イベント Archive

現代人には向かない職業

amazon:[文庫] 女には向かない職業 (ハヤカワ・ミステリ文庫)  今を去ること1月24日。西荻窪「beco cafe」で催されたトークイベントは、第十三回を数える「beco talk」。主催の空犬氏が戸川安宣氏をトークゲストに招いて、「吉祥寺で本屋をやってみたら ~ミステリー専門店『TRICK+TRAP』の1400日~」と題し、吉祥寺の町とジャンルに偏りのある書店について語る約二時間。
 TRICK+TRAPは2003年3月から2007年2月まで存在したミステリ専門書店。オーナーは小林まりこ女史。本来は書店経営とは無縁の彼女だが、ミステリ好きということで店を始めて。
 TRICK+TRAPの約四年の営業期間。これを支えたのは小林女史だけではない。
 この店に関わり、経営に携わることになった戸川安宣氏は、東京創元社の会長職まで務めた出版人。「歴代社長のなかで、社長でありながら一番多くの本を作った男」との逸話を持つ、生粋の編集者。ミステリ界の生ける伝説。
 この編集者に空犬氏は「町の本屋さん」としての体験談や意見を伺おう、と。
 先に述べたように二時間ほどのイベントだが、こうして纏めてみると大した分量になるもので。イヤ、これは私の纏め方に問題があるのだろうけれど。一回の記事で纏められると思ったところが然に非ず。二回に分けることとなった。
 というわけで、前回に続いて今回も「beco talk」を取り上げる。

Continue reading

吉祥天の結びし縁に

 今を去る2003年3月。吉祥寺中町通り商店街にミステリ専門書店がオープンした。
 本格ミステリのジャンルで名伯楽と謳われた戸川安宣氏によると、それまでにもミステリ専門書店を銘打ったところはあったけれど、それらは売り場のかなり割合を雑誌やミステリ以外の書籍にあてるといった状態。岡崎の「ネバーランド」然り。神楽坂の「深夜プラス1」も然り。
 ミステリだけでは食えない。他に売れるものがあるのに、そのことをわかっていて売れ線を捨てる手はないわけで。だから、「ジャンル専門」を謳いながらもジャンル以外を置くことは、経営上、仕方のないことと承知していて。
 2003年の夏の頃、この書店を訪れて戸川氏は驚いた。周辺ジャンルにカテゴライズされる作品こそあれ、棚に並ぶタイトルはミステリ専門書店の名に恥じないものだった。
 本当に「ミステリ専門書店」だ!
 この奇特な店を開いたのは小林まりこ女史。料理研究に携わる彼女は、吉祥寺でその関係の販売店を出してこれを繁盛させた。その成功の褒美というわけではないが、近所に趣味を前面に打ち出した店を開く運びとになった。
 ミステリ好きの趣味が高じて生まれた店。それがミステリ専門書店「TRICK+TRAP」である。

Continue reading

もう七月だけどね

 第13回本格ミステリ大賞記念イベント。横浜の有隣堂伊勢佐木町本店別館で催されたトークショー&サイン会について記事にするはずが、ネタを割ることの罪業だのミステリ学習法で受験対策はバッチリだのと要らんことばかり書いてしまって、本来の目的を見失った前回記事。どうしてあんなことになってしまったんだろう?
 今回こそはまともな内容になるように努力する次第。ホント、頑張るッスよ!

 本格ミステリ大賞が本格ミステリ作家クラブの主催であることは、前回の記事で触れた。
 本格ミステリのジャンル的発展を目的に掲げ、本格ミステリ大賞の運営母体として作家自身によって2000年11月3日に設立された本格ミステリ作家クラブ。設立にあたっては十七人の作家が発起人として名を連ねた。そこには今は亡き鮎川哲也氏、泡坂妻夫氏の名前を見ることができる。

Continue reading

六月はメフィストフェレス

 先月は第二週の土曜日と日曜日に、本格ミステリ大賞関連のイベントが催された。私は16日のトークショー&サイン会に足を運んだ。
 第13回を数える本格ミステリ大賞。その記念イベントの会場となったのは有隣堂書店伊勢佐木町本店別館。横浜である。
 本のイベント、本を買うために東京を飛び出す事実に思いをめぐらせる。ウン、自分のことながらアホかもしれん。
 小雨模様の日曜日。心配したのは、せっかく買った本が雨に濡れること。無駄遣いとか衝動買いとかの懸念はなかった。そうなるだろうことは織り込み済みだった。
 魅力的な本が積み上げられていて、しかも作者本人がサインを入れてくれる。こりゃもう買うしかあるまい?

