アメコミ強化月間突入? | HOME | 二度目のチャンスを前にして

前科持ちでもヒーローさ!

amazon:[単行本(ソフトカバー)] アントマン:プレリュード (ShoPro Books)  金木犀の香る頃に「アントマン」を観た。
 本作はMARVEL CINEMATIC UNIVERSEのフェイズ2を締めくくり、来年に開幕するフェイズ3へと繋げる役割を担う。
 二代目アントマンことスコット・ラングを演じるのは、ポール・ラッド。
 初代アントマン、「ハンク」の愛称で知られるヘンリー・ピムを演じるのは、ベテラン俳優のマイケル・ダグラスだ。
 ハンクとその妻ジャネット・ヴァン・ダインの娘、ホープ・ヴァン・ダインをエヴァンジェリン・リリーが演じている。ホープがピム姓を名乗ってないところに、この父と娘の間の葛藤が窺える。
 そして本作のヴィラン、イエロージャケットことダレン・クロスはコリー・ストールが、稚気と冷酷と狂気を見事に好演している。
 もちろん言うまでもないことだが、スタン・リーはカメオ出演を果たしている。
 監督は紆余曲折のうえペイトン・リードが、脚本と原案にはエドガー・ライトをはじめとする延べ四人の名前が連なることに。
 でもってこの「アントマン」、現時点で続編が決定済みである。タイトルは「アントマン&ワスプ」だ!
 つまり、彼女が二代目ワスプとなって私たちの前にお目見えするわけだ。2018年7月6日に全米公開となるようで、日本上陸が楽しみである。
 その前に「アントマン」のレビューだ。前回はあまり主人公に触れられなかったが、今回こそはスコット・ラングを取り上げたい。

 前回と同じく、やはりネタを割りがちな今回。まだ観てない、まだ知りたくないという向きは、このまま「戻る」をクリックです。
 次にお越しくださるそのときまで、しばしのお別れです。

amazon:[Blu-ray] アントマン MovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン数量限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド]  ハンク・ピムの目的が、ダレン・クロスの研究成果を盗み、イエロージャケットを使用不能にすることにあるわけだから、つまり天才科学者がスコット・ラングに求めているのは、彼の泥棒としての技術であり才能である。
 本作は、主人公とその仲間たちが標的を奪取し、研究施設を首尾良く破壊できるかどうかを描いた物語なのだ!
 つまり、泥棒視点の犯罪活劇。ヒーローを描いているにもかかわらず、ケイパー作品そのものなのだ。
 これまでのMarvel映画とは一線を画す内容だ。あえて近いところを探すと「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」だろうか。あの作品に登場するのは盗掘と賞金稼ぎ、暗殺者といったアウトローばかり。これが主要登場人物なのだから毛色の違いは明らかだ。
 本作も同じ。犯罪行為によって問題を解決しようとするのが、本作の英雄たちだ。
 いや、駄目だろそれは。
 スティーブ・ロジャースがキャプテン・アメリカの象徴であるヴィブラニウムの盾を携えることで"防衛"を体現するのであるなら、スコット・ラングのアントマンが体現するのは、蟻の一穴が象徴する「完璧な侵入者」である。
 パーフェクト・インベーダーは、だから諜報破壊活動を旨とする組織に目をつけられる。その実在が知られたならばなおさらだ。

 ジャッキー・チェンの香港時代の傑作に以下のようなものがある。軽薄で向こう見ずな若者が偏屈な老師と出会い、地獄の特訓を乗り越えて屈強な功夫使いへと成長する。
 本作ではこれを雛型とする人物造型が為されている。
 多少トウは立っているものの、 社会生活を営めていないことからスコット・ラングはまだまだ若者といえよう。ハンク・ピムは偏屈な老師だ。
 ここにトレーナーのホープ・ヴァン・ダインが入る。
 奇妙な三角関係ができあがるのだが、弟子と老師、老師とトレーナー、トレーナーと弟子、それぞれの関係性が違っていて、これが面白い化学変化を見せてくれる。
 特訓開始当初は技術の習得が思うように進まない。ところが、老師から本心を告げられてからは辛い修行に身が入るように。
 変身には変心が必要だった、というのはただの駄洒落だが、劇的な改心があったればこそ三人の関係が好転し、それが修行に影響したのだろう。
 そこからは長足の進歩を遂げて。
 そして次の段階。体験実習だ。
 それは簡単ではないにせよ、スーツの習熟度といい蟻の統率能力といい、アントマンとして免許皆伝となったスコットにとって荷が勝ちすぎるというものでもなかったはずなのだ。しかし、情勢の変化が難易度を天井知らずに押し上げた。
 スターク社の古い倉庫に侵入するはずが、そこはアベンジャーズの本拠地になっていた!
 ウルトロン事件の影響である。
 そんなことは知らないハンクとスコット、そしてホープ。ハンクは実習の中止を告げたが、スコットはそのまま突っ込む。
 リスクはあるのが当たり前。それをどう乗り切るかがエンジニアリングの真骨頂。
 この場合、最大のリスクとはアベンジャーの出現だ。でもって、この流れで出てこないはずがない。
 スコットが遭遇したのは、サミュエル・ウィルソン。ファルコンだ!

