DC Archive

汎クリプトン主義

amazon:[大型本] THE DC ENCYCLOPEDIA DCキャラクター大事典 (ShoPro Books)  前回の記事で、次に続くような雰囲気を出さないまま記事を締めくくったけれど、今回も「マン・オブ・スティール」を取り上げる。
 クリストファー・ノーランとザック・スナイダー、デヴィッド・S・ゴイヤーがチームを組んで描くは、「鋼鉄の男」ことスーパーマンの伝説。これを、より現代的に語り直すことで、英雄を若返らせる。
 素敵な仲間や好敵手とチームを組むのは次回以降のお楽しみとして(2013年8月25日現在、次回作でバットマンを演じるのは、ベン・アフレックと決まっている。あくまで今のところは、だけど)、まずは本作でヒーローの誕生を描く。これに関して最初にやらなければならないのは、彼の出自を明らかにすること。
 どこで産まれてどのように育ったのか。強大な力や特殊能力について、その根拠となるところに興味がないではないけれど、それよりもヒーローの根っこのところが知りたい。
 スーパーマンよ、君は何者なんだ?
 本作では、主人公の背景を描くことを決してなおざりにしていない。カットバックをたびたび用いて、彼のこれまでの時間をそのまま血肉とするような、そんな描き方に人物を描くことの説得力を感じる(私が騙されやすいお人好しってだけなのかもしれないけど)。

Continue reading

Man of Tomorrow

「マン・オブ・スティール」公式サイト 「マン・オブ・スティール」を観た。
 原案と製作はクリストファー・ノーラン。彼は、「闇の騎士」として知られるバットマンの苦悩と英雄伝説を題材にした三部作、ダークナイト・サーガを完成させた。「メメント」以降、観客の度肝を抜くことにかけて人後に落ちない映像作家が、本作でタッグを組んだのはザック・スナイダー。ザック・スナイダーの映画監督としてのキャリアには、アメリカンコミックを原作に持つ「300」と「ウォッチメン」がある。
 本作もまたアメコミを原作を持つ。それどころかアメコミを代表するヒーローが主人公だ。
 そのスーパーヒーローは「鋼鉄の男」の二つ名を持つ。特徴ある星条旗カラーのコスチュームは、誰もが一度は目にしたことのあるはず。
 ヒーローの素性は、母なる星を失い、その際に両親によって赤子のうちに地球へと送られた、「惑星クリプトン最後の息子」。その遺児は名をカル=エルというが、地球の養父母は彼をクラークと名付けた。
 地球人クラーク・ケント。人類をはるかに超越する肉体と知性、特殊な能力を有する彼は、長い期間をモラトリアムに過ごすが、後に自らの使命に目覚める。そのとき人々は、男の胸に描かれたエンブレムと超越した能力に因んで、そして親愛と畏敬の念を込めて、彼をスーパーマンと呼ぶ!

Continue reading

エースをねらえ!

amazon:[Blu-ray] グリーン・ランタン 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組)  2012年はアメリカンコミックのスーパーヒーローがこぞって実写映画化され、それらの作品が続けざまに日本に上陸した。Marvelからはスパイダーマンが露払いを務め、そしてスーパーヒーロー揃い踏みのアベンジャーズが旋風を巻き起こした。DCコミックからはダークナイトことバットマンがシリーズの掉尾を飾る雄姿を見せてくれた。監督のクリストファー・ノーランが次に携わるヒーロー映画は、やはりDCがその存在を誇る"鋼鉄の男"、スーパーマンである。
 スーパーマンとバットマン。彼らはDCコミックの二枚看板だが、彼らだけがDCのヒーローではない。MarvelにアベンジャーズがあるようにDCにはジャスティス・リーグがある。その一員に緑色の力を駆使するヒーローがいる。
「グリーン・ランタン」を観た。
 主演はライアン・レイノルズ。ライアン・レイノルズが演じるアメコミのヒーローといえば、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のデッドプールを思い出す。あちらは、アメコミはアメコミでもMarvelのヒーロー。それでもってワーナー・ブラザーズと20世紀フォックスの絡みもあって、いろいろと大人の事情があるものだから、グリーンランタンとデッドプールが共演することはない。
 そこへゆくとクリス・エヴァンスは拙い。彼が演じるキャプテン・アメリカとヒューマン・トーチは、ともにMarvelのヒーローだ。「アベンジャーズ」のように「キャプテン・アメリカ」と「ファンタスティック・フォー」のクロスオーバー企画が持ち上がったら、一人二役というわけにはゆくまい。クリス・エヴァンス、大ピンチ! どうするクリス? まあ、どう考えてもキャプテン・アメリカを選ぶだろうなあ。いっそのこと、ヒューマン・トーチを殺しちゃう?