Continue reading

てのひらを太陰に

 シャーロック・ホームズもゴジラもファンの要望に応えて死の淵から帰ってきた。怪談だって帰還を果たすさ。

 本日、2012年11月1日は記念すべき日となる。午前十時から「てのひら怪談」が、午後一時から「みちのく怪談コンテスト」が、それぞれ募集を開始するのだ。
前者は記念すべき第1回、後者は第3回の開催となる。両者ともに「ビーケーワン怪談大賞」から派生した、血を分けた兄弟である。
 ここで「ビーケーワン怪談大賞」について、自分なりに纏めてみる。
 今はその名をとどめないインターネット書店「bk1」は、書店主催の公募文学賞を設立した。この文芸賞は、ほかでもない怪談に焦点を当てて、しかも800文字以内という字数制限を設けたことによって、世に数多ある文学賞とは一線を画すものであった。
 恐怖心を刺激するツボは人それぞれであり、これを反映して投稿作品には多様性が認められる。また、800文字の字数制限も参加への敷居を低くしている。これらの点が参加者の広がりを呼び込み、そして「ビーケーワン怪談大賞」の骨子となった。
 このユニークな文芸賞は、回を重ねるごとに参加者を増やしてゆき、今日の怪談文芸の静かなる隆盛に寄与したといえよう。

Continue reading

るるぶドラゴニア

 2012年10月30日、ハロウィンの前夜に神保町へ。目的は第53回神田古本まつりの企画、澁澤龍子女史と東雅夫氏による対談「澁澤龍彦と幻想文学」を拝聴すること。これは私の岐阜の友人(大の澁澤龍彦マニア!)が体中の体液を搾り出して羨ましがること必定な企画内容で、彼の切歯扼腕する姿を思い浮かべながら神保町を東京古書会館へと向かった。
 澁澤龍子女史といえば幻想文学の泰斗である澁澤龍彦の夫人。先だって『澁澤龍彦との旅』を著したこともあって、その宣伝を兼ねてというわけではないだろうけれど、うまい具合に時期が重なって企画が進んだのだろう。東雅夫氏においてはかつて氏が編集長を務めた「幻想文学」のインタビュー集『幻想文学講義』や近日刊行のアンソロジー叢書「世界幻想文学大全」が、いずれも澁澤龍彦と関係の深いこともあって、これらの奇縁が重なったことからも本企画は成るべくして成ったといえよう。

Continue reading

鐘の音を運ぶ夏風、福島へ

 本日8月8日は柳田國男の命日だ。これはTwitterで目にした情報で、これには己の不明を恥じるばかりだが、同時に情報の受発信が手軽になり即時性を持ち広範囲に及ぶことの凄さを改めて感じる。
 思ったこと感じたことをすぐさま世界に発信する。それが可能な社会となったことは素晴らしい。素晴らしいけれども、簡単に体裁を整えられるだけに熟成されないまま世に出ることも稀ではない。
 また、浸透と拡散にかかる時間も短くなった。じっくりと時間をかけて手間をかけて育てたものも奪われて喰い尽くされる。
 人の世は貪欲だ。次から次へと獲物を貪らずにはいられない。捕食から捕食までのスパンが短くなっている。
 こんな風潮にあって飽きさせない味というのは、それが味わい深いことを示してはいまいか? 繰り返し繰り返し玩味してちっとも飽きないというのは、それが本物だからではないか?

 2012年8月5日、江戸川区は都営新宿線篠崎駅からすぐの篠崎図書館にて、東雅夫氏を講師に迎えての講演会、「怪談 ~慰霊と地霊の文学誌~ 東京/福島のあわいに」が催された。前日は江戸川区の花火大会が行われたらしく、ひと足早い迎え火が盛大に焚かれたようだ。
 東雅夫氏が篠崎図書館で講演するのは、この夏が初めてのことではない。昨夏も8月27日に、「東北の怪談文芸 ~杉村顕道を中心に~」と題した講演を行っている。その際は数ヶ月前に起きた震災を振り返る意味合いが大いにあり、怪談の持つ慰霊と鎮魂、記録という役割について語られた。この講演については拙ブログで取り上げて、自分なりに纏めてある。
 それから約一年。強い日差しに痛みさえ感じる日曜日の午後、篠崎図書館に足を運んだ。

