コールの息子 | HOME | 弱肉強食のルール

GLUTTONY

amazon:[Blu-ray] 遊星からの物体X 「遊星からの物体X」を観た。
 本作は、ジョン・W・キャンベルJr.の「影が行く」を映画化した、1951年の「遊星よりの物体X」のリメイク作品。監督は「ハロウィン」のジョン・カーペンター、主演はカート・ラッセル。
 物語の舞台は、1982年の南極大陸。
 アメリカ合衆国南極観測隊第4基地に突然の闖入者。ヘリコプターが一頭のハスキー犬を追跡。この追跡者の所属はノルウェー隊のようだが、たかだか犬に向けるにしては大袈裟すぎる攻撃を繰り出す。銃撃、そして手榴弾。
 着陸したヘリは事故により爆発炎上。これにノルウェー隊のひとりが巻き込まれるが、残るひとりは同僚の死に見向きもしない。彼が狙うはハスキー犬ただ一頭。流れ弾がアメリカの隊員に当たり、なおもノルウェー人は攻撃を続けようとする。正気とは思えぬ沙汰に、アメリカ隊の隊長はやむなく異邦人を射殺する。
 ノルウェーからの訪問者には英語が通じなかったので、彼が生前に何を云っていたのかわからない。それにしても、彼が気違いであったとも思えない。不幸にして無線機が故障しているため、ノルウェー基地と連絡がとれない。事情を聴取するにはノルウェー基地まで行かねばならない。
 ノルウェー基地に出向いた隊員がそこで目にしたものは、廃墟と化した観測基地だ。出火の痕跡が見られるそこには、凍り付いた自殺者の死体があり、何かを取り出したと思しき氷塊があった。特に目を惹くのは、異様に変形し凝固した焼死体。一見しただけでこの人物がただ焼け死んだわけではないことが理解できた。
 事情を明白にするためにノルウェー基地までやって来たというのに、尚更にわけがわからなくなった。映像その他の記録と奇妙な死体を基地に持ち帰り、原因を自分たちで調べなくてはならない。
 なぜノルウェー隊は全滅したのか? 何がノルウェー隊に起こったのか?
 夜になって、襲撃から生き延びたハスキー犬を基地内の犬小屋に入れる。人の気配がなくなると、"それ"は正体を現した。

amazon:[ムック] 図説 密室ミステリの迷宮 (洋泉社MOOK)  本作は、紛うことのないSFであり、どこに出しても恥ずかしくないホラーであるが、特殊な「犯人当て」を内包するミステリとして捉えることもできる。ひと粒で三度おいしい作品だ。
 ミステリとして考えると、南極大陸という舞台は、その地理的条件から「絶海の孤島」であり、ひとたび気象条件が悪化すれば「吹雪の山荘」となる。いずれにせよ広義の密室化が成立する特殊な環境といえる。
 外部と連絡がとれない。よしんば連絡がとれても物理的な理由により外部からの事件への介入は不可能。こういった状況から、事件は関係者の内部でその真相を解明しなければならない。このような限定条件のもとでの犯罪捜査というのは、通常の手法をそのまま使えないことがあり、極限の状況下で連続する殺人に対応するというのはどうしても後手に回る。まして、その場に犯罪捜査のプロフェッショナルがいなければ尚更だ。
 外界から遮断され、警察組織による捜査を望めないような場合、事態を収拾するためには多少なりとも強引に物事を決められる人物が必要だ。犯人が誰なのか、その異図がわからないまま、脱出可能な状況へと事態が好転するのをただ漫然と待つのは、下手をすると関係者全滅の憂き目に遭いかねない。悲惨な結果を回避するには、非常時こそ相応のリーダーシップが必要とされるのだ。
 ただし、リーダーシップをとる者が即ち探偵として物語に配置されるわけではない。ある人物が探偵役に相応しい行動をとったとしても、彼が必ずしも謎を解明できるわけではない。この場合のリーダーは、いうなれば狂言回しである。本作においてはヘリ操縦士のマクレディがリーダーシップを発揮して「犯人探し」に邁進する。その行為によって物語を力強く牽引するマクレディは、間違いなく狂言回しの役割を担っている。
 マクレディはその知性によって「犯人探し」を進めるのではない。マクレディに知性が欠片もそなわってないわけではないが、彼は生来の行動力によって事態を打開する。だからその行為に間違いは生じるし、その独善的な行為から疑惑の的になる。本当のところ、マクレディという男はサスペンスを盛り上げるに適した人物である。

