ客だが、だからと云って銃を持ち出して追い払うほどでもない。ただし、自慢のグラン・トリノを盗みに入ったり丹精している芝生に入ったりしなければ、だが。

 この気難しい老人は、その性格故に一族からも地域社会からも食み出している。彼が気安く話し掛けるのは数少ない友人たち。彼らはいずれもウォルトと同じく移民の生まれで、そしてウォルトと同じく手に職を持っている。出自や肩書きは関係なく、自分の技術で生きてきた男たち。彼らの関係には互いに対する敬意がある。だから、時に耳を疑いたくなるほどの悪口雑言を浴びせたり浴びせられたりしても良い関係を保っていられる。
 苦難を持ち前の自警主義によって乗り越えてきた男が、しかし自分の生き方が齎した結果を振り返って苦悩する。それと同じ頃に男は病を得て、自分の持ち時間の残り少ないことを自覚する。残された時間を思う時、未来ある若者と知己を得たことで自分が世界に偉大なる業績を残せることに気付く。それは隣家の少年に象徴される明日への希望だ。移民であろうとアメリカ合衆国で誇りを持って生きてゆく者に幸あれかし。アメリカのスタイルだけを真似るのではなく、アメリカの精神を正しく受け継がんとする者の為に、残り少ない時間を使おう。そう決めたことで男に訪れた穏やかな日々は、しかし暴力によって侵されてしまう。
 隣家が銃撃され、スーが襲われた後、怒りを湛えたヤノヴィッチ神父がウォルトを訪ねる。燃え上がる怒りと自分の立場との間で葛藤する神職の男を見て、ウォルトははじめて自分を語る。朝鮮戦争当時に自分が何をしたのか、を。
 ウォルトの苦悩の深さに神父は諭したのは、上官や作戦が彼に殺人を命じたということ。やむを得ない状況だったのだと神父は慰める。もっと酷い作戦を遂行した者もいるが、彼らは神に許されているのだから、あなたも安心してよい。
 神父の言葉にウォルトが返したのは、上官に命じられたのではなく自分の意思でそれを行った、ということだ。これは聞きようによってはウォルトが戦時に非道な所業を行っていたように受け取れるが、実際はそうではない。ここでウォルトが云っているのは、私が前述したことだ。つまり、自分の生き方を通したことで、その結果として他者に死を齎した事実、その過去。

Continue reading

敵意の宿らぬ右手

「コンテイジョン」公式サイト  2011年10月31日、よみうりホールで試写会が催され、「コンテイジョン」を観た。
 よみうりホールはビックカメラ有楽町の七階。開場まで階段で並んで待っていると、クライマックスシリーズのさなかとあって読売ジャイアンツの応援歌がエンドレスで繰り返される。応援セール開催中なのだそうだ。なるほど、よみうりホールというだけはあるな。
 ジャイアンツ応援歌が止んだと思ったら「ビィックビックビック、ビックカメラ!」って、これは当然なのだけど。
 リーグを制覇した中日ドラゴンズ(球団初の二連覇!)のファンとしては余裕ある態度でいられたらよかったのだが、あまりにジャイアンツジャイアンツ叫ばれると、なにやら居たたまれなくなってしまう。「燃えよドラゴンズ」なら、ずっと聞いていられるのに。
 結局、この日の試合でファイナルステージに勝ち上がったのは東京ヤクルトスワローズ。お疲れ様でした。

 遠い夜空にこだまする「コンテイジョン」だが、よみうりホールに詰めかけた僕らをジィンと痺れさせるだろうか?
 監督はスティーブン・ソダーバーグ。マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット等、キャストは豪華。
 入場時に配布された本作のチラシを読むと、「恐怖」と「感染」がキーワードとなっている。このチラシを読んで想像するのは、感染が爆発的な勢いで広がってゆき、それに伴って感染区域以外にも恐怖が蔓延してゆく様子。生物学的に原因を特定して解決できる感染と、人の心から取り除くことのできない恐怖。恐怖を描くのに感染速度の疾走感は親和性が高い。このような予想から本作への期待は高まる。
 このブログで取り上げた作品に「ブラインドネス」がある。あの作品でも原因不明の眼病が発生し、物凄い勢いで世界を席巻する。ただし、あの作品は感染自体の恐怖を描くのではなくて、極限状態にあって形成される社会状況を描くのが目的だった。その社会における巫女の在り様を描くのが目的だった。「ブラインドネス」は寓話だったのだ。
 それでは、本作は何を描いているのだろうか?

