我が家 | HOME | 満腹乞食

大ロサンゼルス捜査網

「L.A. ギャング ストーリー」公式サイト 「L.A.ギャング ストーリー」を観た。
 主演はジョシュ・ブローリン。ひたすらに肉厚な男を演じる。主人公を補佐する色男にライアン・ゴズリング。彼とエマ・ストーン演じるギャングの情婦との色恋沙汰が、やたらと男臭い作品に一瞬薫るフレグランスのようで、なおさらに際立つ。
 本作に凄みを与えているのは、ショーン・ペン演じるミッキー・コーエンだ。西海岸を牛耳るギャングのボスは、強欲を絵に描いたような男。物狂いの領域にまで達する剥き身の執着を、アカデミー主演男優賞に輝いた演技巧者が演じあげる。
 久し振りに目にしたニック・ノルティが怪物じみた容貌をしており、これにはびっくりした。お前はジャバ・ザ・ハットか、と。

 ギャング部隊。それは、ロサンゼルス市警察のパーカー本部長の命を受け、殺人課所属の巡査部長、ジョン・オマラが悪の砦に放った、過酷非情な男たちである。不法侵入、盗聴、様々な手段を使い、彼らは身を挺してミッキー・コーエン及びその組織に挑戦する。暴力さえも厭わぬギャング部隊だが、無法者に身をやつし、姿をかえて敢然と悪に挑む彼らに、明日という日はない。
 任務に成功して栄誉なく、記録にも決して残らず。返り討ちに遭って警察組織の助勢を望めず。死して屍拾う者なし。
 死して屍拾う者なし。

 1949年のロサンゼルス。街を牛耳るのはミッキー・コーエン。巨大な犯罪組織の頂点に立つこの男は、貧乏な出自がそうさせるのか、まさに強欲の権化。欲しいものは遠慮会釈なく奪う。そして、一旦奪ったものは絶対に手放さない。
 コーエンの信条はシンプルだ。力こそがすべて。強大な力で障害となるものを取り除き、他者を意のままに動かす。そもそもがボクサーだった男が、これぞ真理と信じる生き方だ。
 金にせよ女にせよ暴力にせよ、相手に対して最も効果のある「力」を行使し、警察組織だろうとマスコミだろうと自分の思うままに従わせる。彼に刃向かう者はいない。その気概を持つ者は懐柔されるか脅されるかして骨抜きにされる。これに当てはまらない奇特な者は、コーエンが手を下さなくとも冷や飯を食う羽目となる。
 ミッキー・コーエンはロサンゼルスの王なのだ。否、神か。
 王にせよ神にせよ、その絶対的専制に対して反乱を起こす者が現れた。ロサンゼルス市警察本部殺人課のジョン・オマラ巡査部長は、己の掲げる正義感に駆られてコーエンの娼館に単身で乗り込むほどの向こう見ず。上司や同僚にたしなめられたところでその行動が改まることはない。市警本部内の腐敗がどんなに進んでいようと、それがどうした関係無え!
 この無鉄砲に市警本部長が注目した。今や警察内部はおろか司法判事でさえもコーエンの息のかかった者がいて、通常の犯罪捜査では正義がなされる見込みはない。ならば、「通常の犯罪捜査」の埒外で勝負をかけるほかはない。
 パーカーは覚悟を決める。ミッキー・コーエンの犯罪組織を壊滅させる、と。そのためには手段を問わない。それが、通常の犯罪捜査から逸脱しようとも、むしろ犯罪に属する行為でもってミッキー・コーエンに対抗する。
 パーカー本部長はジョン・オマラに極秘任務を命ずる。ミッキー・コーエンとその組織に対して戦争を仕掛け、それに勝て。ただし、作戦行動においてどのような状況に陥ろうとも、ロサンゼルス市警は関知しない。要は見捨てるということだ。

