我思う故に我あり | HOME | 我慢大会

頸木の橋

「ドラゴン・タトゥーの女」公式サイト  往年のプロレスファンにはブルーザー・ブロディの入場テーマ曲としてお馴染み、レッド・ツェッペリンの名曲「移民の歌」が流れるなか、デヴィッド・フィンチャー監督最新作が幕を開けた。
「ドラゴン・タトゥーの女」を観た。
 本作は夭逝した作家、スティーグ・ラーソンの世界的ヒットとなった「ミレニアム」シリーズ第一作品を映画化した、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のハリウッドリメイクである。
 リメイクにあたって監督にデヴィッド・フィンチャーを迎え、主演にダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラを配した。
 上映時間158分の大作なので、トイレは上映前に済ませておくことを勧める。観賞中に尿意、あるいは便意との勝利なき戦いに苦しむ羽目になるよ。

 スウェーデンはストックホルム、「ミレニアム」誌の主筆であるミカエル・ブルムクヴィストはハンス=エリック・ヴェンネルストレムの不正追及の記事を物すも、ヴェンネルストレムから名誉毀損で訴えられてこれに負ける。
 自らが勤める調査会社で随一の能力と実績を持つリスベット・サランデルは、最近話題のミカエル・ブルムクヴィストの調査を終える。好奇心に駆られて調査対象が法廷で争ったヴェンネルストレムの自宅マンションに侵入し、ハッキングの仕掛けを施す。
 己の余生の短さを思い、ヘンリック・ヴァンゲルの意識は是非とも解決しておかねばならない一件に立ち返る。かわいいハリエットが失踪した件だ。自分の人生とグループ企業全体の明暗を分けることになったこの事件は、四十年経った今になっても決着していない。なんとか解決させたいヘンリックは、顧問弁護士に命じて調査に当たらせる人員の選抜を済ませた。
 敗北の苦さを噛みしめるミカエルに仕事が舞い込む。依頼主は衰えたとはいえ国内随一の同族企業ヴァンゲル社の前会長、ヘンリック・ヴァンゲル。この依頼を達成すれば、十分な報酬に加えてヴェンネルストレムを破滅させられる確たる証拠をミカエルに譲るという。
 ヘンリックの依頼は、四十年前に姿を消したハリエット・ヴァンゲルについての謎を解明してほしいというもの。つまり、
 誰がハリエットを殺した?

amazon:レッド・ツェッペリンIII  タイトルクレジットは黒の海。粘り着くように流れ、沸き立ち、砕け、様々な形を成す。それらは形が崩れ、溶けては新たな形を成し、変容して境界が定かではなくなり、その中から忌み子として抑圧され、快楽を伴って抱かれ、憎まれ疎まれ蔑まれて生きてきた魂が浮かび上がる。
 本作は"境界"の物語である。

 スウェーデン映画でハリウッドリメイクされ、このブログでも取り上げた作品といえば、ストックホルム郊外を舞台にした吸血鬼譚の「ぼくのエリ 200歳の少女」がある。この作品は舞台をニューメキシコに変えた「モールス」に生まれ変わった。このリメイクではまさにハリウッド流の改変が施されて、曰く云いがたい感想を持ったものだ。
 本作はハリウッドリメイクされることが早くから決定していたこともあって、デヴィッド・フィンチャー版「ドラゴン・タトゥーの女」への期待は高かった。オリジナルを観た映画ファンは、物語がどのように展開し結末がどうなるのかを知っている。だから、物語の顛末を愉しむというより、デヴィッド・フィンチャーがどう料理するのかを味わうために映画館に足を運ぶのだろう。少なくとも私はそうだ。
 オリジナルのミカエルはいかにもくたびれた中年男で、昔ながらの取材方法ならお手のものだが最新機器の取り扱い、所謂"微妙な"(つまりは、違法な)範囲の操作はてんで不案内で、また、体力の衰えも否めないといった有り様。ヘンリックの依頼を成し遂げるには単独での調査に限界があるということでリスベットが必要になったわけだ。仮にミカエルがひとりで何でもこなせるのであれば、彼が単独で真相を追ったはず。ミカエルに足らない部分をリスベットが補うことで真相解明は大きく前進する。このことからわかるように、本作は見た目とは違って実はバディ(相棒)映画でもあるのだ。

