外国映画 Archive

勝利こそが一番のファンサービス

amazon:[Blu-ray] マネーボール プレミアムエディション(初回生産限定)  日本プロ野球も2012年の開幕を迎え、連日のように熱戦が繰り広げられている。今シーズン、我らが中日ドラゴンズは監督が落合博満氏から高木守道氏へと代わり、三連覇という大事業の実現を目指す。前任者の落合博満監督は球団初の連覇を成し遂げた。続く高木守道監督は果たして三連覇を実現できるだろうか?
 高木守道氏は穏やかそうに見えるが、あれで実はむちゃくちゃ短気だという。今シーズンはキャンプから時間を設けてサインに応じたり出迎えたりとファンサービスを積極的に行ってきたが、その結果がナゴヤドームの観客動員数に表れてないとぼやいているようだ。結果を求めるのが早すぎるだろうに。こういうのは長い目で見なければ。
 野球ファンには貧打でお馴染みのドラゴンズ打線だけに、高木監督は我慢の用兵を続けられるだろうか心配である。

 ブラッド・ピット主演作品、「マネーボール」を観た。
 ブラッド・ピットが演じるのはオークランド・アスレチックスのゼネラルマネジャー、ビリー・ビーン。監督のアート・ハウを演じるのはフィリップ・シーモア・ホフマンだ。
 2001年のポストシーズン、アスレチックスはニューヨーク・ヤンキースとディビジョンシリーズで戦った。選手年俸の総額は、3972万2689ドルのアスレチックスに対してヤンキースはそれを優に上回る1億1445万7768ドル。その差が試合結果に反映したかのようにアスレチックスは敗れた。
 そして翌シーズン、アスレチックスは看板選手を三人も失うことが明らかとなっていた。選手を一流に育てても、そういう選手は自らの価値に見合ったギャラを支払ってくれる球団へ移籍する。
 資本主義の現実を受け入れなければならないとはいえ、悔しい気持ちは隠せない。貧乏球団は金持ち球団のための選手育成組織ではない!

Continue reading

本日はお日柄もよく

「REC/レック3 ジェネシス」公式サイト  神保町は日本教育会館一ツ橋ホールにて「REC/レック3 ジェネシス」を観た。
 前二作を監督したジャウマ・バラゲロは本作では製作にまわり、前二作でも監督として名を連ねていたパコ・プラサが単独で監督を務める。ジャウマ・バラゲロの名前に注目していたから、パコ・プラサなんていう文字列に気付かなかったよ。
 本シリーズは、ゾンビを彷彿とさせる感染と変容の恐怖を題材にしたホラー映画である。第一作はわけのわからないまま逃げ回るしかなかった観客も、第二作で異常事態の真相を知る。
 狂犬病のような凶暴化と比類なき感染力の強さは、それが"悪魔憑き"の脅威だという。
 ブードゥーの秘術や宇宙線、化学兵器といった理由付けがゾンビ作品には為されてきたが、ついに悪魔を担ぎ上げたか。"悪魔憑き"の新たな表現を生み出したのは素晴らしいことだが、"悪魔憑き"だけに次の展開は"悪魔祓い"になってしまうのが予測できて、それはゾンビ型ホラー映画からの離脱を示すようで、このタイプの作品を好むだけに勿体なく感じる。
 シリーズ三作目は神の使徒が悪魔とその傀儡と対決するものと予想していたのが、舞台は結婚式場という。
 純白のウエディングドレスが鮮血を浴びて深紅に染まり、花嫁がケーキカットナイフをチェーンソーに持ち替えての大立ち回り!
 えっ、ナニそれ?
 何がどうして大転回。よくわからないけど余興に「てんとう虫のサンバ」を歌うことになっちゃった。