 悪徳を体現するミッキー・コーエンと正義を掲げるジョン・オマラ。正反対の立場にあるように見えて、しかしこの二人は瓜二つである。
 ともに己の信念に忠実であり、それを貫くために手段は問わない。自らの利益を追求するコーエン。己の掲げる「正義」に邁進するオマラ。どちらも肥大した自我の求めるままに行動するという点で同じ。やたらと行動力があり、その言動は周囲を巻き込むところも。あたかも手段が目的化したかのような物狂いの様子までが同じである。
 縄張りを重要視するギャングならともかく、本来は警察官であるはずのオマラまでが遵法意識に乏しい。まるで無法者のそれだ。
 ギャング部隊は通常の犯罪捜査には目もくれず、コーエンの組織を攻撃することを第一義とする。作戦行動上、必要ならば破壊活動も辞さない。反撃されたら殺すのも已むを得ない。大事の前の小事だ。
 コーエンとオマラの戦争は、悪と正義をかけた決戦ではなく、もはや勢力闘争の様相を呈する。まさに、殺るか殺られるか、だ。

 作中で、市街ゲリラ戦の凄腕であるかのように称されるジョン・オマラだが、彼の作戦行動を追ってみると、これがどれも行き当たりばったり。勢いばかりが凄まじく、とても作戦と名付けるに値しない。
 熱血戦争バカとしか形容できないオマラだが、彼には集団を牽引する力がある。仲間を鼓舞し、戦場に駆り立てる。死地であろうと先頭に立って戦う姿は、だからこそ破天荒な行為にも彼の本気を窺える。このまっすぐな男には裏がないだけに、その言葉には信を置ける。
 オマラはギャング部隊を前へと進ませることはできるが、舵取りを任せるのは危なっかしい。お世辞にも頭が良いとはいえないものだから、仲間の選抜は細君が(ひとり例外があるけれども)、作戦行動については同僚が、それぞれ参謀役を果たす。
 緻密な作戦のもとに行動を起こすことの不得手なオマラだが、彼がギャング部隊のリーダーを務められたのは、彼らが少数であり、そして数の不利を感じさせないだけの勢いがオマラにはあったからだ。でなければ内部崩壊していただろう。
 コーエンの器とオマラの器。それぞれに最も適した容量がある。これをもって二人のうちのどちらが上だの下だのという評価は下せない。強大な犯罪組織の頂点に立つコーエンと、彼らに対して都市ゲリラ戦を挑むには、少人数の部隊を指揮するのが得手なオマラが適役だった。それだけだ。

 コーエンはロサンゼルスを皮切りに、全米に広がる賭博シンジケートを構築することを目論む。既存の技術を用いるものではあるが、情報を加工して売買するという点において、彼は新たなシステムをこの世に誕生させようとしている。これについて、この無学なギャングは確かに時代の先駆者だ。
 進化だ進歩だと自らの生き方を高らかに謳い、そして誇る。コーエンの頭にあるのは、「誰よりも先へ!」「誰よりも高く!」という思いだ。他者を押しのけ、その屍を積み上げて、彼は先頭を、そして頂点を目指す。
 コーエンの行為は破戒的ではあるが、その性格は創造性に富んでいる。これに対して、コーエンに敵対するオマラは破壊者である。彼は、自分が壊すことしかできないことを痛いほどに自覚している。
 ギャングと警察官。創造と破壊。コーエンは守勢に立ち、オマラが攻勢にまわる。それぞれの立場を逆転したような関係性が面白い。
 防戦一方だったコーエンだが、あるきっかけから敵は警察官であると気付く。同時に、自宅が盗聴されていることも。ここからはギャングの面目躍如だ。血の報復が始まる。
 とはいえ、詰めの甘さに不満が残るのは否めない。
 競合相手や不始末をしでかした部下を排除する際に見せた酷薄ぶり、徹底した仕事ぶりがまるで見られない。この失態が理由で、これまでのコーエン組の犯罪行為の数々が虚仮威しと化してしまった。「こいつらホントは大したことねえ」って。
 グレースも無事だ。何事に対しても異常なまでの執着を見せるコーエンが、自分の情婦を寝取られる。しかも警察官に。火遊びに気付かないほど新事業にかかりきりだったのかもしれない。多忙を極めていたのかも。しかしこれは観客が忖度してやらなければならないことではない。
 能力を有する者が理由なくその力を発揮しないのも、一種のご都合主義といえよう。クライマックスの全面対決のために、いろいろと環境をととのえているのが窺えるけれど、そんなのは我が道を行くコーエンとオマラにとっては小賢しいだけ。「しばらくはその茶番に付き合ってやるから、それが済んだら殴り合いに没頭させろ!」との声が聞こえるようだ。
 そうだ。最後は二人の物狂いによるステゴロ、「素手喧嘩」と書いてステゴロと読むタイマン勝負。これで決着をつける。

