MARVEL Archive

長い友との始まりに

amazon:[CD+DVD] オールタイムベストアルバム 天才か人災か (DVD付)  チャールズ・エグゼビアの精神感応能力を増幅する装置、「セレブロ」と接続される際に「髪は剃らないでいいな」とハンクに訊かれたチャールズが即座に「髪に触るな」と答えるのには笑った。あのぅ、なんとも云い難いんだけど、チャールズ、君の髪は......。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を観たんだけど、一回では纏められなかったのでまた取り上げる。
 本作ではアメリカンコミック「X-MEN」の登場人物、チャールズ・エグゼビアとエリック・レーンシャーを物語の中心に据えている。ジェームズ・マカヴォイが若き日のチャールズ・エグゼビアを演じ、マイケル・ファスベンダーが若き日のエリック・レーンシャーを演じている。
 チャールズ・エグゼビアとエリック・レーンシャー、後にプロフェッサーXとマグニートーとして二つの対立する思想のもとにミュータントを導いてゆく二人だ。本作では彼らの出会いと友情を育んでゆく様が描かれ、そして二人の間のどうしても相容れない信念の対立と決裂が描かれている。云うなれば、青春を描いた作品なのだ。

Continue reading

適者生存の法則

amazon:〔初回生産限定〕 X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース) 「X-MEN」といえばアメリカンコミックの一方の雄であるMarvelコミックの人気作品だ。作中ではスーパーヒーローたちが超人的特殊能力を駆使して活躍する。たとえアメコミに精通していなくても、先に映画化されている三部作やX-MENの一員であるウルヴァリンを主人公に据えたスピンオフ作品「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」、X-MENの登場キャラクターをモチーフにした対戦格闘ゲーム等で世界観やキャラクターを知っているという人は多いだろう。
「X-MEN」ではミュータントと人類の関係において二つの思想が対立する。共存と支配だ。ミュータント集団の一派であるX-MENは人類との共存を模索し、もう一方のミュータント集団のブラザーフッドはミュータントによる人類の支配を目指している。この二つのミュータント集団は思想の違いから敵対するのだけれど、それぞれの集団のトップはかつて友誼によって固く結ばれていた。
 X-MENを率いるプロフェッサーXとブラザーフッドを統べるマグニートーは互いに相容れない信念のもとにそれぞれ活動しているが、二人の間には何人も立ち入ることのできない相手への思いがある。
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を観た。
 ジェームズ・マカヴォイが、プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアの青年時代を演じる。そしてマイケル・ファスベンダーがマグニートーことエリック・レーンシャーを演じる。
 本作が描いているのはチャールズとエリック、二人の若きミュータントの出会いと友情を伴う交流、そして決裂である。痛みを伴う決別の後にチャールズはプロフェッサーXとしてX-MENを創設し、彼と袂を分かったエリックはマグニートーを名乗ってブラザーフッドを結成した。

Continue reading

過去と未来の綱引き

amazon:[DVD] アイアンマン2 「アイアンマン2」を観た。
 記者会見の場で、自分こそがアイアンマンだと明かしたアンソニー・スターク。その衝撃の発言は世界を駆け巡った。
 ロシアはモスクワにその男はいた。男の年老いた父親は、テレビが映すトニー・スタークの会見の模様を、ハワード・スタークの息子が脚光を浴びているのを、ただ見入っていた。本当ならばあそこに立っているのは、我が息子イワンの筈なのに! かつての天才科学者は妄念のなかに死んだ。男にはペットと復讐心が残った。
 戦争や紛争の抑止力たらんと奮闘するアイアンマンことトニー・スターク。アイアンマン・スーツの機密を欲しがる軍事企業や軍部、これらに鼻薬を嗅がされた上院議員。アイアンマンはアメリカ合衆国をはじめとする世界の平和の実現の為に粉骨砕身の日々を送っているというのに、国家が求めているのは平和実現の大義を掲げた軍備の強化。
 トニーの敵は外にばかり存在するわけではない。トニーの生命維持装置であるアーク・リアクターは夢のエネルギー装置ではあるけれども、これ自体を稼動させるのに必要なエネルギー源が問題だ。現状はパラジウムを使用しているけれども、弊害がないではない。パラジウムから有害物質が発生し、これが体内に蓄積されてしまうのだ。生きる為にはアーク・リアクターを稼動させなければならないが、その分だけトニーは毒に冒されてしまう。
 まさに内憂外患。そして絶体絶命。
 アイアンマン・スーツを守る為には唯一絶対の存在であることを誇示しなければならず、アイアンマンとして活躍すれば活躍するほど死に近付く。この抜き差しならない状況のなか、胸にアーク・リアクターの光を宿した男が現れる。
 イワン・ヴァンコ。男の復讐劇が幕を開けた。

Continue reading

リコール製品自主回収

amazon:[DVD] アイアンマン 「アイアンマン」を観た。
 アイアンマンはアメリカンコミックの代表的なヒーローのひとり。そして本作は、主人公アンソニー・スタークがアイアンマンに目覚めるまでの物語だ。要するにヒーローの誕生が描かれている。
 本作で重要なのは、トニー・スタークがその人生における大いなる転機を迎える場面だ。それは暗い洞窟の中で訪れる。テロ組織の急襲を受けた後に監禁されたトニーが、新たな生命を宿した場所。インセンと出逢い、彼から新たな生き方を導かれた場所。強大な力に関するイメージを得て、それを実現した場所。これらすべての出来事が洞窟内で起こった。
 このことやこれまでの経緯、この後の展開を受けて連想するのは、「オトラント城奇譚」にはじまるゴシックロマンである。
 ゴシックロマンの定型を大雑把に纏めると以下の通り。
 主人公は既存の権威における正当な継承者だ。そして若き主人公には後見人がいるが、これが敵役だ。慇懃な態度ではあるが主人公をないがしろにして、あまつさえ彼を亡き者にせんとする。主人公さえいなくなれば、彼が有している地位や財産を悪漢は自分のものにできる。悪漢は簒奪のチャンスを窺っている。
 悪徳の敵役は野心を秘めたまま、主人公は悪漢の姦計に陥る。そこで主人公が追いやられるのが地下牢であったり遺跡であったりするのだが、つまりは"地下の世界"だ。降り積もる時間が堆積して地層を形成することからわかるとおり、地面を掘り起こすことは過去を見つめるということだ。ここで主人公は"過去"との出逢いを体験する。
 主人公は"導き手"と出逢うことによって、自らの系譜に関係する過去の因縁を知り、自らが討つべき敵の正体を知る。そして同時に大いなる叡智を授けられる。
 強大な力を得た主人公は地上に帰還し、その力によって敵を倒す。かくして主人公は英雄となり、世界に正しい秩序を齎す。
 本作「アイアンマン」をゴシックロマンとして乱暴に纏めると、こうなる。
 父ハワードから受け継いだスターク・インダストリーズを率いるトニー・スタークが襲撃を受けて監禁される。地下においてトニーは"導き手"インセンと出逢い、彼とともに小型のアーク・リアクターとそのエネルギーを推進力にしたパワードスーツを製作する。地上に戻ったトニーは、御家乗っ取りを企んでいた大番頭オバディアと対決し、これに勝利する。アイアンマンと呼ばれるヒーローの誕生と、その正体の暴露が為される。
 ホラ、ゴシックロマンの定型がそのまま当てはまるではないか! えっ、牽強付会?

Continue reading

1-10 11-20 21-24

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top