Continue reading

悪魔祓い血風録

amazon:[Blu-ray] REC/レック 2  ジャウマ・バラゲロ監督作品「REC/レック」は、閉鎖空間におけるゾンビの恐怖をP.O.V.(ポイント・オブ・ビュー:主観撮影)の手法で完成させた作品である。死すら安息に結び付かない屍人の襲撃が作中人物の視点で展開し、撮影者の悪夢のような夜を追体験させられる恐怖があった。まことにホラー映画らしいホラー映画だ。
 アパートの内部には正体不明の感染症とその患者が跋扈し、外には警察が建物を取り囲んでアパート内に居合わせた者の脱出を阻んでいる。
 鮮血とともに広がる凶暴性は感染症の症状との説明を受けたが、ただの病気ならばどうして患者は人を襲うのだろうか? いくら凶暴になったとはいえ、死んでしまえば襲うことはおろか動くこともできない筈が、ここではそんな常識すら通用しない。死亡を確認されたのに起き上がる、襲いかかる。何がどうなっているのか、さっぱりわからない。
 先刻まで心強い味方だった者が、ふと目を離した隙に感染症患者に噛まれてしまい、次には手強い敵となって襲いかかってくる。ここには気の休まる瞬間などありはしない。
 わけのわからないまま、ここで死ぬしか道は残されていないのか。否、死ねるのならば寧ろ幸せかもしれない。
 開幕からどんどんと速度を上げて物語は進み、観客に正気に戻る暇を与えない。
 登場人物の向けるカメラの前でゾンビを暴れさせる。この一発勝負のネタを娯楽作品として昇華させた点で、ジャウマ・バラゲロは評価されるべきだ。
 特に終盤で示唆される感染症の正体。ここで示唆にとどめたことが観客の想像をかきたてることとなり、それ故に恐怖は弥増すこととなる。
 そして、潔い最終カット。スクリーミング・クイーンが最後の悲鳴とともに退場し、物語は幕を閉じる。

 見事な結末とは別にはっきりしない真相。これは続編が作られなければ嘘!
「REC/レック2」を観た。

Continue reading

ジャンケンポンのアブダクション!

amazon:[DVD] フォーガットン 「フォーガットン」を観た。
 ヒロインを演じるのはジュリアン・ムーア。ジュリアン・ムーアという一筋縄でゆかない女優の、これはなかなかに一筋縄でゆかない主演作品だ。共演者は精神科医にゲイリー・シニーズ。これまたジュリアン・ムーア同様に一筋縄でゆかない俳優である。
 本作はとにかく驚くこと請け合い。百聞は一見に如かずということで、本当ならばこの記事を読むより作品を見てもらうのが一番なのだが、自分でもそれをわかっているのだが、「わざわざ観るのもなあ」という向きの背を押すつもりで記事を書く。

 ブルックリンに夫とふたりで住むテリー・パレッタは、未だ悲しみに打ち沈んだままである。一年と二ヶ月前の飛行機事故により、彼女は愛する息子を喪ったからだ。サムを忘れられずに、彼の写真やビデオを繰り返し眺める毎日。テリーのカウンセラーであるマンス医師や夫のジムは、彼女にサムを忘れさせようと努力している。
 ある日、死後手をつけないままにしているサムの部屋に入ったテリーは異状を発見する。サムのアルバムに写真が一枚も貼られていない。彼が映っている筈のビデオテープを再生しても画面には砂嵐。これをジムがしたのなら絶対に許さない!
 帰宅したジムに半狂乱になって詰め寄るテリー。ジムの連絡で駆け付けたマンス医師の語った内容を彼女は信じることができない。それはサムが最初から存在しなかったということ。テリーは流産のショックで精神が不安定となり、安定を取り戻すために息子が無事に産まれたという幻想を抱かねばならなかったのだ、と。
 写真やビデオに映っている筈のないサムの姿を視るうちはテリーの幻想は強固である。本来ならば段階的にサムの存在を消して、心と身体との調整をしてゆかねばならないところだけれども、彼女の心はサムの存在を信じているのに眼は姿を認識していない。これは危険な徴候だ。
 入院をすすめるマンス医師から逃げたテリーは、図書館で十四ヶ月前の新聞を閲覧した。飛行機事故などどこにも無かったような紙面がそこにあった。
 テリーの記憶のなかのサムには友達がいた。それは近所に住むローレンという名の少女で、彼女の父親はアイスホッケー選手だった。アッシュ・コレルは酒浸りの日々が続いていた。十四ヶ月前から。
 そう。ローレンもまた、サムと同じ飛行機に乗って事故に遭ったのだ。
 しかし、アッシュもまたジムのように自分は娘を持ったこともないと云う。それではなぜアッシュは酒浸りなのだ? 彼が酒に逃げる理由は何だ?
 警察に引き渡されたテリーを国家安全保障局の人間が割って入って無理矢理連行しようとする。そのとき、ローレンを思い出したアッシュがテリーを救い出す。
 ふたりの逃避行が、いや、追跡行がはじまる。子供たちを、その記憶を親から奪ったのは何者なのか?
 国家安全保障局がなぜ動いているのか?
 果たして子供たちを無事に取り戻すことはできるのか?

