日常 Archive

山本昌と人の云う

amazon:[雑誌] 山本昌 引退記念号 2015年 11 月号 [雑誌]: スポーツマガジン 増刊  2015年10月7日。
 本日、広島市のMAZDA Zoom-Zoom スタジアムは広島東洋カープと中日ドラゴンズとのシーズン最終戦が行われた。
 ドラゴンズの先発マウンドに立ったのは山本昌広選手。
 登板する毎に記録を更新する男は、最後にプロ野球史上初の50歳登板を果たした。
 カープの一番打者、丸佳浩選手をセカンドゴロに仕留めて、球界の生ける伝説はマウンドを去った。
 たった三球の登板。だがそれを非難する声はどこからも聞かれないだろう。
 引退を表明した選手への餞を終えて、それまでも真剣勝負の場ではあったものの、いよいよ舞台は来季を戦う男たちの戦場となった。
 老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

 それにしても50歳だよ、50歳。
 中日ドラゴンズの本拠地は「尾張名古屋は城でもつ」の愛知県名古屋市。愛知の輩出した三英傑のひとり、織田信長が田楽狭間の戦いの前に舞ったと云われる幸若舞「敦盛」に、「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」とある。
 人ならぬ身ならば夢幻のうちなれど、そこは地を這う人間様。一日を愚直に積み重ねてようやく到達した五十年。山本昌広という人は、その半分以上をプロ野球選手として生きてきたのだ。
 凄い。凄まじい。
 ドラフト5位でプロ入りして32年。マイナーリーグでの修行時代はあるが、中日ドラゴンズ一筋。しかもピッチャーだ。水島新司もビックリの頑丈っぷりは、永遠に引退しないのではないかとネタにされるほど。
 高校三年生のドラフトが1983年。32年前だ。もちろんまだ昭和の時代だ。ベルリンの壁は壊れておらず、手塚治虫も美空ひばりも健在だった。

 そのときは来た。
 これまでに数多くの先輩・同期・後輩の引退を見送ってきた男が、自ら花道を進む。万感であろう。それはファンも同じこと。
 背番号34、登録名「山本昌」の野球選手は、中日ドラゴンズのファンはもちろんのこと、他球団のファンにすら一目置かれ、あるいは愛されてきた。その男の引退だ。
 すごく寂しいが、やはりここは感謝とともに見送りたい。

「ありがとうございました!」

 それはともかく、最終戦は勝ってシーズンを締めくくれよ。頼むぜオイ。

社会復帰は遠すぎる

 モンハン狂いならばなおさらだ。

amazon:[文庫] 九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)  昨年の秋に発売された任天堂とカプコンのゲーム。それぞれに魅力があって、遊ぶ手を止められない。
 今はひたすらに「モンスターハンター4G」を遊んでいる。明けても暮れても狩猟また狩猟で、読書に映画観賞、ブログ更新といった趣味は疎かになってしまっている。
 この記事とて昨年末以来の更新となるわけで。一ヶ月ぶりだというのにこんな内容で、自分でも忸怩たるものがある。けれど、これといって記事の用意をしてないのだから仕方ない。
 秋からこちら、ネタになりそうな作品や出来事はいろいろとあったし、記事を書こうとも思ったのだが、今は狩猟中の身。なんだかんだで思うままになりませんわ。
 今年、いよいよ公開される「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」。これに連なり、壮大なMarvel世界の一端を担う「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は、公開後にその負け犬讃歌っぷりを激賞すべく、さてどう纏めようかしらんと悩んでいたら、その悩みを特に解決することもなく日々を過ごしていたら、とうとうDVDとBlu-rayのソフトが発売されちゃって。
 見直す機会が与えられたと思えば、これはこれで悪いことではないな、と。それよりも「マイティ・ソー ダーク・ワールド」をどうにかしないと。
 映像ソフトの発売日に追い越されてしまうといえば、今、それが危ぶまれているのは「ゴーン・ガール」だ。
 面白い作品だし、好きなタイプの作品だ。そのうえ、いろいろと語りたくなる内容でもある。つまり、記事にしやすいタイプの作品ではあるのだ。
 けれど、未だ草稿すら手つかず。