Continue reading

真実は光の如く輝いて

「ダークナイト ライジング」公式サイト  バットマン。
 マスクを被りケープを身に纏う男は、ゴッサム・シティの守護者だ。この不法の自警市民は、街を犯罪から守る活動に勤しんでいるのだが、そのためならば法律を逸脱するのを躊躇わない。ゴッサムに平和が訪れるのであれば、己が汚名を着ることさえも厭わない。
 街に混乱を齎す事件が起きた。狂った道化師が出現して黒い毒を吐き散らした。被害は甚大、死者多数。そして、事件は痛ましい結末を迎える。
 それから短くない時間を経て、しかしその間も街の病根は治療されないまま、いっそう根深いものとなる。症状は死病のそれとなって表面化し、事態は既に手遅れであるように思われる。
 絶望のなか、それこそ死んだように生きてきた男にとって、己の死は恐怖ではない。自らを死兵として危地に向かわせることに寸毫の迷いもない。
 しかし、今のゴッサム・シティに、ケープを纏った十字軍騎士は必要なのか? 市民はヒーローを求めているのか?
 よしんばヒーローが現れたところで、そこに希望はあるのか?
 これらの問いに対する答えが、「ダークナイト ライジング」に提示されている。
 クリストファー・ノーランが紡いできたバットマンの物語は、本作をもって結末を迎える。ヒーローの誕生と敗北を描いた前二作。前作から八年後の物語世界を用意して、作家が提示した答えとは?

Continue reading

身命を闇夜に捧げて

「ダークナイト ライジング」公式サイト 「ダークナイト ライジング」を観た。
 本作は、クリストファー・ノーランによる「バットマン」シリーズの最終章となる。
 主人公のブルース・ウェインを演じるのはクリスチャン・ベール。
 ウェイン家の忠実なる執事、アルフレッド・ペニーワースはマイケル・ケインが、ウェイン産業の会長を務めるルーシャス・フォックスはモーガン・フリーマンが、それぞれベテランらしい熟達の演技を披露する。
 エネルギー開発に熱心な実業家として登場するのがマリオン・コティヤール演じるミランダ・テイト。彼女が物語の鍵を握る。
 バットマンの協力者、ゴッサム市警本部長のジェームズ・ゴードンはゲイリー・オールドマン。新人刑事として「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レヴィットが登場。
 本作のヴィランは二人。「インセプション」でも活躍のトム・ハーディがベインに扮する。そしてキャットウーマンをアン・ハサウェイが演じる。かわいい垂れ目が猫目に挑戦だ!
 主要登場人物とは別に、たびたび現れるリーアム・ニーソンには驚いた。
 細かいところでは、なんだかんだでジョナサン・クレイン役のキリアン・マーフィも皆勤賞である。頑張ったなスケアクロウ!

Continue reading

真相は闇に溶けて

 クリストファー・ノーランによる「バットマン」シリーズ最終章、「ダークナイト ライジング」公開を目前にして、シリーズ作品を振り返ってみる。
 シリーズの開幕を飾った「バットマン ビギンズ」で、クリストファー・ノーランはタイトルそのままにバットマンの誕生を描いた。闇に紛れて悪を討つヒーローがなぜ生まれたのかを明らかにした。
 自ら脚本も務める映画監督が次なる「ダークナイト」で描くのは、ヒーローの敗北だ。エンドロールを前に姿を現すのは、希望を汚さぬために、曇らせぬために、ヒーローの座から自ら降りることを選んだ男だ。私たちはその後ろ姿を見送る。
 最強の男、バットマンとその正体であるブルース・ウェインを演じるのは、クリスチャン・ベール。
 最狂の男、トゥーフェイスことハービー・デントを演じるのは、アーロン・エッカート。
 そして最凶の男、ジョーカー。道化師に扮するのはヒース・レジャー。
 三人の男の激突を三人の役者が見事に演じあげる。その狂おしさは、「熱演」という表現すら物足りないほどだ。

Continue reading

深更の闇に紛れて

amazon:[Blu-ray] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組)  アメリカンコミックの一方の雄、DCコミックのヒーローといえば「鋼鉄の男」ことスーパーマンが思い浮かぶ。星条旗をモチーフとしたコスチュームの彼は、空を自由に飛びまわる。それとは対照的に、闇に紛れる扮装で夜の街を駆る男がいるが、彼もまたDCの看板である。
 クリストファー・ノーラン監督作品の「ダークナイト」は、題材こそアメコミヒーローに取ってはいるが、これは紛れもなく「人間」を描いた作品である。極限状況に置かれて人は何を思い、如何に惑い、その先にどのような選択を下すのか。矢継ぎ早に繰り出される問い掛けは、観る者を揺すぶる。
 自分はどのような答えを出すだろうか? 果たして自分を保てるだろうか?
 主演はクリスチャン・ベール。前作に引き続いてマイケル・ケインとモーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンが脇を固める。ヒロインはケイティ・ホームズからマギー・ギレンホールへと代わった。
 本作のヴィランは二人。狂おしいまでに燃えたぎる魂の器を演じた二人の俳優が、「ダークナイト」を傑作へと押し上げた。ひとりはアーロン・エッカート。正と邪の間で揺れて物狂いの境地に達する男を演じた。もうひとりはヒース・レジャー。
 精神を研ぎ澄まして、ひとりの偏執狂の抱える底無しの虚無に己のすべてを流し込んだ男は、もうこの世にはいない。「演じる」ことを究めて役柄に喰われた役者馬鹿、ヒース・レジャーに最敬礼である。彼はその凄絶なる演技によって伝説となった。