Continue reading

アパートの鍵貸します

amazon:[Blu-ray] REC/レック  シリーズ三作目の公開が間近なスパニッシュホラー、その第一作目「REC/レック」は怖い!
 テレビ番組「眠らぬ街」のレポーター、アンヘラ・ビダルはカメラマンのペドロと共に消防隊の密着取材をしていた。
 火災や事故の対応で目の回る忙しさになるものとの予想とは異なり、通報ひとつない平穏な夜。暇を持て余していたところに響き渡るサイレンは緊急出動の要請。アンヘラとペドロは二名の消防士に同行する。
 到着したのは一軒のアパート。一階エントランスには住人が集まっていた。二階に住む老婆の部屋から叫び声が聞こえたとのことで、通報は他の住人によって為された。
 そこに二名の警察官が到着し、消防士とテレビクルーとともに件の老婆の部屋を訪ねた。部屋に入ると、そこには血に塗れた下着を身に纏った老婆がうっそりと立ち尽くしていた。話し掛け、近付いた警官に、次の瞬間襲いかかる老婆。老婆は警官の首筋に咬みつく。
 周りの者が慌てて二人を引きはがし、消防士ひとりを残して部屋から引きあげる。一階に戻った彼らは負傷した警官を病院に搬送すべく外に出ようとするが、建物は外側から封鎖される。アパート内に残る者は全員が警察と保健当局によって隔離されてしまった。
 外部の者が疫病の発生の可能性を告げるも、それ以上の詳しい事情は一切説明のないまま。また、アパート内の事情も斟酌することなく外に出るなの一点張り。
 このアパートで何が起こっているのか?
 そのとき、二階に残った消防士が降ってきた。

Continue reading

レッドデータアニマル

「トロール・ハンター」公式サイト 「トロール・ハンター」を観た。
 公開二日目に有楽町のTOHOシネマズ日劇に足を運んだが、場内を見渡して思うのはただひとつ。とにかく男子率の高さが悪夢的。券売窓口の配慮で他人と隣り合うことはないのだけれど、ひと席空いて男、またひと席空いて男。これがテキスタイルパターンのように延々と連続するのだ。これはつまり、誰も彼もが友人と連れ立って観に来たわけではなく、北欧産巨大怪獣映画をひとり堪能しようと気合いを入れてきたことを示している。
 チビッコが詰めかけるヒーローショーの会場の如き熱気が場内に静かに充満していて、彼らの心の中の黄色い声援が聞こえてくるようだ。

 熊の密猟に関するドキュメンタリー映画を制作中の大学生三人組が、密猟者と目される男性と接触を持つところから映画は始まる。
 その狩人の行動は、それが熊の密猟を目的とするなら奇異に映るものばかり。学生らはその姿を逐一カメラにおさめているが、それらの行動が何を意味しているのかまではわからない。
 学生らを取材に駆り立てるのは純粋なるジャーナリズムか名声への渇望か。いずれにしても彼らの熱意がついに狩人の真の姿をカメラにとらえたとき、そこには巨大な影が映り込んでいた!
「トロールだ!」