Continue reading

メタルレジスタンスの局地的成就

amazon:BABYMETAL[BABYMETAL WORLD TOUR 2014 限定ステッカー・ジャケット仕様]  ここ数日のことだが、遅ればせながらBABYMETALにハマった。
 アルバムを買おうと、どうせならミュージッククリップやライブ映像収録のDVDが付いたものをと、amazonにお伺いを立てたらこれが通常価格で売ってない。
 二月に発売された初回生産限定盤は今やCD二枚分の値段がついている。
 オイオイオイオイ、まだ半年ですよ。それでもってこの高騰。全国区の知名度を得たらどうなってしまうんだ?
 まあ、初回限定盤は仕方ないにしても、先月末に出た再販分は手に入れたい。
 現在、BABYMETALは初のワールドツアーを敢行中。この海外公演を記念して、今や入手困難となっている初回生産限定盤をアンコールプレスしたものが先月末に発売された。
 三年連続のサマーソニック出場も大したものだが、ソニスフィア・フェスティバルやヘヴィ・モントリオールへの参加も特筆すべき快挙だろう。
 海外人気の高まりは本物のようで、ロンドン公演もロサンゼルス公演も即日完売。あまりの人気に収容人数不足との判断が下り、ロンドン公演においては会場を変更する運びとなった。
 また、今秋にロンドン公演とニューヨーク公演が追加されると発表されたばかり。
 レディー・ガガのワールドツアーにおいて、アメリカ公演五ヶ所のサポートアクトに選ばれたのもこの夏のこと。その勢いは生半可なものではない。
 日本ではまだ知る人ぞ知る存在だが、心身ともに成長著しい彼女たちを思えばこそ、間にあってほしいものだと切に願う。
 それはともかく、そのBABYMETALのアルバム「BABYMETAL」限定盤は、いやホントぜひとも入手したいのだ!
 甘い!
 発売後、一ヶ月と経ってないのに、もうプレミアム価格が。

 マーケットプレイス!

Continue reading

虫めづる狩人

amazon:[文庫] 堤中納言物語 (岩波文庫)  昨年のことになるが、ブログ更新に百日ものブランクが生じた。その理由は、つまるところ私がそれをする気持ちにならなかっただけ。興味が別のことに向いていた。
 それが「モンスターハンター4」だということを以前の記事で書いた。完全に言い訳。でも事実だから仕方がない。
 このゲームが発売されてからというもの、ひねもすよもすがら狩猟にかかりきり。それにしても程度というものがあるだろう。我ながら呆れてしまう。
 どれだけ遊んだかというと、この記事の更新時において四百時間をゆうに超える。時給千円なら四十万円以上稼ぐ計算だが、これをして勿体ないというのはすこぶるつきに賤しいし馬鹿らしい。
 捕らぬ狸の皮算用の四十万円はともかく、私は「モンスターハンター4」に費やした四百時間超を後悔してない。それだけ費やしてもハンターランクが8に届いてない自分の技量には忸怩たるものがあるけれど。
 ゲーム内でランク付けされることで、プレイヤーは自分の技量を推し量ることができる。ランキングを上げることはクエストの難易度と比例し、プレイヤーのモチベーションを上げることにも繋がる。
 でも、このゲームの面白さはそれだけではない。今からここに挙げてゆく。

Continue reading

狩猟解禁!

 2013年9月14日。父親の誕生日であることを卒然として思い出す。しかし、本日このときから私は非日常の住人となる。現世のしがらみなど振り捨てねば。
 そうしなければ、決して生き残れない。

amazon:[コミック] 山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)  つまりは「モンスターハンター4」なのだ。ゲームメーカーCAPCOMのドル箱タイトル。プラットフォームを次々にかえて展開してきたアクションゲームが、ニンテンドー3DSを主戦場にして、はじめてのナンバリングタイトルとなる。
 さあ、困った。生活のすべてがこのゲームを中心に据える日々が帰ってきた。とうとう帰ってきてしまった。
 いつまでそうなるのかわからないけど、しばらくは映画も本もダメだろう。そんな時間は捻出できなくなる。ただただハンティング。ひねもすよもすがらハンティング。
 今作からは片手剣を卒業しようと思うので、武器が届かなくてもどかしい思いをすることもないはずだ。長い得物か飛び道具で、思うままにガシガシ狩ってやる! 新たな挑戦を前にして、そんなことも個人的に楽しみなのである。
 というわけで、このところ滞りがちなブログ更新が輪をかけてひどくなるだろう。これは仕方のないことなのだ。「とびだせ どうぶつの森」も留守がちになるだろう。過疎もやむを得ない。
 それだけの魅力、否、常習性があるのだ、モンハンには。

