上映中はお静かに | HOME | 空腹のニコラス・ケイジは?

ティファニーで酒宴を

amazon:[Blu-ray] ティファニーで朝食を  校長の話がやたらと長いのは、学校生活におけるお約束のようなもので、朝礼で女生徒がバタバタ倒れるのは特に珍しいことではない。オードリー・ヘップバーンの「倒れるゾォ!」との掛け声を合図に、校庭に崩れ落ちる生徒。タテヨコナナメ、五人揃えばビンゴである!
 朝のビンゴ大会で見事iPhoneをゲットした友人が、このゴールデンウイークに上京した。酒の席で散々に他人様の携帯電話を腐した挙げ句、慎ましく続けているブログを評して曰わく、「長いッ!」と。
 それは重々承知しているのだよ。
 ビールだカクテルだ梅酒だと杯を重ね、その間に「トニー・ジャーはもっと映画に出なきゃ駄目だ」「その通り!」だの、「Facebookはようわからん」「ならTwitterをやれ」だの、「剛力はあのヒロインに合わない」「知らンがな」だの、 酔うままにとりとめのないことをつらつらと話していたのだが、ついに矛先が私に向けられてしまった。
 彼が上司や同僚の悪口や愚痴を吐く分にはそれらをニヤニヤ聞いていられたが、自分の携帯電話やブログが標的になると笑ってはいられない。携帯電話は常温で超電導する代物であることを証明して、これに関する中傷を撤回させることに成功した。
 次にブログである。

amazon:[DVD] サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS  このブログの記事は、確かに長い。何もそこまで、ってことまで書いている。しかし、これには理由がある。
 語り手としては、自分が述べたいことのすべてが頭の中にある。これはわかっている。頭の中にあることをそのまま文字に起こすのが難しい。
 自分にとってはいわずもがなであっても、だからといってそれを省略してしまうと意味を為さない、意味が通じない。そんなことがよくある。
 かつてのブログに掲載した記事を読み返してみると、自分でも言葉足らずなのを痛感する。もっと段階を踏んで説明しなきゃ駄目だろう、と。
 わかりやすく、丁寧に。むしろ諄いくらいでちょうどいい。書いてある分には読み飛ばすことができるけど、書いてないことから真意を図ってもらおうなんて、サトラレじゃあるまいし、どれだけ不遜なんだ。
 とまあ、こんなことをくだくだしく説明していると、酒がまわったのか、友人はいつの間にかテーブルに突っ伏していて。

 というわけで、これからもグダグダとただただ長い記事を書くことを、サテヒデオはここに誓うものであります。これは仕方ないのです。ちょっとしたディスティニーなのです。
 でも、たまにはスッキリと短い記事で決めたいのであります。

上映中はお静かに | HOME | 空腹のニコラス・ケイジは?

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/187
Listed below are links to weblogs that reference
ティファニーで酒宴を from MESCALINE DRIVE

Home > ティファニーで酒宴を

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top