Continue reading

1971年の赤毛連盟

amazon:[DVD] バンク・ジョブ デラックス版 「バンク・ジョブ」を観た。
 本作はイギリス映画。主演はジェイソン・ステイサム。「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」で俳優デビューを果たした彼には、やはりロンドンの街並みが似合う。ガイ・リッチー作品での印象が強いだけなのかもしれないけど。強烈な刷り込み?

 1970年、カリブ海を望むリゾート地で奔放な性の冒険を愉しむひとりの女性。そして、彼女の寝室を密かに撮影する男。
 1971年。ひとりの男の存在がイギリス政府を悩ませていた。男の名はマイケル・アブドル・マリク。男は"マイケルX"と自称していた。このマイケルは黒人差別撤廃を謳ってはいるものの、実際にやっていることと云えば恐喝まがいであったり違法薬物の売買であったり。要するにゴロツキである。やりたい放題のマイケルだったが、起訴されてもまるで意に介していない。まるで自分は安全地帯にいると確信しているかのように。
 マイケルはイギリス政府を脅していたのだ。彼は王室の醜聞を握っていて、いざとなったらそれを公表する、と。
 イギリス政府としては一介のチンピラごときにいつまでも舐められているわけにはいかない。要はマイケルの切り札さえ奪い取ればよいのだ。
 イースト・ロンドンで中古車販売業を営むテリー・レザーは、借金の取り立てに苦しんでいた。そんなとき、古い馴染みに儲け話を持ちかけられた。それは銀行の貸金庫を襲うというものだ。
 話を持ちかけてきたマルティーヌ・ラヴによれば、その銀行は警備システムの変更に伴って一週間ほど無防備になる。その隙をついて地下の貸金庫に侵入するのだ。
 今までしてきたケチな仕事とは規模も内容も違う。それだけに成功した場合、手にする金額も桁外れに大きい。
 テリーは儲け話に乗ることにした。仲間を集めて計画を立案し実行する。目指すはベイカー・ストリート185番地、ロイズ銀行地下貸金庫。

Continue reading

人生の墓場

amazon:[DVD] あぁ、結婚生活 「あぁ、結婚生活」を観た。
 ハリウッドのいぶし銀、クリス・クーパー主演作品。友人役を五代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナン、若い愛人の役をレイチェル・マクアダムスが演じる。恋愛ドラマなら専門外だが、好きな俳優が顔を揃えているので観る気になった。これが吉と出るか凶と出るか、まずは観てみよう。
 そうそう、ここで注意! いつものようにネタを割る気マンマンなので、そのつもりで読み進めるように。

 周囲からはおしどり夫婦と目されているハリーとパットのアレン夫妻だが、ハリーはパットと別れたい。
 パットによると「愛はセックス」なのだそうだ。夫婦として当然のように持ちあわせているはずの互いへの慈しみや尊敬は、ベッドの上の愛の交歓と比較するべくもないらしい。
 完全なる価値観の不一致。ありきたりと云えばあまりにもありきたりな離婚理由だ。
 ハリーがパットと離婚したい本当の理由は、実は価値観の不一致とは別のところにある。彼には愛人がいる。謹厳実直を絵に描いたようなハリーが若い女性と恋に落ちた。真面目な性格であるが故に不実な真似はできない。ハリーはケイとの結婚を決意する。
 新たな幸福を手に入れるには高い障壁が立ち塞がっている。
 パット。
 ケイとの関係がパットに勘付かれているわけではない。会議だ出張だと、家をあける云い訳には事欠かない。関係どころかケイの存在すらパットは知らないだろう。それでは、パットの何が問題なのか?
 問題は実はハリーにある。妻に対する思いやりこそ、ハリーが離婚に踏み切れない理由だ。ハリーはパットに味わわせたくないのだ、夫に捨てられる悲しみや苦痛を、それも娘ほどの年齢の女に盗られることの屈辱を。もはや若くなく容色も衰えた女性に対して、これらはあまりに酷な仕打ちだ。
 妻を苦しめたくないハリーが辿り着いた結論は、妻の殺害だった。