 取材対象の"境界"を飛び越えてその懐に入り込み、目的とする情報を探り出し、広く世間に伝えるのを生業としてきたミカエルは、そもそもがマージナルな存在だったのだが、その高すぎる名声と年齢を重ねたことによる社会規範への従属が彼自身に"境界"を作らせてしまった。知らず"境界"の内側に身を置いた者は、"境界"の内と外というものに対する感度が鈍くなる。ミカエルも例に洩れず、そこをヴェンネルストレムに突かれた。
 ミカエルが一般的な社会人として身にまとわざるを得なかった"境界"や、一般常識も法も性別も何もかも、子どもと大人との境目さえも未分化なリスベットならば軽々と侵入できる。違法なハッキングもやすやすとやってのける。それは調査上必要であろうとなかろうと、リスベットの気の向くままに為される。その行為に善や悪といった価値基準は必要ないし、彼女にその認識はない。リスベットこそ真にマージナルな存在なのだ。
 こうして"境界"を侵す者が集い、目指すはスウェーデン国内最大の同族企業、ヴァンゲル社創業者一族の深奥だ。そこにはどんな真相が眠っているのか? ひとりの少女が消えたことにはどんな事情があったのか?

amazon:[DVD] ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム完全版  本作のリスベットはオリジナルより洗練されている印象を受けた。潤沢な製作予算が映像を漂白して、汚れも何もきれいさっぱり洗い流してしまったかのようだ。これは舞台を覆う雪の白を強調する意図があったように思われる。敷地の内も外も関係なく降り積もる雪。"境界"を無化する力と意図。
 オリジナルのリスベットが全身から発散していた猥雑さがリメイク版で感じられないのは、人としての生々しさを監督が嫌ったのだろうか。黒で武装しつつも雪のような白さがリスベットの本質だと感じた。
 とにかくもルーニー・マーラは時にかわいらしいとさえ云えるリスベットを熱演し、架空の人物に血肉を与えた。
 一方でミカエルを演じるのはダニエル・クレイグだ。その代表作から彼にジェームズ・ボンドのイメージを重ね合わせる向きは少なくないだろう。ジェームズ・ボンドに限らず、ダニエル・クレイグが演じる役柄は力強いイメージがある。このブログでも取り上げた「カウボーイ&エイリアン」でも、彼がハリソン・フォードを脇に追いやってまで演じたのは、「記憶喪失がなんぼのモンじゃい!」と大暴れする、なんだかんだで宇宙人をブッ殺せるくらい強いヒーロー。だからこのキャスティングを知ったとき、その強いイメージを想起してミスキャストではないかと思ったものだ。
 ミカエルは"境界"の線引きに失敗した男であり、オリジナルでは自らの管理に失敗したことを体現するような中年太りをした男性だ。そんな人物であるはずのミカエル・ブルムクヴィストを演じるのがダニエル・クレイグとあっては、どれほどダンディなオジサマが登場するのか心配だった。
 私の心配は杞憂に終わり、ダニエル・クレイグ演じるミカエル・ブルムクヴィストは相応に年齢を重ねて、相応にくたびれて、相応に脅えたり失敗したりする。娘と意思疎通できなくて老眼鏡の世話になって、若い娘とのセックスに燃え上がって、これらに加えて同僚との不義密通をやめられなくて。うん、マッチョな強さは感じられない。いやはや見事な配役ではないか。
 また、大ベテランのクリストファー・プラマーがヘンリック・ヴァンゲルを演じている。彼の出演作品についてこのブログでは「プリースト」と「インサイド・マン」を扱っている。特に「インサイド・マン」では、強盗に入られたマンハッタン信託銀行をはじめ巨大なグループ企業を抱えるアーサー・ケイスを演じて、財界の巨人たる凄みを見せてくれた。本作では滅びとともにある一族のなかで希望を諦めない、弱さと強さの同居した老翁の姿を見せている。その存在感は見事である。
 また、マルティン・ヴァンゲル役のステラン・スカルスガルドは、「マイティ・ソー」でエリック・セルヴィグ博士を演じている。ナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターの指導教授であり、ソーを厄介者扱いしつつもバーで飲み比べをして友好を深める、本質的に気の良い科学者を好演。エリック・セルヴィグ役は公開の待たれる「アベンジャーズ」でも演じるようだ。