 ファルコンとの戦闘に辛くも勝利し、実戦経験と勝利の方程式を得たスコット。これらのことが伏線となって後に彼を窮地に追い込むのだから、脚本の妙といったらないね!

amazon:[単行本(ソフトカバー)] アントマン:シーズンワン (MARVEL)  アベンジャーズの本拠地が襲撃され、ファルコンが敗北を喫した。
 この情報は詳細を知れば知るほど伝説のアントマンの実在、その復活を告げるものであり、つまりはピム粒子が存在することをダレン・クロスに確信させるものだ。
 そして、ファルコンがどのような方法で倒されたかがわかれば、つまりはアントマンの戦法を読み解くことになり、「アントマン」という大きな脅威への対処が可能となる。
 ハンクに追いつき、ハンクを超えることを念頭に置いているダレンであるから、対アントマン戦略を立てずにはいられない。それがハンクの目論見を一部分において上回るわけで。
 一方でダレンもまたハンクとスコット、ホープの思惑をはかりきることができなかった。
 まさかハンクがすべてをご破算にするとは!
 ダレン・クロスの失望はいかばかりか。
 己が手にするはずだった栄光もこれまで積み上げてきた業績も失った。なによりヘンリー・ピムに見捨てられたのだ。
 自分のかわりに彼が認めたのは、とるに足らない盗っ人!
 許せない。許さない。お前が一番大切にしているモノを奪ってやる!
 かくして二代目アントマンとイエロージャケットの決戦の火蓋がきって落とされた。

 ここまでスコットは自分のため、自分の都合で行動してきた。それは盗みもアントマンとしての活動も同じ。
 彼の行動原理は「キャシーと会うため」だが、これとて父親としてのスコットの想いであり、彼の都合だ。
 ただし、自分本位なスコット・ラングにしても、自分を犠牲にしてでも守りたいものがある。キャシーとの良好な関係だが、それ以上に守りたい人がいる。それはやはりキャシーだ。
 ハンクはジャネットを喪ったことから、自分にもホープにもアントマンとして活動することを禁じた。ホープを喪うことも、残された最後の家族をホープが喪わずに済むように。
 だからどこの馬の骨ともつかぬ男、スコットを選んだのだ。
 スコット・ラングが二代目アントマンに任命されたのは、ひとえにハンク・ピムの都合だった。
 これもまた身勝手といえば身勝手。ただし、スコットもハンクの思惑を察している。それは彼もまた父親だからだ。
 キャシーには母親がいる。養父となってくれる男も。しかし、イエロージャケットの魔の手からキャシーを守れるのは、この世でスコット・ラングただひとり。
 だから子供部屋での最終決戦は、父親として二度目のチャンスを手にした主人公にとっては必然だった。娘のためにどれだけのことができるのか、何を捧げられるのかが問われるのだ。
 そしてスコットは乾坤一擲の一手に出るが、それはハンクが禁じ手として封じていたもの。
 亜原子世界に落ち込み、いつまでも果てなく縮小し続ける運命を、キャシーを守るためだけに受け入れたのだ。死よりも孤独で永遠に続く苦難を、スコットは選んだ。
 まさに自己犠牲の精神である。
 ここにおいて、ようやくスコット・ラングはヒーローの資格を得たのである。あとは生還するだけなのだが。
 ハンクの愛妻であるジャネット・ヴァン・ダインは、冷戦時代の知られざる一大事件、発射されたICBM(大陸間弾道ミサイル)の無効化作戦において還らぬ人となった。それはスーツの制御装置を暴走させたが故の亜原子世界の彷徨を意味しており、彼女は今も縮小し続けているのだろう。
 スコットもまたジャネットと同じ運命を行くものと思われたが、彼は最後まで諦めなかった。デカいヤマを踏むのにリスクがあるのは当たり前。
 この男の本領は、逆境をはね返す心の強さにある(いつも正しい方法をとるかどうかはともかくとして)。
 英雄を目覚めさせるのは女神のキスというのが定番か。
 スコットを呼び戻したのはキャシーの声。エンジニアは無意識に装置に改造を施した。
 そして生還。
 ここに半端者スコット・ラングの通過儀礼は成った!
 その証拠に、彼は別れた妻から、そしてその婚約者からも「キャシーの父親として相応しい人物」と太鼓判を押され、夢にみた愛娘との面会を許される。
 かくして大団円が訪れた。就職はまだだが、意外なところから声がかかるような流れがあって。
 スコット・ラングの波乱に満ちた生活は終わらない。
 次に私たちが彼らと会うのは来年。「キャプテン・アメリカ」のシリーズ第三弾だろう。しばしのお別れだ。

 スコット、再犯するんじゃねえぞ!

アメコミ強化月間突入? | HOME | 二度目のチャンスを前にして

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:3

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/247
Listed below are links to weblogs that reference
前科持ちでもヒーローさ! from MESCALINE DRIVE
アントマン from 象のロケット 2015-10-27 (火) 17:22
刑務所帰りの男スコット・ラングは、養育費を払えないため、別れた妻と暮らす娘キャシーに会うことすら許されない。 失業し追い詰められた彼にオファーされた唯一の...
映画:アントマン Antman ダメ男がヒーローに?!な設定が新鮮味を生んでいて,マル。 from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 2015-11-06 (金) 23:19
アベンジャーズ物にしてはなかなか楽しめたが、その理由は2つ。 まずは主演が驚きの、ポール・ラッド!(写真中央) 過去の出演作が、「俺たちニュースキ...
アントマン from 銀幕大帝α 2016-02-02 (火) 17:10
ANT-MAN 2015年 アメリカ 117分 アクション/SF/ヒーロー 劇場公開(2015/09/19) 監督: ペイトン・リード 『イエスマン...

Home > 前科持ちでもヒーローさ!

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top