Continue reading

信念を闇夜に照らして

amazon:[Blu-ray] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ  今年2012年はアメリカンコミックの雄、Marvelのヒーローを題材にした作品が続々と日本上陸を果たす。「アメイジング・スパイダーマン」はサム・ライミ版とは違うヒーロー像を提示した。
 そして大いに期待したいのが、全米興行成績歴代第2位の実績(2012年7月18日現在)を引っさげて襲来する「アベンジャーズ」だ。主役級のヒーローがチームを組んで強大な敵と戦う。この基本設定だけで燃える。むしろ燃え上がらない理由がどこにも無い!
 ところで、ヒーロー映画はMarvelだけの専売特許ではない。アメコミもう一方の雄、DCコミックも負けてはいない。
 DCを代表するダークヒーローの映画シリーズ第三弾がいよいよ公開される。夜の街を駆ける不法の自警市民、バットマンの活躍を描く「ダークナイト ライジング」だ!
 シリーズ最終章といわれる「ダークナイト ライジング」を観る前に、まずは復習。「バットマン ビギンズ」を振り返る。
 本作の監督は、シリーズを通して監督を務めるクリストファー・ノーラン。主人公を演じるのはクリスチャン・ベール。彼の忠実なる執事をマイケル・ケインが、飛行や不死身といった特殊能力を持たないバットマンの活動を装備や道具の面から支える"メカニック"をモーガン・フリーマンが演じる。この両ベテランの存在が作品を締めている。
 そして主人公が想いを寄せる幼なじみをケイティ・ホームズが、そして重要な役どころでリーアム・ニーソンと渡辺謙が登場する。悪役で独特な存在感を発揮するゲイリー・オールドマンが、本作では不正とは無縁の警察官を演じる。

Continue reading

嘆きのボイン

amazon:[DVD] ジョナ・ヘックス  ミーガン・フォックスが出演しているということで、彼女のヌード映像を期待したのだが、これが期待はずれ。"西部劇"で"酒場の娼婦"で"グラマラスボディ"を誇るのなら、おっぱいのひとつもポロリするのが最低限の責務だろうに。
 ジョシュ・ブローリンがタイトルロールを演じ、ジョン・マルコヴィッチが悪役だ。本作が男臭い風が頬をなでるような映画だというのは、この配役ならば観るまでもなくわかるというもの。同時にお色気パートが不足気味だということも。そのためのミーガン・フォックスだろうに! 乳首のひとつも見え隠れしないなんて!
 責任者、出て来い! 映画の撮り方ってモンを教えてやる!
「ジョナ・ヘックス」を観た。
 本作は、日本では劇場公開されなかった。原作は同名のアメリカンコミック。ジョナ・ヘックスとはDCコミックのヒーローの名前だ。南北戦争後のアメリカを舞台に活躍する、屈託のあるヒーローだ。DCコミックといえば「スーパーマン」や「バットマン」、今年公開された「グリーンランタン」は日本でもよく知られているけれど、ジョナ・ヘックスは一般的な日本人が想像するアメコミのヒーロー像に合致しない。なるほど、劇場公開されなかったのもむべなるかな。

 南北戦争では南軍に属して勇名を馳せたジョナ・ヘックス。上官であるクエンティン・ターンブル将軍に命じられた病院攻撃に異を唱えて、将軍の息子で友人でもあるジェブ・ターンブルと諍いを起こし、その結果、彼を殺してしまった。そのまま南軍を裏切ったジョナ・ヘックスをターンブル将軍は許さない。
 戦争終結後のある夜、ジョナ・ヘックスは妻子と団欒を楽しんでいた。そのさなか、彼らをターンブル将軍とその一味が襲う。息子を殺され、自軍を裏切られた恨みと憎しみとがターンブル将軍を衝き動かす。ジョナ・ヘックスの妻子を焼き殺し、磔にしたジョナ・ヘックスの右頬に焼き印をつける。そしてそのまま放置し、ジョナ・ヘックスが死ぬのに任せた。
 瀕死のジョナ・ヘックスを救ったのはネイティヴ・アメリカンのクロウ族だ。秘術によって蘇ったジョナ・ヘックスはそれ以後、死人と言葉を交わせるようになる。そして、カラスが彼を導くようになる。
 ジョナ・ヘックスは追う。妻子を殺したクエンティン・ターンブルを。復讐を果たすために。

Continue reading

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top