身命を闇夜に捧げて | HOME | 深更の闇に紛れて

真相は闇に溶けて

 クリストファー・ノーランによる「バットマン」シリーズ最終章、「ダークナイト ライジング」公開を目前にして、シリーズ作品を振り返ってみる。
 シリーズの開幕を飾った「バットマン ビギンズ」で、クリストファー・ノーランはタイトルそのままにバットマンの誕生を描いた。闇に紛れて悪を討つヒーローがなぜ生まれたのかを明らかにした。
 自ら脚本も務める映画監督が次なる「ダークナイト」で描くのは、ヒーローの敗北だ。エンドロールを前に姿を現すのは、希望を汚さぬために、曇らせぬために、ヒーローの座から自ら降りることを選んだ男だ。私たちはその後ろ姿を見送る。
 最強の男、バットマンとその正体であるブルース・ウェインを演じるのは、クリスチャン・ベール。
 最狂の男、トゥーフェイスことハービー・デントを演じるのは、アーロン・エッカート。
 そして最凶の男、ジョーカー。道化師に扮するのはヒース・レジャー。
 三人の男の激突を三人の役者が見事に演じあげる。その狂おしさは、「熱演」という表現すら物足りないほどだ。

amazon:[Blu-ray] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組)  司法と組織犯罪との闘いはいたちごっこ。マフィアの銃撃に対抗するために警察組織が防弾装備を用意すれば、それを貫く銃弾をマフィアは実装する。敵対構造を持つ二大勢力にあって(内部では癒着があるにせよ)、事態は殺傷能力の抑制に向かわず、むしろ加速度的に上昇してゆく。終わりなき堂々巡り。
 その膠着状態に劇的な変化が訪れる。バットマンの登場だ。
 ケープを纏って夜を駆る自警市民が現れれば、奇妙な扮装をした男が街で暴れまわる。
 犯行現場にトランプのジョーカー札を残す男。自称、「ジョーカー」。
 この偏執狂を、その登場当初においてブルース・ウェインは無視していた。ブルースが目指すゴッサム・シティの健全化は、組織犯罪の撲滅こそがその眼目。物事には優先順位があり、たかだかひとりの道化師に構っていられない。このゴロツキの処遇は大事の前の小事でしかない。
 後になってジョーカーを放置したことをブルースは後悔する。ジョーカーこそは悪徳の具現化した存在だと気付いたときには、事態は既に引き返せなくなっていた。
 いつの間にか、ゴッサム・シティはジョーカーを中心に回っている。

amazon:【ムービー・マスターピース DX】『ダークナイト』 1/6スケールフィギュア ジョーカー  ヒース・レジャーが演じたジョーカーは常に饒舌であり、騙りの毒は聞く者の神経を冒す。観ている私たちとて例外ではない。
 この道化師は場のイニシアチブをたやすく握る。彼の傷跡醜い口許からは悪徳と舌とが落ち着きなく見え隠れし、吐き出す言葉は毒にまみれている。その毒を浴びた者は、忌避の対象たる口許から、いつの間にか目を離せなくなる。
 劇場型犯罪者のジョーカーは、他者を魅了する存在として完成していなければならない。場を圧倒するだけの華がなければ存在価値がない。事件こそは彼の演目。特に爆破を得意とする。
 悪の華、ジョーカーはヒース・レジャー畢生の演技をもって作品に息づいている。
 ジョーカーが自ら述べた通り、彼自身はバットマンがいなければ、街を這い回るゴロツキで終わっていても不思議ではない。
 相手が誰であろうと奔放に振る舞い、時に交渉を投げ出すジョーカーに、銭金の損得勘定も恐怖心による行動支配も通じない。この点でマフィアにとってジョーカーはバットマンと等しい存在である。
 その在り様から、通常ならば居場所を探り当てられ、発見と同時に殺される。理屈の通じないジョーカーは危険極まりない存在であり、マフィアでさえも扱いに困る。本来ならば厄介者は始末すればよいのだが、どんなに暴れまわられようとも迷惑を蒙ろうともジョーカーの生存を許すほかはない。
 ジョーカーが始末されないのは、バットマンの存在があればこそだ。
 本来は利害関係の対立がそれぞれにある組織間も、「打倒バットマン」の旗印のもとに結集する現実。惨めで奇妙な話し合いの席にジョーカーは現れ、並みいるボス連中を前にして威風堂々。「バットマン殺害」を請け負う。
 マフィアの敵であるバットマンの力が強大であるほどに、その対抗馬たり得るジョーカーに存在価値は認められる。
 皮肉なことにバットマンがジョーカーの生存を保障しているのだ。
 それだけではない。ジョーカーはバットマン殺害に必要だからとマフィアからの全面協力を獲得する。これを契機に、道化師の毒はゴッサム・シティの犯罪組織の隅々まで行き届く。