Continue reading

思えば遠くへ来たもんだ

「ヒューゴの不思議な発明」公式サイト 「ヒューゴの不思議な発明」3D版を観た。
 マーティン・スコセッシ監督による、映画愛に満ちた作品。
 モンパルナス駅構内のオモチャ屋の店主をベン・キングズレーが演じている。その作中人物は主人公の少年の運命に大きく関わっている。その作中人物夫妻の養女に「モールス」で吸血鬼アビーを演じたクロエ・グレース・モレッツ。夢見がちな文学少女をチャーミングに演じている。主人公の今は亡き父親に、ジョン・ワトソン役で出演の「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」の公開が待たれるジュード・ロウ。本作の彼は頭髪に不自由を感じさせない。
 そしてクリストファー・リー! ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、クリストファー・リーと三人もの「シャーロック・ホームズ」作品出演者が集まったわけだ。イギリスの俳優であれば自国のヒーローを描いた作品に出演する機会はあるだろうが(本作はフランスが舞台の映画だけれど)、だからといってジェイソン・ステイサムにホームズ物の出演オファーが舞い込むとは考えにくい。だから、この三人が揃うのは偶然にしても素晴らしい。

Continue reading

めぐりあい宇宙

「メランコリア」公式サイト  彼女は予言者だったのか?
 それとも預言者だったのか?

「メランコリア」を観た。
 ラース・フォン・トリアー監督作品。シャルロット・ゲンズブールとキルスティン・ダンストが姉妹を演じる。シャーロット・ランプリングは彼女たちの母親を、ジョン・ハートが父親を演じる。「24」のキーファー・サザーランドが姉の夫を演じる。
 デヴィッド・フィンチャー版「ドラゴン・タトゥーの女」で重要な役どころを演じたステラン・スカルズガルドが広告会社の社長をいやらしく演じている。また本作で彼は息子のアレクサンダー・スカルズガルドと共演しており、アレクサンダーは花嫁に翻弄される花婿を演じている。

 それはまるで夢の中で見るような光景で、通常の時間の流れをどこかに置き忘れてきたかのようで。
 ありうべからざる、だからこそ美しくもある光景は、やがて壮大な最終局面を迎える。
 そのカタストロフはやはり美しくて、だからこれは"啓示"なのかもしれない。

 婚礼の日、花嫁姿のジャスティンはどこか様子がおかしかった。結婚披露パーティーは彼女の義兄の大邸宅で催されたが、田舎道にリムジンは大きすぎて、途中から花婿と歩かなければならなかった。それが理由で二時間の遅刻をしてしまったが、それで塞ぎ込んだわけではない。何が理由かはわからないが、心ここにあらずといった様子。
 祝福の声にも上の空。たびたび宴席を外して奇行を繰り返す。敷地内のゴルフコースで放尿し、来客を待たせたまま入浴。花婿から結婚記念にと贈られたリンゴ園、その写真を渡されて「肌身離さず持っている」と約束したにもかかわらず、次に立ち上がった時にはもう置き去りにしている。新婚初夜にお預けを食らわし、その日が初対面の男と野外でセックス。自らが勤める広告代理店の社長が来賓として出席しており、その席で彼はジャスティンの昇進を伝えたのだが、こんな日にまである宣伝のキャッチコピーを求める態度に彼女は侮蔑の言葉で応える。
 結果、ジャスティンは結婚生活と仕事を失った。