amazon:[文庫] ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)  調査を続けるなかでいっかな光明の見えないミカエルに福音を齎したのは娘だった。敬虔なカトリック信者であるペニラが父親に与えたのは、ハリエットの残した暗号を解明するヒントだ。これによって過去の幾つかの殺人事件が聖書の文言に見立てた儀式殺人であり、同時に連続殺人でもあることが判明し、事はハリエットの一件に収まらなくなる。
 事件の拡大によってミカエルひとりの調査能力では事態に対応できなくなり、ここに至ってようやくリスベットがミカエルと行動をともにするようになる。二人が各々別々に動く前半は、それはそれで無駄でも何でもないのだけれど、展開が鈍くて退屈に感じるかもしれない。事件関係者が多くてしかも親族ばかりで、ただでさえ相関図を頭に思い描きにくいというのに、焦点がぼやけてしまって観客としても集中力に欠けてしまう嫌いがある。
 そのかわりミカエルとリスベットのコンビが機能するようになると、心地好いくらいにテンポよく話が進む。リスベットが情報を収集し、集められた情報からミカエルが推理を組み立てる。ミカエルの現在の弱点である情報収集は、"境界"を越えることに躊躇いのないリスベットが担うことで解消している。
 情報を集めて整理する能力の高いリスベットは、事実を一つひとつ積み上げてゆくことで真相に辿り着く秀才タイプだ。使用するツールが彼女を安楽椅子型の探偵に見せているかもしれないが、むしろコツコツ歩き回って証拠や証言を拾ってゆくタイプと云える。膨大な資料の山から物語を読み取ることはできても、論理の大いなる飛翔まではできないかもしれない。むしろ閃きから真相へと辿り着くのはミカエルだ。長年「事実」から「記事」を紡いできた彼の領分と云えよう。このような特性の違いから、この二人が組むことに意味がある。相互に足りない部分を補い合って、情報の処理という点で最高のユニットがここに生まれた。
 つまり、ミカエルとリスベットを出会わせたなら、これは真相解明まで一直線なのだ。だから、序盤で縁を結んだ二人が実際に相棒となるまでに時間がかかったのだ。依頼を受けて早々にミカエルとリスベットが出会っていたら、事件の真相はもっとずっと早期に解明されたことだろう。それでは「ドラゴン・タトゥーの女」の物語にはならない。
 本作はあくまでも「龍の刺青」を背負った女、リスベット・サランデルを描いた物語なのだ。それを証明するかのように、終盤はリスベットの独壇場だったではないか。

amazon:[Blu-ray] 【Amazon限定】ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション スチールブック (2枚組)  前述したように本作は"境界"を描いている。ヴァンゲルの家の"境界"は創業から百二十年をかけて確立された堅固なものとして目に映ったが、実際は内部で腐敗が起こって内圧は高まり、それが影響を及ぼしたかのように家業の凋落は目に見えて進んでいた。ヴァンゲル王国の崩壊を前にヘンリックが引導を渡したかったのも宜なるかな。崩壊はあの日に決定的となったのだから。
 連続殺人鬼は"境界"の内部でしか活動し得ず、自らの信条の範囲でしか物事を捉えられない。それは人間の行動指針として当たり前なのだけれども、外へと踏み出したにせよ内にと踏み入れたにせよ、ヴァンゲルという"境界"そのものに苦しめられた事実から逃れられてはいない。ヴァンゲルの"境界"から逃れるには、過去の頚木から自由になるには、覚悟をもってあの橋を渡って出て行かなければならない。幾重にも張り巡らされた"境界"の中心から外へ向かって踏み出す一歩、それが橋を渡ることだ。
 それをできた数少ない人物のひとりが長き不在から帰還を果たす。
 長く外敵と戦うことのなかった連続殺人鬼にとって、"境界"を侵して領域に入り込んだ異人との闘争のときが来た。これは当然だ。攻められる心配のない"境界"の内側にいて、その頂点に安穏と居座り続けたのだから。ようやくツケを払うときが来たのだ。
 戦いのイニシアチブを握っていたはずが奇襲をかけられ、敗走する先は"境界"の向こう側。"境界"の内側、ヴァンゲルの庇護下にあって覚悟なき人生を送ってきた人間が、清算を完遂せずに逃げ出そうなんて虫が良すぎやしないか。それ相応の報いを受けてもらわなければ平仄が合わない。