 このたびも講演内容を自分なりに纏めてみようと思う。そのなかであるいはミスを犯すかもしれない。誤字脱字はもとより記事の内容に事実誤認等あれば、それは東雅夫氏に原因があるのではなく、私の記憶違いか理解不足、文章作成能力の乏しさから生じたものであることを、ここに断っておく。
 また、講演内容をただ引き写すのではなく、自分なりの解釈を付け加えるので、ここで講演内容やその意図から外れてしまうかもしれない。
 いずれにせよ、この記事における責任は、その一切を私に帰するものとする。

Continue reading

古書肆京極堂青山店

amazon:[単行本] 定本 百鬼夜行 陰  2012年7月7日、第19回東京国際ブックフェアでの読書推進セミナー、京極夏彦氏による「世界の半分は書物の中にある」を纏めた記事を前回書いた。そこで思い出したのは、以前にも京極夏彦氏の講演を聴いたこと。その模様を当時持っていたブログで記事にしたなぁ、と。
 データが残っているか調べたところ、記事そのもののデータは残ってないが草稿はあった。
 読み返して赤面。肩に力が入りまくっている文章に戦慄すら覚える。三年ほど前の文章なのに、どうにもこうにも気恥ずかしい。
 そして散見する「云いたいことがちゃんと整理されてない」パターンの悪文と「云いたいことを的確に表現する語彙がない」パターンの悪文。叫びだしたくなるしちょっと叫んだし。
 それでも貴重な体験の記録ではあるし講演内容も興味深いものなので、これを機に再掲することにした。
 再掲するにあたって何の手直しもせずに載せようとも思ったのだが、さすがにそれは私が耐えられない。当時のブログの体裁は現在のブログのものとも違うのでそれを修正するつもりで手を入れていたら、いつの間にかどんどん手直ししていた。ちょっとでも気になると手を入れずにいられない。困ったものだ。
 このときはメモをとってなかったようで、事実誤認の可能性はすこぶる高い。この講演でも京極夏彦氏は一時間強も言葉を積み重ねていた。その内容を細部まで漏らさず記憶できるような脳は過去から現在に至るまで積んでいない。
 それでもブログ記事を書き上げるくらいに講演内容をおぼえていられたのは、その内容が京極夏彦氏の著作で読んだことのあるものだから。その強烈な読書体験を踏まえて記事を纏めたようである。
 前回の記事でも断りを入れたが、記事の内容に事実誤認があれば、それは京極夏彦氏が間違いを犯したのではなく、このサテヒデオの全責任である。読者諸賢におかれましてはこのことをご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

Continue reading

無間書物地獄

 七夕の土曜日、東京は台場の国際展示場ビッグサイトで開催の第19回東京国際ブックフェアに足を運んだ。狙いはゲストを招いての読書推進セミナーだ。この日は京極夏彦氏が「世界の半分は書物の中にある」のお題で講演するという。
 この企画は入場無料ということもあり、これは是非とも行かねばならぬとアナウンスがあって早々に聴講申し込みの予約を入れた。さて、どれだけの数の京極夏彦ファンが集まることか。このときはまるで予想できなかった。
 開始時刻が13時ということで、のんびり会場入りしてみると入場受付が予想外の場所。指示に従って向かった先はたいして広くない部屋。京極夏彦の講演会にこのキャパシティはない、と思ったら前方に大きなモニターが。アレ、ここで中継を観るの?
 なんとこの講演に三千もの予約が殺到してしまい、それだけの聴衆を収容するために本会場とは別にサテライトを二部屋用意したのだという。この集客力は並みのアイドルでは敵わないだろう。京極夏彦パワー恐るべし!
 モニターに映る無人の演壇をただただ眺める時間が流れて、そしてひとりの書痴が現れる。

Continue reading

水辺にて怪を語らば

 2012年3月25日、東京都中央区は佃の「相生の里」にて前日から「第三回あいおい古本まつり」が開催されており、この日はその一環としてある企画が催された。アンソロジストにして文芸評論家の東雅夫氏を講師に迎えての「橋のあやかし、川の怪 水辺の文豪怪談」と題する講演会がそれだ。
 本記事では、私の理解の及ぶ範囲で、そして記憶に基づいて東雅夫氏の講演会についてその内容を纏めてみたい。
 記事の内容に何かしらの誤りがあった場合、それは東雅夫氏の事実誤認等が理由ではなく、私に起因するものとご理解いただきたい。私の理解力と記憶力とが曲解と記憶違いとを起こしたに違いないのです。
 そうそう。本文中、敬称を省略することもあるかと思いますが、予めご了承くださいますようお願い申しあげます(特にお岩様!)。

Continue reading

1-10 11-20 21-22

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top