Continue reading

この道を行けばどうなるものか

amazon:[DVD] スティーブン・キング ドランのキャデラック 「ドランのキャデラック」を観た。
 原作はスティーヴン・キングの短編小説。ちなみに相変わらずの未読だ。
 クリスチャン・スレーターの名前が前面に出ていたから、てっきり彼が主演とばかり思っていたのだけれど、実際は悪役だった。彼が演じるジェームズ・ドランは、気軽さがある一方で酷薄そうでもある悪党。悪党とは云っても、性風俗に従事する女性専門の人身売買を稼業としているのであって、大きな組織を率いる貫目は持ち合わせていない。せいぜいが小悪党だ。ただし、眉ひとつ動かさずに殺人のできる小悪党だ。
 ドランの手先に妻を殺された男にとっては、ドランは小悪党なんかではなく、まさしく悪魔に違いないだろうけれど。

 夫婦ともに小学校の教師であるトムとエリザベス。エリザベスが趣味の乗馬に興じていたある日、殺人の現場に出くわした。
 夫と共に保安官に訴え出ても相手にされない。殺人現場には何らかの犯罪があったことを示す痕跡が見つからない。帰宅した夫婦は、自分たちの寝室に殺人被害者のひとり、その亡骸を発見する。これは明らかに脅しである。死にたくなければ黙っていろ。
 FBI捜査官によると、エリザベスが目撃した殺人はドランという男が直接手を下したもののようである。ドランを有罪にするにはエリザベスの証言が必要だ。エリザベスに法廷に立ってもらう必要がある。ドランとしてはエリザベスに証言台に立ってもらっては困る。必ずこれを阻止しようとするはずだ。ドランやその手先から彼女の身を守らなければならない。
 証人保護プログラムのもと、ホテルに缶詰めとなったトムとエリザベス。数ヶ月経っても事態は進展しない。
 そんな生活にも終止符が打たれる。エリザベスが殺された。

Continue reading

住宅事情

amazon:[DVD] エクトプラズム 怨霊の棲む家 無修正版  エクトプラズムとは、霊媒の体から流れ出すゲル状の半物質である。
「エクトプラズム 怨霊の棲む家」を観た。
 主演の俳優をどこかで見たことあるなと思ったら、「ジェニファーズ・ボディ」でミーガン・フォックスに喰われたゴス少年だよ。リメイク版「エルム街の悪夢」でも準主役を演じていたな。こうして彼のキャリアを振り返ってみると、どうやらホラー畑を歩いているようだ。名前はカイル・ガルナーか。将来有望株だな。

 本作は実話をモデルにしているという。観るぶんには、そんなことどうでもいい。映画に限らず娯楽作品というものは面白いか面白くないかが問題になるのであって、製作者は作品を面白くするためならば、たとえ現実を無視することになってもそこに遠慮があってはならない。ただしこれについては、あまりに荒唐無稽すぎてシラケさせられるくらいリアリズムに欠けているのは問題外。伝家の宝刀、「設定や展開が浮き世離れしちゃったから、ファンタジーということにしてしまおう!」は今や通用しない。通用した時代があったのかは知らないけども。
 ホラー映画ならば面白いか面白くないかだけが問題ではない。怖いか怖くないかが評価軸となる。そして本作はそんなに怖くない。これは強調しなければならないけれど、本作はつまらないわけではない。怖がりな私にとってはちょうどいい塩梅の怖さだ。ということはつまり、メーターの針が振り切れるほどの恐怖を求める向きには物足りないだろうな、と。

 東雅夫『怪談文芸ハンドブック』の159ページ、作者はハインリヒ・フォン・クライスト「ロカルノの女乞食」を解説するのにスティーヴン・キングの言葉をひいてその先進性を讃えている。その「おそらくドイツ語で書かれたもっとも短い怪談」はさておき、スティーヴン・キングの名言をここで引用する。

 幽霊屋敷に遭遇する本当の恐ろしさは、それによって生活の場を喪い経済的に逼迫することにある。
 この名言が何に発表されたものだか、寡聞にして知らないのだけれど(『死の舞踏』だろうか? それとも『小説作法』?)、意味するところは大いに頷ける。さすがはホラーの帝王。

Continue reading

1-10 11-20 21-30 31-40 41-50 51-60 61-70 71-78

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top