サイン会 Archive

さよならの向こう側

amazon:[Blu-ray] 伝説から神話へ 日本武道館さよならコンサート・ライブ  ミステリ専門書店TRICK+TRAP。
 小林まりこ女史が吉祥寺に店を構えたのが2003年3月。
 その後、戸川安宣氏が経営に参画するようになる。品揃えからイベントの立案実行まで、当時であってもユニークな存在であるミステリ専門書店を盛り立てようと、斯界の名伯楽は苦心されていたようで。
 その甲斐あって、TRICK+TRAPは吉祥寺在住のミステリ好きのみならず、他県からもミステリ好きが足を運ぶ本屋となった。
 このあたりの事情は、西荻窪の「beco cafe」にて催されたトークイベントを取り上げた際に纏めてある(纏めきれてないとの評判はあるけれど)。
 そのときに軽く触れたが、規模の小さな書店が取次と取り引きをするのに、その条件の厳しさから取次口座を開くことが難しい。独力で取次口座を持てず、そのために取次と取り引きがなできないとなると、書店経営は暗礁に乗り上げる。このように、新規参入への大きな障壁となって取次口座。現在、これを開くのを支援する民間サービスがある。
 厳密には、零細書店が単独で取次口座を持つわけではない。店の名義で取次口座を利用できるようになる、というのが本当のところだ。
 店を閉めて七年。TRICK+TRAPはこの取次口座を有していたのだが、このたびこれを返上しよう、と。「返上」というのは適当ではないかもしれない。「閉鎖」とするべきか。とにかく、取次口座を利用する権利を手放すこととなった。
 この節目に、「何かイベントを」ということで、ミステリ専門書店としてのトリを務めていただくのは、やはり島田荘司御大だろう、と。
 伝説の島田荘司サイン会が開催されることとなった。

Continue reading

来月は八月だよね

amazon:スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 32. J・P・ポルナレフ セカンド 原型・彩色監修/荒木飛呂彦  第13回本格ミステリ大賞の受賞記念イベントについて、ここ二回、記事を書いた。
 はじめは一回の記事で終わる予定だった。否、予定も何も複数回にわたって掲載するなんて、そもそも頭になかった。書いているうちに長くなったので二分割にしたら、なぜか三回に分けることになった。何をいっているのかわからないと思うけど、催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなものでは断じてない。ジャン=ピエール・ポルナレフ氏の云うところの「もっと恐ろしいものの片鱗を味わった」とか何とか。
 とにかく、今回こそを最後とする。最後になる、はず。
 なお、作家のなかには「先生」と呼ばれることを厭う方がおられるようなので、今回も敬称は「氏」「女史」とするので悪しからず。

Continue reading

活字の国の人だから

 インターネット書店のbk1がこのたび五月中旬をもって電子書籍販売サイトのhontoと合併、hontoとして再出発することとなった。bk1の名前が残らないところをみると、吸収されるものと考えるべきか。
 私は都心の大型書店に気軽に気軽に足を運べるものだから、本を通信販売で購入しようとは思わない。店頭で見つけられないような本を買うくらいだ。
 私はbk1の良い客ではなかった。
 こんな私だがbk1に思い入れがないわけではない。
 この十年、毎年初夏の頃に開催される「ビーケーワン怪談大賞」、通称「てのひら怪談」のコンテストを楽しみにしていた。
 このコンテストは、実話と創作とを問わず、"怪談"であること、800文字という字数制限、これらを満たせばどんな内容でも構わないというもの。なかなかに懐の深い、しかし一筋縄でゆかない募集要項だ。
 800文字という外枠は決まっている。このフレームから如何に怪異を望むのかが書き手の頭を悩ませるところ。全体を収めるのか、目に入った一部を抜き書きするのか。たった800文字が「怪談」としての在りようを決める。
 頭を悩ませ苦労するのはなにも書き手ばかりではない。「ビーケーワン怪談大賞」の選考委員はその全員が送られてきた全応募作品を読むという。そのすべてに評価を下すわけだから(それが「評価に値しない」という評価であっても!)、これは大変な作業だ。
 2012年は「ビーケーワン怪談大賞」にとって記念すべき第10回となる。これはどんな盛り上がりを見せるだろうかと期待していたのだが、ここに至ってそれどころではなくなった。
 bk1の名前は消滅することになり、「ビーケーワン怪談大賞」は昨年の第9回をもって終了となった。
 今年は記念すべき第10回ということで挑戦を考えていたのだが、出鼻を挫かれたかっこうだ。
 それはともかく!
 bk1の終焉が意味するのは、娯楽嗜好品の"本"が買われなくなったということなのだろうか?

 紀伊國屋書店新宿本店で催された皆川博子先生サイン会に参加した。

Continue reading

行列のできる館の殺人

amazon:[新書] 奇面館の殺人 (講談社ノベルス)  2012年1月22日と23日の二日間、神保町と池袋でミステリ作家・綾辻行人サイン会が催された。これは講談社ノベルス『奇面館の殺人』刊行記念のイベントである。
 東京では初日が三省堂書店神保町本店、二日目はジュンク堂書店池袋本店がサイン会場であり、どちらも大盛況のうちに終了した。なにしろ綾辻行人の「館シリーズ」最新刊である。
 新本格ミステリの幕開けを告げた『十角館の殺人』から続くこのシリーズは、大いに人気を博している。作者は1987年に『十角館の殺人』でデビューしているので、つまりは「館シリーズ」は四半世紀も続いているわけだ。二十五年で『奇面館の殺人』は9作目、『暗黒館の殺人』から八年、子供向け叢書「講談社ボックス」の一冊として出た『びっくり館の殺人』を加えても六年経っている。シリーズのファンにとって『奇面館の殺人』は、随分と長い間待ち焦がれた一冊なのだ。

Continue reading

そして行列は動き出す

amazon:[単行本] 恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-  2011年9月16日、三省堂書店神保町本店において、上遠野浩平『恥知らずのパープルヘイズ』刊行記念ということで、上遠野浩平氏を招いてのサイン会が催された。
 この作品は荒木飛呂彦による大ヒットシリーズ、「ジョジョの奇妙な冒険」第五部「黄金の風」の登場人物パンナコッタ・フーゴを主人公に据えたスピンオフ作品である。これを「ブギーポップ」シリーズで凄まじい人気を得た上遠野浩平氏が書いたのだから、これは事件である!
「黄金の風」は第三部、第四部に続いて"スタンド"を核に据えたバトル型展開を繰り返す内容、というふうに乱暴に纏められる。"スタンド"とは"超能力"のひとつの表現であり、"スタンド"を操るということは"超能力"を使うことと同義である。
『恥知らずのパープルヘイズ』の主人公のパンナコッタ・フーゴもまた"スタンド使い"であり、その"スタンド"を名付けてパープル・ヘイズと呼んでいる。

Continue reading

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top