イベント Archive

書痴の婚礼

 やっぱり結婚式は肩が凝る。たとえ気心知れた間柄の友人のそれであっても。
 朝早くから岐阜まで移動して、人前式と披露宴に出席。
 朝は曇りがちな、決して「晴れの日」ってな感じのしない空模様で、当人や両家親族には申し訳ないけど「過ごしやすい一日になるかな」と期待した。
 なにしろ夏服とはいえ礼服で数時間を過ごさなければならないわけで。
 汗まみれになるのは勘弁してほしい。

 少しでも涼しいうちに済ませようと考えてくれたものか、午前十時の結婚式の開始は、しかしそのために早起きを余儀なくされて。
 若干の睡眠不足を引きずりながら新幹線のぞみ号に。寝過ごすと京都まで連れて行かれる恐怖に怯えつつ、しっかり寝てしまいました。
 名古屋に着く直前に起きたのは、だから僥倖といえよう。

 ありがたいことに、式場の最寄り駅が岐阜駅。乗り換えも無難にこなし、招待状に添付の地図に従って向かうも、生来の方向音痴が蠢くのを感じる。
 しかも雲が晴れつつあり、気温が上がってゆく。これはアレか、「本日のこの佳き日、先ほどまで雲のベールに覆われていた太陽が、祝福のために顔をのぞかせたようです」云々ってヤツか。
 参ったね。

 着替えて受付を済ます。旧交をあたためる。親族への挨拶。
 開始時刻となって、いよいよ入場。着席してそのときを待つ。
 ひたすら居たたまれない。こういう晴れがましいのは苦手だ。
 ああ厭だイヤだと考えていると新郎の入場。扉が開いて、そこに私より居たたまれない様子の友人が立っていた。
 口元が、照れと恥辱とが大半を占める感情を反映して、うすく笑いを堪えている。ひくひくと震えている。それを懸命に押し殺している。
 列席者全員の視線を浴びて、これが運動神経に多大なる影響を及ぼしたものか、直立歩行初心者のような歩みを進める成人男性。
 その様子を見て、「アイツよりまだマシだな」と居たたまれなさが軽減した。気が軽くなった。
 持つべきものは、やはり友人である。

Continue reading

神様も耽る謎解き

 2015年6月28日。芳林堂書店高田馬場店でイベントが催された。
 第15回本格ミステリ大賞受賞記念と銘打たれたトークショーとサイン会である。
 式次第は勿論のこと、授賞パーティーの翌日に開催されること、東京都内もしくは近郊の書店が持ち回りで会場を用意すること等、例年通りのイベントではあるけれど、昨年までとは大きく異なる点もあって。
 前日譚になるのだが、参加するための競争倍率がとてつもなく高くなった。これは誇張でもなんでもなくて。

amazon:[新書] ベスト本格ミステリ2015 (講談社ノベルス)  本格ミステリ作家クラブのイベントがミステリ好きにとって魅力あるイベントだというのは、SNS全盛の情報社会において広く知られるようになった。だから年々競争倍率が高くなるのは実感できていたけれど、今年のそれはこれまでにないレベル。
 参加申し込みの受付は6月6日の午前9時に開始したのだが、当該時刻に芳林堂書店に電話をかけてもまず繋がらない。プーップーッと通話中であることを伝えて、気の急くこちらは苛つくばかり。
 この瞬間にも参加資格を得たライバルがいるわけで。
 どうにか申し込みを終えて安心していると、ほどなく衝撃の事実を知ることになる。
 なんと、受付開始から一時間を経ずして定員に達したという。
 これは新記録。驚嘆すべき事実だ。
 予定されている参加者数は110名。決して多くはない定員数ではあるものの(それでも読書系のイベントとしては大きな数字といえよう)、そして参加費を支払うイベントではないことを鑑みても、それでもイベントの内容を考えるとやはり驚くべき人気の高さと言わざるを得ない。
 だって作家の話しを聴いて、籤に当たった外れたと一喜一憂し、サイン会の列に並ぶ。我ながら酷い纏めだとは思うけど、本格ミステリ大賞受賞記念イベントの内容は今ここに述べた通りだ。
 東京在住で各種イベントに事欠かず、趣味生活において充実感を覚えている向きには実感が無いかもしれないけれど、それにしたって上に挙げたそのどれもが得難い経験であるのは確かだ。
 作家の肉声を耳にする機会は少ない。作家が持ち寄った"お宝"を手にする機会も、サイン会の機会の少ない作家にサインを頂戴することも、こういったことに意欲的に参加できる状況にあるならともかく、特に地方在住でなかなかスケジュールの都合のつかないミステリ好きには千載一遇のチャンスといえよう。
 だから人気が出るのも頷けるのだが、それにしても今回は破格である。来年からはこれが普通となるのか、今から戦々恐々としている。