 夜空に赤く輝いていたアンタレスが、いつの間にかその姿を消していた。

Continue reading

敵は無慈悲な夜の帝王

「フライトナイト 恐怖の夜」公式サイト 「フライトナイト 恐怖の夜」を観た。
 本作は1985年公開の「フライトナイト」のリメイク作品。リメイクにあたり改変部分もあるようだけど、基本となる骨子は変わってないようだ。
本作で吸血鬼ジェリーを演じるのはコリン・ファレル。眉毛の濃さと太さが特徴的な伊達男だ。
 ベラ・ルゴシやクリストファー・リーがクラシックな装いで演じて貴族的イメージを確立した吸血鬼は、時代が下るにつれてその有り様が細分化する。夜の住人の纏うデカダンな美しさを極めた、永遠の放浪者。身ひとつで社会体制を破壊する、暴力のカリスマ。蟻や蜂のように個の意思を持たず集団の利益のために行動する、取り替えのきく歯車。
 コリン・ファレルは彼自身のイメージに重なる「大人の色気たっぷりのタフガイ」という吸血を提示してみせた。その振る舞いには頼もしさを感じ取られるが、時にそれは底知れない凄みとなって「ああ、やはりこの男は人外なのだな」と思わせるに足る。
 陽光の下が似合いそうな色男は、しかし吸血鬼の宿命として夜の闇から決して足を踏み出せない。

Continue reading

我思う故に我あり

amazon:[Blu-ray] アンノウン ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 「アンノウン」を観た。
 主演はリーアム・ニーソン。主人公と行動をともにする移民女性にダイアン・クルーガー。映像加工の素材としてよく用いられる「ヒトラー 最期の12日間」、この作品で総統を熱演のブルーノ・ガンツが、かつて東ドイツ秘密警察"シュタージ"で活躍した男を演じる。
 リーアム・ニーソンはかつてアマチュアのボクシング選手だったそうだ。ある試合の後、トレーナーの云っていることの意味がまるでつかめないという体験をしたそうだ。ロッカールームへ行けという指示に、「お前は何を云ってるんだ?」と思ったとのこと。自分にとって当たり前の事柄も認識ひとつで覆ってしまう。
 自明と思われたことがそうではなくなる体験を経て、認識するということの危うさを身をもって知るからこそ、リーアム・ニーソンは本作で扱う題材の面白さを信じられるのだろう。そして、物語の約束事を逆手に取る仕掛けも映画人として気に入ったはず。

 ベルリンのホテル・アドロン。タクシーからひと組の男女が降り立った。女はフロントに向かい、男が荷物を降ろすのを待っていた。タクシーが去ってから、男はあることに気付く。荷物の中にブリーフケースがない。きっと空港でタクシーに乗ったときに忘れたに違いない。あの中にはパスポートが入っている。男は新たにタクシーを捕まえて空港にとって返す。
 予定外のことに焦る男は、渋滞を回避するために裏道を行くよう運転手に指示する。女性運転手は指示通りにタクシーを走らせるも、その後、思いがけない事故に遭ってタクシーは橋から川に転落する。
 次に目覚めたとき、男は病室にいた。医師によると川から引き上げられた際、数分間にわたって心臓が停止したらしい。そして四日間の昏睡状態が続いた、と。
 事故の影響で記憶の混濁があるかもしれないということだが、四日も行方知れずということなら妻が心配しているはず。病室のテレビが、中東の王子がバイオテクノロジー学会に出席することを報じていて、それを見て自分もその学会で発表することを思い出した。
 自分は植物学を研究するマーティン・ハリス博士で、妻の名はエリザベスだ。大丈夫。記憶は欠落してない。そうとなればいつまでも入院なんかしてはいられない。妻に自分の無事を知らせなければならない。
 ホテルに戻ったマーティンはエリザベスと対面するも、彼女は眼前の男を夫とは認めない。そこにマーティン・ハリスを名乗る見知らぬ男が現れて、エリザベスはその男こそ自分の夫という。
 そんな馬鹿な! どうなっているんだ?

Continue reading

1-10 11-20 21-30 31-40 41-50 51-60 61-70 71-78

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top