amazon:[Blu-ray] L.A.ギャングストーリー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)  かたや元ボクサー。かたや戦場の猛者。体重差はあるものの、昔取った杵柄でボクシング技術に長けたコーエンに分があるかと思われた。しかし、ここはリングの上ではない。
 スタイリッシュとは無縁のやり方で我が道を走り抜けてきた男が、己の地位に相応しい立ち居振る舞いを身につけようとしてそれを諦めた男が、最後の最後で己のボクシングスタイルを捨てられなかった。これも強欲のなせる業か。
 コーエン以上にスタイルに拘らないオマラが、地面に這いつくばって、泥水を啜って、血を流しながら、それでも己を貫き通した。
 突き放して裸拳を当ててゆくコーエンに対して、オマラは肉体ごとぶつかってゆくだけ。そうだ。ジョン・オマラは、前に進むことだけは誰にも負けない。
 二つの信念と二つの個性。相容れない立場の二人が、それぞれに己の生き方を押し通すため、その拳を振るう。この喧嘩に勝った者が相手を屈伏させるのだ。ひいては、この殴り合いの喧嘩こそがロサンゼルスの明日を決めるのだ。
 だが、渦中の二人はそんなことを考えもしない。眼前の敵を倒すことしか頭にない。純粋なまでの獰猛。

 勝敗がついて、この時点で物語は終幕を迎える。その後のロサンゼルスがどうなろうと、どう変わろうと興味はない。どうでもいい。男と男がぶつかりあって、一方が勝ち、もう一方が敗れた。それだけ。その潔さだけで本当はよかったのだ。きっと。
 バカバカしいくらいに男臭い映画には、そんな終わり方がさぞかしお似合いだったろう。

我が家 | HOME | 満腹乞食

Comments:2

tenmama 2013年5月27日 09:52

これ、原作読みたいナーと思っていてたんですよね。
(最近ギャング小説を読む機会がちょこちょこあって)
映画、迫力あって面白そうですね!

サテヒデオ 2013年5月28日 10:34

tenmama様
 コメントありがとうございます。
 この物語は本で読むより映像で観賞するほうがよいかと。
 原作はもっとリアリティあるのかもしれませんが、それはそれで男と男のぶつかりあい、そのインパクトが薄れてしまうような気がします。観念的で、バカバカしいくらいに男臭い作品は、男汁ほとばしる映像でお楽しみくださいませ。

Comment Form

Trackbacks:5

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/190
Listed below are links to weblogs that reference
大ロサンゼルス捜査網 from MESCALINE DRIVE
L.A. ギャング ストーリー from 象のロケット 2013-05-28 (火) 08:29
1949年のアメリカ。 ギャングのボス、ミッキー・コーエンは、ドラッグ、銃器取引、売春、賭博から得た金でロサンゼルスの全てを支配。 警察や政治家も意のまま...
映画:L.A. ギャング ストーリー ストレートに面白く、かな〜りポイント高い ギャング vs ロス警察物! from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 2013-05-30 (木) 01:01
映画チラシのコピーは、「ロス市警が、キレた。」 確かにキレてる! 1949年のロサンゼルス、の実際の事件をノベライズしたものが原作というが、ホント...
L.A. ギャング ストーリー from とりあえず、コメントです 2013-07-02 (火) 00:19
1949年のロサンゼルスを舞台にギャングと警察の抗争を描いたアクションです。 禁酒法の時代ではなくて大戦後のギャングの物語がどんなものなのか気になっていま...
「L.A.ギャングストーリー」 from ここなつ映画レビュー 2013-10-03 (木) 12:32
たまらなく良かった。間違いなく私の今年度ベスト3に入る作品。 ライアン・コズリングがいい!ショーン・ペンがいい!警察のはみ出し者達がチームを組ん...
L.A.ギャングストーリー from 映画に耽溺 2014-12-04 (木) 13:44
「これ、西部劇だよね」 って言ったら笑われちゃったけど 超暴力的残忍非道の絶対的な敵がいて そいつを倒すために個性豊かな男たちが志を共に一致団結して...

Home > 大ロサンゼルス捜査網

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top