amazon:[文庫] 人間そっくり (新潮文庫)  本作における「犯人」は、唯一無二の特徴を持つ。まず地球人ではない。宇宙から飛来した、独特な生態を有する生命体だ。その生態は、現地の生物と同化するところに大きな特徴がある。同化とはつまり捕食である。生きたまま食らい、そのなかで同化を果たす。同化した後には群れに入り込み、そこで同化を繰り返す。
 この「生物と同化する」というのは、個体の細かな特徴までを見事に似せる点で、犬の種別や毛並みから人なら外見的特徴だけでなく声やその個人の言動までをコピーするほどのレベル。外見上はてんで見分けがつかない。よもや地球外生物とは思わない。
 ところで、この驚異的な生命体を今後も表記しなければならないのだが、これには名前がない。作中でも登場人物に名付けられることはない。日本ならそれらしい名前を付けられるだろうが、原題は素っ気ないまでに「The Thing」となっている。名付けることが命を握ること、そこから封じる退治することに通じるという考え方は、アメリカには無縁なのだろうか。とにかく名前がないのは表記に不便だ。この記事を進めるにあたってこの生命体を「それ」と呼ぶことにする。
 他者と同化し、その個体そのものの擬態を成し遂げる生物。"それ"は僅かに一滴の体液から同化を果たし、ひとたび同化が始まれば"それ"は鼠算式に増えてゆく。生物学者がコンピュータで試算したところ、もし"それ"が人間社会に到達したなら、二万七千時間後には全世界同化完了という結果が出た。
 とどまることを知らない増殖。紛れもない侵略者。その行動に個としての意図があるのかすら不明。地球上の全生物との同化を完了した後、それ以上の増殖をできない"それ"は、いったいどうするつもりなのだろう?
 何を考えているかわからない、その意図を理解できるかも定かではない存在の心中を忖度する必要はない(そもそも心すら持たないかもしれないのだ)。考えるべきは、"それ"を南極大陸から出さないこと。これは地球人類に対する使命だ。なんとしてもこの白い大地で侵略を食い止めなくてはならない。春になれば救援隊が到着する。それまでにどうにか対処しなければ人類の負けだ。否、地球全体が敗北を喫する。
 悲壮な決意は、隊の仲間に巣食った"それ"の駆除へと意識を向けさせる。ここで"それ"を殲滅するためならば、多少の犠牲もやむを得ない。大事の前の小事だ。
 本当のところは人類存亡だの使命だの関係ない。ただ単に怪物なんかに乗っ取られたくないし、生きたまま食われるなんてまっぴら御免だ! どうせ助からないなら俺は人間として死にたい!
 ノルウェー隊の基地に自殺者の死体があったが、その意味がわかった。正体不明の意味不明、訳の分からない生き物に乗っ取られて生きるくらいなら(生きているかどうかも不明だけれど!)、死んだほうがマシだ。少なくとも自分が自分のままでいられる。
 この生存本能さえ裏切る忌避感には深く共感できる。自分の頭が甲殻類の脚を生やしてテケテケ歩くなんて、とてもじゃないが考えられない承服なんかできやしない。人体損壊の新たな地平を開拓したのは、特殊メイクアップ技術者のロブ・ボッティンだ。彼の造形技術は、紛い物の生命を本物へと昇華せしめた。蠢くたびにズルズルのビチャビチャと湿った音を立て、その合間にカチカチと硬質な音が。
 想像力が恐怖を増幅する。そして想像を上回る実態に人間は絶望するしかない。
 生きながらに食われ乗っ取られる恐怖に直面し、怖いもの知らずの冒険家たちは、文字通り死に物狂いとなって「犯人探し」を敢行する。