Continue reading

殺人事件講座

 第14回本格ミステリ大賞記念イベントについて、前回からこれを纏めようと鋭意努力をしているのだが、そもそもが素人の駄文書き。これがまた捗らないこと。
 余計なことを書いてしまうのが問題だ。その意味では、この部分がまさに本題から外れているわけで。
 だから、「6月29日、日曜日。東京堂書店神田神保町店六階の東京堂ホールにて、第14回本格ミステリ大賞受賞記念トークショー&サイン会が催され、私サテヒデオはこれに参加した」ということをそのまま記せばよいのだ。小説部門と評論・研究部門のそれぞれの受賞作品を挙げ、トークショーで語られた内容をそのまま書けばよいのだ。
 要らンこと書くからやたらと長くなって、だから一回の記事で纏められなくなる。理由はわかっているのだ。
 でもって今も植木等がスダラタスイスイスイと無責任節を口ずさんでいるのだが、これをそのまま放置しているから面倒くさくなるのだ。むしろ煽っているのがタチの悪い。
 えっ、「そのうちなんとかなるだろう」って?
 やかましい!
 だから、これが要らないンだってばよ!

Continue reading

東京堂音頭

amazon:[Single, Maxi] 東京音頭  今年もやってきました。本格ミステリ大賞受賞記念イベント。
 本格ミステリ大賞の選考と授賞は今年で第14回を数えるが、記念イベントはここ数年の恒例行事だ。
 第7回の大賞発表記念と銘打った座談会がその嚆矢である。
 かつては知る人ぞ知るイベントだったのが、今やミステリ読者に広く知られるようになったのだろう。これには、TwitterやFacebook等、情報の発信と共有に優れたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の影響が大きいものと思われる。
 このことはイベントの三週間も前、六月上旬に明らかとなる。
 今年の一般参加者は定員が120名。会場となった東京堂書店サイト、イベント告知のページによると、予約申し込み受け付けを開始して翌日にはその数に達してしまったそうである!
 これには驚いた。と同時に焦った。告知に気付かなければ参加できないところだった。告知当日に教えてくださった方がいたのだが、今となってはその方に足を向けて寝られません。
 それにしても物凄いことだぞ。120名の定員が一日で埋まるなんて。
 確かに魅力あるイベントではある。毎年好評を博するイベントなのも事実。一度参加すると翌年も参加したくなるというのは、本好きならば納得できるだろう。
 私自身、夢のような時間を過ごして以来、欠かさず参加している。
 これは私だけではないと信じているが、本格ミステリ愛好家すにとって六月は梅雨でなく本を買う季節なのだ。「本格ミステリ大賞受賞記念トークショー&サイン会」は、そろそろ歳時記に載ってもいい。否、載せるべきだ!

Continue reading

編集者だって青田買い?

 この春、3月18日の出来事を今さらブログに取り上げているのだから、自分のことながらにのんびりしているといわざるを得ない。
 この日、飯田橋の日本出版クラブ会館で催されたのは、「東京創元社 2014年新刊ラインナップ説明会」である。
 東京創元社は、ミステリやファンタジー、SFにホラーといったジャンルに強く、その点で読書人に知られる出版社だ。件のイベントは、今年、創立六十周年を迎えるこの会社が、刊行を予定している出版物の紹介・説明を大々的に行うというもの。
 東京創元社としても初の試みであり、出版物を対象とした新商品説明会というものは寡聞にして知らなかったので、この面白そうな企画に飛びついた。
 でも、本なんだよね。
 普通、説明会の名目で催されるイベントならば当然のように為されることが、本を対象にするだけで事情が変わってくる。少なくとも「東京創元社 2014年新刊ラインナップ説明会」ではそうだった。
 たとえば、完成品の実物を目にするわけではない。たとえば、サンプルなりの商品を実際に手にして操作性等を確認できるわけではない。刷りあがってないどころか校正も脱稿もまだ、という作品もあって。
 このように、詳細な仕様が明らかになるわけではないから、そこから商品の性能を予測することもできない。そもそも、明らかにできるスペックといっても、それは著者が誰だとか、ある程度の梗概だとかであって、これらは「この作家は信用できる」とか「この手の内容は好きだ」とかの指標とするくらいのものだ。
 それでも刊行にまで漕ぎ着けたのだから、天下の東京創元社が世に問う価値ありと認めたのだから、そのこと自体がひとつの指標になるわけで。「だから面白いのではないか」と期待できるわけで。
 勿論、著者が読者から信用されていても不思議はない。むしろ当然だろう。
 好きな作家が面白い作品を発表する。それを歓呼とともに迎える読者。幸せな関係がそこにはある。
 これまでの業績が作家への信用を生む。面白い作品を紡ぐ書き手として認められるわけだが、「面白い出版物」は作家ひとりで生み出せるものなのだろうか?
 商業レベルでは勿論のこと、同人活動におけるそれであっても、あるいは規模の大小はあっても、出版業務には編集者の存在があって。彼らが必要なのであって。

Continue reading

青田買いならエトセトラ

 もう先々月の出来事となったが、「東京創元社 2014年新刊ラインナップ説明会」についてまだ取り上げてないタイトルを紹介する。
 これまでに国内・海外ミステリとファンタジーにSF、それぞれのジャンルにおける新刊ラインナップを取り上げてきた。次なるジャンルは「その他」だ。
 ミステリでもファンタジーでもSFでもない。その他!
 それでは覗いてみようではないか、海より深く山より高い「その他」の世界を。