 バットマンが闇ならばジョーカーは黒だ。
 陽の光を浴びればバットマンは消え、そのケープの下に潜むブルース・ウェインが現れる。ブルース自身、バットマンを辞める日の来ることを望んでいる。
 しかし、如何なる光を当ててもジョーカーはジョーカーのままだ。ジョーカーは何者かという問いは、だから無意味だ。黒は闇にあって黒。光を浴びて黒。
 黒は黒だ。

 ハービー・デントはブルース・ウェインが称して曰く、光の騎士だった。法律の枠内で全力を尽くす、組織犯罪撲滅の橋頭堡となり得る人材だった。ゴッサム・シティ待望の高潔な精神の持ち主だった。
 ハービー・デントの理想の高さと実行力の高さは、マフィアにとっては脅威であり、市民にとっては希望そのものだった。
 ブルース・ウェインは組織犯罪の一掃を目指してバットマンを生み出し、実力行使をもって目的の達成を図った。法を逸脱することも辞さない方法論は、それ故に正義たり得ない。
 ハービー・デントは地方検事の立場を十分に活用して、法のもとに正義を為す。社会にはびこる悪を法律に則って裁きの場に引きずり出し、罰を与える。
 理想を同じくしつつもブルース・ウェインとハービー・デントは手段において明確な違いがある。その違いこそが二者を闇と光に分かち、市民に与える影響の性質における差異を生む。行為の是非はともかく、正当性においてバットマンはアウトローでしかない。
 時に楽観的で時に悲観的な現実認識がハービーの二面性を表していた。緊急事態にも洒落っ気を忘れないところがハービー生来の性質ならば、物事を悪い方へ引き寄せて考えるのは内務調査部時代に警察組織の暗部を見たことが原因だろうか。
 昼に夜にハービーを盛り上げていったブルースや、警察の良心をもってハービーに協力したゴードンも、悪徳の囁きに勝利することはなかった。ハービーの高潔な精神は黒く塗り潰されてしまった。
 かつて「トゥーフェイスのハービー」との渾名を頂戴した男は、絶望を味わって物狂いの境地に至る。闇に身を置きながら常に理性を保ち自らを厳しく律するバットマンとは、異なる選択を自らに許してしまった。
 正義は物事の指標から転がり落ち、運こそがすべての結果を左右する。生かすも殺すもコインの表裏で決めることの稚気も非情も、理性の箍が外れてこそできる意思決定だ。
 ブルース・ウェインとハービー・デント。同じ女性を愛し、喪い、同じ絶望を味わった二人。自らの愛の成就を信じた二人。道を分かち、終には敵対した二人。戦いの後に絶望に苦しんだのはひとり。