Continue reading

エイプリルフール

amazon:[コミック] JOJOVELLER完全限定版 (マルチメディア)  荒木飛呂彦による「ジョジョの奇妙な冒険」の豪華画集、『JOJOVELLER』が発売となる。来春発売予定の通常版もなかなかに高額だが、今秋発売となる完全限定版は目を見張るほどの価格が設定されている。二万円だ。
 二万円。画集はそもそもが紙や印刷に高い精度を求められるものだが、とはいえ二万円はおいそれと飲み込める金額ではない。だって二万円だよ。
 高額商品だからと購入意欲の萎むのを集英社は許してくれない。『JOJOVELLER』完全限定版の購入は完全受注生産を謳っており、この予約期限が3月19日から5月7日までに設定されている。期限を設けることで購入を迷うファンの焦りを誘い、物欲を刺激する。
 五十日の予約期間を懊悩に費やし、9月の発売日まで購入資金を積み立てて、いざ手に入れたら入手したこと自体に満足してしまう。また、せっかく買った高価な画集を汚すまいと、気軽にページをひもとくことすら心情的にできない。でもファンだから買わないわけにはいかない。
 完全に集英社の掌の上で踊っている。思う壺だ。
 それでも、「買わない」という選択肢を簡単には選ばせないだけの魅力が、『JOJOVELLER』完全限定版にはある。もし購入を見送ったとして、発売日以降には「買わなかった」ことを後悔するに違いないとの確信がある。「やっぱり買っておけばよかった!」と天を仰いで叫ぶ自分の姿が、現時点でありありと見えるのだ。

 だから私は、『JOJOVELLER』完全限定版の購入予約を本日済ませた!

Continue reading

動物学的大幻想

amazon:[game] とびだせ どうぶつの森  2012年、今年最後の散財はニンテンドー3DS LLとそのゲームソフト、「とびだせ どうぶつの森」だ。任天堂の携帯ゲーム自体、これまで手を出してなかったので、ゲーム機本体とゲームソフトだけでなくACアダプタ等の周辺機器も買わざるを得ず、だからちょっとした金額になってしまった。衝動買いではないつもりだが、正直にいうと情熱的にすぎたかもしれない。衝動買いじゃなく情熱買い。情熱買いってナニ?
 この12月は「ダークナイト ライジング」と「アベンジャーズ」の映像ソフトをも購入し、この時点で既に尻の毛まで毟られているというのに、そのうえ福沢諭吉が複数人レベルで吹っ飛ぶオモチャを買ってしまった。あたかも下着を脱いで自ら尻を晒しているようなものだ。おかげでお尻はつるつるタマゴ肌!
 これらの消費行動も日本経済にいくばくかの貢献をしたと思えば、なんてこともないんだけれど、とはいえ、やっぱり財政的にパンチのある買い物だよね。いろいろ理由をつけてはいるけど、ホントのところ、どうしても欲しかったんだよぅ。

Continue reading

Buy or Die

amazon:[Blu-ray] ファウスト  2012年も残すところ二ヶ月とないわけで、年齢を重ねるほどにつくづくと実感するのは、一年の経つのが本当に速くなったということ。あっという間に365日が過ぎてゆく。今年は閏年だから366日か。この速さは尋常ではない。実は時間泥棒に三ヶ月分ほど盗まれてないか?
 来月は師走。冬のボーナスを当て込んだクリスマス商戦真っ只中だ。そういうことと無縁ではないと思うのだが、所有欲をいたく刺激するアイテムが続々と発売される。それもひとつや二つではない。尻の毛まで毟り取るつもりなのではないかと疑いたくなるくらいの怒涛の発売スケジュール。意識して財布の紐を握ってないと、すぐに緩んでしまいそうだ。お金は遣うことでなくなります。
 この夏のスーパーヒーローの大活躍に胸躍らせた身としては、バットマンとアベンジャーズの映像ソフトはとりあえず持っておきたい。備えあれば憂いなしである。持ってないとしてどんな憂いが待つのかはわからないけど。

Continue reading

霊障?