 犯人を特定するといっても簡単ではない。考察を重ねて仮説を立て、その正しさを実験によって検証する。実験が仮説を証明できなければ改めて仮説を立てる。推理の手順とは実験科学の方法論とかわるところはない。
 探偵や警察は三つの観点から犯罪を捉え、これをもってして仮説を立てる。犯罪行為における「動機」「方法」「機会」がそれだ。これらに関する、犯人と目される人物の論理的・合理的な容疑、そして犯罪を行ったことを示す物的証拠。これら論理とそれを裏付ける物的証拠が、犯人を特定するのに必要なのだ。
 殺人を例にとる。
 容疑者と被害者との間に怨恨・金銭トラブル・痴情のもつれ等の諍いがあり、これが客観的に判断されること。「殺してやる」等、犯行を予見させる言質をとると、その発言によって犯行動機はいっそう確かなものと認められる。
 殺害行為に用いた凶器を死体に残る痕跡から特定し、その入手経路や付着指紋等でそれを用いた人物を絞り込む。殺害方法や凶器が専門性の高いものなら、それを用いたり扱えたりする人物に嫌疑が向かう。
 殺害の瞬間、当たり前ではあるが犯人は犯罪現場に存在したわけだ。犯行時刻と犯行現場を特定できれば、その時刻にその場所にいなかった者を容疑者から除外できる。
 ミステリ作品で馴染み深い単語となっている「アリバイ」は、犯行時現場不在証明であって、これは犯罪が行われた時刻に犯行現場にいなかったことを証明することだ。この点で勘違いが生まれる。アリバイとは犯行時刻に犯行現場にいたことを証明するものだという誤解は、求めるべき情報の内容が全くの正反対となってしまう。「犯行時刻には犯行現場の○○ではなく××にいた」ことは、善意の第三者による証言やそれを示す物的証拠から証明できる。「犯行時刻に犯行現場の○○にいた」と自ら告げて不利な状況を招く犯罪者はいないだろう。犯人ならば犯行時刻に犯行現場にいたことを否定するのが普通だ。もし、犯行時刻に犯罪現場にいたことを認める者がいるなら、それはきっと犯人じゃない。じゃなきゃ、それすら遠大な犯罪計画の一端なのかも。
 このことからわかるように、アリバイは消去法として使われる。事件関係者から犯人以外を除外するためのひとつの指標なのだ。
 長々と説明が続いたが、このように「動機」「方法」「機会」によって探偵や警察は犯人を特定する。しかし、マクレディらが相手にする「犯人」は、これら三つの点で個を特定させない。「動機」も「方法」も人外のそれであって、一般的な論理の構築は意味を為さない。「機会」さえ明らかにはできない。アリバイは犯行時現場不在証明と説明したが、犯行時刻も犯行現場も特定できない状況ではいったい何を証明できようか。
 体液の一滴からですら同化は始まる。犯人は続々と生まれるというのに、じっくり腰を据えて推理を組み立てるなんて悠長なことを云ってはいられない。被害を拡大しないために能動的に動くべきだ。行動力だけは旺盛なマクレディは、だから探偵役として相応しいといえる。
 本作の素晴らしい点は、登場人物それぞれに単独行動をさせておいて、誰が"それ"だかを私たちにも明らかにしないところだ。それぞれに理由があって行動するだろうが、同化と増殖のために各個攻撃を目論む"それ"の存在が明白となると、それまでの彼らの行動に疑惑が向けられる。なぜあのような行動をとった? あの描写に特別な意味はあるのか? もしやこの男こそ"それ"なのでは?
 探偵役として相応しいと評したマクレディではあるが、探偵=犯人のミステリを体験済みであれば、彼ですら疑惑の的となる。もはや自縄自縛の状態だ。頭に蛇が巣食っている。否、"それ"か。

amazon:[文庫] クトゥルフ神話への招待 ~遊星からの物体X (扶桑社ミステリー)  犯人を論理的に特定できなくとも、実験によって明らかにできるなら、それを成し遂げるまで。ただし、その実験の妥当性は問われなければならないけれど。意味のない実験に縋り付いて安心と誤謬を得たところで事態は好転しない。むしろ悪化の一途を辿るだろう。
 マクレディが考案したテストは端から見ると馬鹿げているが、その効果を実証してみせた点で大いに評価できる。少なくない犠牲を払ったのは確かだけど。
 一人、またひとりと仲間が減ってゆき、それとともに"それ"が人の中に潜り込む。誰が人間で誰が"それ"なのか。疑心は暗鬼を生じ、集団は崩壊する。集団が機能するためのルールは何の役にも立たない。そして、巨大な密室は惨劇の舞台と化す。
 生き残った二人の男。彼らは人間なのか、"それ"なのか。物語は明確な答えを出さないまま幕を下ろす。春が来ればすべてが明らかになる。
 余韻を残して背中を向ける彼らに置いてけぼりを食らったようで、少しく心細くなる。気のせいか、暗闇がいつもより怖い。

コールの息子 | HOME | 弱肉強食のルール

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:2

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/151
Listed below are links to weblogs that reference
GLUTTONY from MESCALINE DRIVE
遊星からの物体X (’82年製作) from 象のロケット 2012-08-27 (月) 07:17
1982年の冬、雪に閉ざされた南極大陸。 アメリカ南極観測隊は10万年前に地球に激突した巨大UFOを発見したノルウェー隊の不可解な死について調査するが…。...
遊星からの物体X from いやいやえん 2012-11-08 (木) 09:18
ジョン・カーペンター監督の傑作作品。何度観てもやっぱり凄かったー! 途切れない緊張感と「The Thing」(生き物)の造形の生々しさが素晴らし...

Home > GLUTTONY

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top