amazon:【ムービー・マスターピース】 『ダークナイト』 1/6スケールビークル バットモービル [再生産] (2次出荷分)  ジョーカーは1対1の場面においては決して負けない。勝てないまでも負けはしない。
 誰しもがジョーカーの語りに自分を見失う。奴の口調に一挙手一挙動に理性の箍が揺らいでしまう。一度揺らいだ理性を取り戻すのは難しく、感情の赴くままに暴力を振るうことは快感すら覚える。破戒は魅惑の果実となり、悪徳は最上の美酒となる。
 だから、ジョーカーのささやかな組織はジョーカーと手下の繋がりがあるだけ。手下同士の連携は無いと考えて間違いはないだろう。ジョーカーの圧倒的なカリスマ性に、個々の手下が搦めとられているだけ。
 つまりジョーカーと1対1で悪徳を吹き込まれなければ、自らの良心に忠実でいられるのだ。このことはゴッサムの市民が生命を懸けて示してくれた。
 ジョーカーが二隻の船の乗客に迫ったのは、殺すか死ぬかの二者択一。双方の命を懸けたゼロサムゲームは、そもそもの勝利条件に不備がある。
 生存本能を刺激したり社会的な存在価値を考えさせたり多数決の陥穽に陥らせたりして、ジョーカーの毒は大勢に疑心暗鬼を抱かせたが、人が人であることの良心と誇りは毒の効力を上回った。
 乗客をひとかたまりの駒として扱ったのがジョーカーのミスだ。一人ひとりが名前を持ち意思を持ち誇りを持つ個人だ。個々に弱さも狡さも愚かさも持ち、悩み苦しみ足掻いて懸命に生きている。それぞれに自分の決断と行動に責任を持って日々を生きている。
 舞台が終われば楽屋に戻る道化師とは違う。一世一代の見世物が終わって、でもその後も人生は続くのだ。
 ジョーカーが示唆した大量殺戮は、その十字架があまりに重すぎるため、それを背負って生きる地獄を到底受け入れられない。
 胸を張って自分を生きてゆくため、他者を殺すことを選ばない。何の保障があるわけでもない、命懸けの選択。
 何ひとつ確定してない運命に屈して起爆スイッチを握ったなら、そこに命の重みを感じるはずだ。起爆スイッチを押すことは、他の誰でもなく自分を殺すことになる。
 死の淵を漂う二隻。双方が「不殺」を貫いてタイムリミットを迎える。ここにおいてジョーカーの目論見は、はじめて外れる。最凶の道化師は全能ではないこが明らかとなった瞬間だ。
 実は、このとき既にヒーローは敗れている。しかし、ゴッサム・シティに希望の星は幽かに瞬いている。無力と思われた市民が希望を信じ、それは悪魔の囁きに打ち勝ったことの誇りとともに彼らの胸に宿り続ける。
 だから!
 だから、バットマンは苦渋の選択をするのだ。ゴッサム・シティを照らす希望を、市民が歓呼の声をもって迎えたヒーローを、いつまでも輝かせるために。

amazon:BATMAN ARTFX バットマン ブラックコスチューム (1/6スケール PVC塗装済み完成品)  闇の世界に光を照らし、それを黒く塗り潰した三人の男の闘い。それはゴッサム・シティを新たな局面へと導いた。ひとりは息絶え、ひとりはアーカム精神病院へと移送されるだろう。最後のひとりは夢を断たれ、罪を背負って追われる身となった。
 それぞれに真実があり、それは真相とは別の物語。
 真相にどんな意味があろうか。真相は必ずしも人を幸せにするとは限らない。真相こそが人を傷つける場合もあるのだ。
 今夜は真実の描く希望の物語に夢を馳せることを許してほしい。夜明けはまだまだ遠いのだから。
 アルフレッドはレイチェルから託された想いを胸にしまい、ゴードンはヒーローの冤罪に口を噤む。いずれの真相の重みも、信頼を寄せる男を思いやれば、その辛さを口には出せない。
 その男は傷つきながらも真にゴッサム・シティの平安を願い、その実現のために己が身を削るほどに力を尽くしている。絶望に身を焦がしてなおも諦めない。
 市民のほとんどはその男の名を憎しみを込めて呼ぶ。燃えさかる瞳には、かつて男に向けられていた親愛の情は宿ってない。

 バットマン。ゴッサム・シティの守護者。ケープを纏って闇夜を駆ける十字軍騎士。

身命を闇夜に捧げて | HOME | 深更の闇に紛れて

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/139
Listed below are links to weblogs that reference
真相は闇に溶けて from MESCALINE DRIVE

Home > 真相は闇に溶けて

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top