Continue reading

青田買いのセンスがワンダー

 3月18日に日本出版クラブ会館で催された、東京創元社による2014年の新刊ラインナップ説明会。
 もう一ヶ月以上も前の出来事なんだねえ。のんびりしてたらあっという間に四月下旬。ゴールデンウイークが目前に迫っている。「光陰矢の如し」とはこのことだよ。
 それはともかく、件のイベントについては、このブログで未だ触れてない事柄が多い。
 そもそもイベントが四部構成であることは先の記事にて述べたけれど、ではどういう内容だったかまでは説明してない。
 遅まきながらここに述べるとする。
 第一部がラインナップ紹介。
 第二部がエディターズチョイスについて。
 第三部が東京創元社創立六十周年記念フェアの内容紹介。
 第四部がメディア化情報。
 それでもってこのブログではまだ第一部のラインナップ紹介すら終えていないわけで。いやはや、どうにもこうにもダメだねえ。

Continue reading

魔法の国の青田買い

 もう先月のこととなったけれど、18日に日本出版クラブ会館にて開催された、東京創元社による2014年新刊ラインナップ説明会について、ここ二回の記事で海外・国内ミステリ計十七点の紹介を纏めた。
 配付資料を横目に、「正確に」「過不足なく」を心掛けていたら、このイベントだけで三つ目の記事を数えることに。いやはや、一度のイベントに三つも記事が必要になるとは。我ながら纏めるのが下手だなあ。
 さて、ミステリ部門の次はファンタジー部門である。これは四点の紹介があった。

Continue reading

八州の国の青田買い

amazon:[文庫] 十角館の殺人 新装改訂版 (講談社文庫)  先だって催された東京創元社の「2014年新刊ラインナップ説明会」について、前回の記事はそこで紹介のあった海外ミステリ十点を纏めてみた。
 今回は国内ミステリ七点を取り上げる。
 ミステリにしろSFにしろホラーにしろ、東京創元社は海外作品の翻訳で出版業界にその地歩を築いてきた。
 その東京創元社が国内作家のミステリ作品を刊行するようになったのは、海外作品の出版権の高騰があったからだと仄聞する。国内大手出版社ならまだしも中小規模の出版社にとってはおいそれと手の出せない金額になってしまった。だから日本人作家の育成に力を入れるようになった、と。
 それは本当なのだろうけれど、でもそれだけが理由ではないはず。編集者としてミステリ好きとして、「海外だの国内だの関係なくて、面白い本を出したい!」というのが本当のところだったのだろう。
 かくして、東京創元社は講談社第三文芸部とともに「新本格ミステリ」の名付けられた潮流を作る。その嚆矢を綾辻行人のデビュー作『十角館の殺人』とするならば、その刊行は1987年。それから四半世紀を超える歳月が経って。

Continue reading

海の向こうの青田買い

 2014年3月18日、平日に休みを獲得して、午後から新宿は日本出版クラブ会館へ。この日に開催された、とあるイベントに潜入する。
 そのイベントとは、「東京創元社 2014年新刊ラインナップ説明会」なるものだ。
 東京創元社が2014年に刊行予定のある出版物について説明する、との要約はイベント名そのままだけれど、これが本当のところだから過不足なく伝えるにはこの記述しかない。
 ミステリやSF、ホラー等の幻想文学ジャンルにおいて、早川書房とともに国内外の良質な作品を刊行し続けている東京創元社が、このたびこれを催すという。
 この手のイベントを開催するのは東京創元社にとって初の試みらしく、初物食いとしてはこれに参加することに喜びを感じるところだろう。
 本来、こういうイベントは書店員等の業界人に向けたものなのだろう。出版社としては、書店の「一等地」で自分のところの出版物を展開してほしい。だから、「こんな本が出ますよ」と発売する前にお披露目し、売り手たる書店員の興味をひこう、と目論むわけで。
 自動車メーカーが新車発表会を開くようなものだ。
 モーターショーがそうであるように、この手のイベントはその開催自体が話題となる。売り手だけでなく買い手もイベント会場に足を運び、一方が職業人らしく販売戦略を頭に思い描くならば、もう一方は趣味人の常として購入意欲を刺激される。
 ディーラーが売るのに積極的になるかならないか、ユーザーが買うか買わないかは別にして、いずれの立場にせよ、ほんの束の間でも夢をみさせられないようでは、その商品に魅力はそなわってない。とまあ、乱暴ではあるが、このように云えようか。
 実際のところ、自動車は乗ってみなければ乗り心地はわからないし、本は読んでみなければ面白いかどうか評価できない。乗る前だからこそ、読む前だからこそ、実体験を経ての評価が下される前だからこそ、そこに期待が生まれる。気持ちが盛り上がる。
 この考えを敷衍するなら、このたびのイベントを表するに、2014年の東京創元社における「夢の見本市」である。

Continue reading

1-10 11-20 21-22

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top