アジア映画 Archive

角が立ったり流されたり

「捜査官X」公式サイト 「捜査官X」を観た。
 金城武とドニー・イェンが共演。日本でも活躍する金城武と、アクション映画好きならばその名を知らぬ者のないドニー・イェン。二大スターと表してちっとも大袈裟ではない。
 この二人が魅せるのは、ドラマか? それともアクションか?

 1917年の雲南省。山奥の村を二人の男が訪れた。見たところ武術家の二人は両替商を襲う。
 事件らしい事件の起こらない村に死体が出た。それも二体。いずれも異邦人のものだ。
 暴力に物を云わせて金を奪おうとした二人組は、しかし店に居合わせた紙職人の抵抗に遭い、そのさなかにいずれもが頭部に打撃を受けて、いずれも打ち所が悪くて死んだようだ。
 二人の死人が出る修羅場をくぐり抜けたにもかかわらず軽傷を負っただけで済んだ紙職人は、無我夢中で強盗のひとりにしがみついてそのまま放さなかったと語る。知らないうちに強盗が倒れていた、と。
 二人の変死があったことで村には知事をはじめ官憲の手が入る。
 検死のさなか、ある発見が。体に残った刺青から、この二人組が札付きの悪党で指名手配中の逃亡犯であることが明らかとなる。
 ここに至って紙職人は英雄になる。指名手配犯を二人も倒したのだから。彼自身は、懸命になって止めようとしただけと謙遜するが、悪い気はしないようだ。
 気の優しくて村内の評判も良い紙職人の名はリウ・ジンシー。彼に疑いの目を向けるのは、捜査官シュウ。

Continue reading

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top