 ブログ記事等、文章作成に携帯電話のメール機能を利用していることは、このブログで幾度か触れている。暇なときや閃いたときに携帯電話でチコチコ書き残せるので、この方法を採っているのだが、最近、これについてちょっとした問題が生じている。
 ここひと月ほどの更新頻度とひとつの記事における文字数とが身体に負担をかけているのだ。
 私は携帯電話を専ら左手で操作するのだが、最近は左肘と左肩が重い。ずっしり重い。痛いというわけではないので、まだ悲観しているわけではないけど、携帯電話の操作のしすぎで肘と肩に異状をきたすなんて、自分でも信じられない。いや、あり得ない。どうかしてる。
 振り返ってみると、東京国際ブックフェアでの京極夏彦氏の講演会にはじまり、「ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略」に「SHERLOCK」第1シーズン、クリストファー・ノーラン版「バットマン」シリーズ等でかなりの長文を書いてきた。直近では東雅夫氏の講演会の内容を纏めるのに、やはりかなりの文字数を費やした。これらは再掲を除いてほとんどすべてを携帯電話でチコチコ打ったものだ。同じ姿勢でいる時間を考えると、肘も肩も相当に負担がかかってるはずだよ。
 身体を損なってまで続けるものではないが、この後も「アベンジャーズ」等、記事を書きたくなる映画が控えているし、ブログ更新自体は苦痛でも何でもないので続けたい。まさかのドクターストップはないだろうけれど、経過観察の必要があるな。
 でもって、この記事を携帯電話でチコチコ綴っている時点で、あまり深刻に捉えてないってことがわかるわな。

 肘が重いのも肩が重いのも霊障ではないな。

金の斧と銀の斧

「お前が落としたのは、こちらの金の斧か? それともこちらの銀の斧か?」

 いえいえ、どちらかというとレビューブログです。
 文字ばっかり。
 読みやすいように改行を施したり記事の内容に関連する画像や動画を貼り付けたりするわけでもなく、ただ文字が連なるばかり。そのせいで画面が黒い。
 こんな所に行ってきたよ、こんな物を食べたよ、といった情報は勿論のこと、記念のスナップも掲載しない。そもそも日記めいた内容から加速度的に離脱しつつある。
 実は去るゴールデンウイークにおいてレジャー三昧の一日を過ごしたのだが、この日のことをブログでは取り上げなかった。友人に連れられて台場でガンダムと再会したりテレビ局の球体展望室に迷い込んだりオクトーバーフェストでドイツビールを堪能したりして、比較的話題になりそうな出来事が盛り沢山。また同日、東京タワーの外階段をヒイフウ云いながら登って降りるなんていう強行軍を強いられて、レジャーというより苦行の様相を呈していたのだけど。
 でも、イベントを詰め込んだ一日だったにもかかわらず、それについてブログでは全く触れなかった。アホほどカメラのシャッターを切ったのに、現時点でパソコンにデータを移してさえいない。その手間すら惜しんでいる。
 生来の怠慢についてはこれを否定しないけど、その自分でも「これってブログのネタになるなあ」などと考えてはいたのだ。でも、結局はチラとも触れない。この日のことについては疲れすぎていて何か書く気力も尽きていたということもあるけど。
 日常生活のあれやこれやを書かないのに、ブログのカテゴリには「日常」がある。看板に偽りあり、である。私だって何かしらイベントがあればそれについて触れないこともないのだ。そうはいっても怪談関連の講演会かサイン会くらいのものだけれど。しかも画像は無し。
 我ながらどうにも無愛想なブログだと思う。噛んでも味がしないというか。

Continue reading

1-10 11-18

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top