縁は異なもの | HOME | 警報音が胸に痛い

はじめの一歩

 2011年8月15日に現在のドメインで開設したこのブログ。一年以上経って記事数は150件ほど。そのほとんどが映画や本のレビューとなっている。特に映画レビューは83件となっており、全体の五割を占める。
 ところが、個別に取り上げる作品のほとんどが外国映画。日本映画はアニメーションを除くと一本も取り上げてない。これについては以前に記事にした。重複となるので繰り返さないが、ここにきてようやく「日本映画」カテゴリに即した記事を御披露目できた。
 本日公開の内田けんじ監督最新作「鍵泥棒のメソッド」は83件目のレビュー記事であり、そして「日本映画」カテゴリの栄えある1本目の作品となった。「運命じゃない人」「アフタースクール」と構築性の高い作品を世に送り出してきた作家は、私の好きな映画監督のひとりだ。その作品を観るのと良質なミステリを味わうのとは同義である。
 ミステリといえば新本格ミステリの旗手が原作小説を物し、漫画化・テレビアニメ化を経て、ついに実写映画になった作品を「日本映画」カテゴリ1本目の記念すべき作品にするつもりが、記事作成中に袋小路に迷い込んでしまった。論理的である一方で、すこぶる幻想的な作風の作者に惑わされたとでもいおうか。本当のところは、大好きな作家の映画化作品だけに気負ってしまって、アレも書かなきゃコレにも触れなきゃと収拾がつかなくなり、要は纏められなかったというわけだ。

 さあ、扉は開かれた。日本映画のレビュー記事を書き上げたことで、放置したままずっと気になっていた宿題をようやく提出したような気持ち。今後は全く気負うことなく日本映画を観られる。
 さて、次は何を観ようか? どんな記事を書く?

縁は異なもの | HOME | 警報音が胸に痛い

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/156
Listed below are links to weblogs that reference
はじめの一歩 from MESCALINE DRIVE

Home > はじめの一歩

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top