amazon:[文庫] ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)  オリジナルと比較するばかりが能ではないけれど気になったことが。ヴァンゲル一族の闇については何かしらの配慮があったものか、ある作中人物のナチスを礼賛する言動がオリジナルより薄まっているような。この点が作品の出来を即ち左右するものではないけど、一方の連続殺人鬼の動機はナチスの一部の思想と骨絡みであったはずなのに、これが等閑にされては謎解きとして片手落ちになり、ミステリとして完成度が落ちるのではないか。ミステリ好きとしてはそれが勿体ない。
 また、ミステリという観点で本作を語ると、物語の芯となる謎が変化球となっているのが大きな特徴だ。謎を解くのに幾何の問題に関数の解法で臨むようなものであり、だから公正さを感じない向きもいるだろう。私は変化球大好きなのでむしろ大喜びなのだけれど。
 ハリエットの真相について本作は大きく改変を施しているが、私はこの改変を気に入っている。詐術にしては長い期間通用するものではないように思われるが、ここまで述べてきた"境界"ということを強く意識すると、その外へ出られなかったヴァンゲル一族の本質をアニタもまた見極めていたことに気付く。若い魂は"境界"の外へと目を向けていたことに、たとえ人生を全うできなくともそこに救いがあると思うのだ。
 ちなみに、依頼完遂の報酬としてヘンリックがミカエルに譲った書類一切が、今となってはヴェンネルストレムに破滅を齎すに値しない代物だったのは当然だ。ヘンリックはハリエットの失踪から四十年もの間、"境界"の内側にいたのだ。彼もまた"境界"から出られずに"境界"に護られて生き長らえていた。"境界"とその外の世界とは時間の流れが異なっていたのだ。否、ハリエットが姿を消してからというもの、ヘンリックの時間は止まっていたようなものだ。だから、今更な代物にヴェンネルストレムを破滅させるほどの効力があると信じている。畢竟、ヘンリックもまたヴァンゲルの人間なのだ。

 さて、"境界"ということを中心に語ってきた本作だが、最後は"境界"に生きるリスベットに焦点を当てたい。
 リスベットが他者の"境界"を恣意的にか侵犯するのに対して、ミカエルは今ひとつ踏み込みが浅いように思われる。だからといって安易にリスベットの"境界"を侵犯しようとして卑劣な手を用いたニルス・ビュルマン弁護士を真似ても、その結果は悲惨の二文字。ニルスはその不心得によって体と心に大きな傷を負ってしまった。
 ニルスとは違ってリスベットの"境界"を暴力で侵犯せず、公正に友好的に関係を持とうとするミカエルに、今度はリスベットが二人で固有の"境界"を作ろうと働きかける。しかしこれは報われない。報われるわけがない。
 リスベットは"境界"の内と外を行き来する存在だ。真にマージナルな彼女が居場所を定めるなんてあり得ない。それが彼女自身の幸福を齎さないのだとしても、リスベット・サランデルは心落ち着けることなく世界を漂っていなければならない。彼女は酷く哀しい存在なのだ。
 後見人のニルスやホルゲル・パルムグレン、そしてミカエル。リスベットが年嵩の男性に対して抱く思いは複雑だ。これは父親に起因するのだが、オリジナルにはあった放火の場面がなくなっている。これは製作が予定されている第二部で描かれるのだろう。
 ダニエル・クレイグが「ミレニアム」三部作へ出演する契約を結んだそうだが、第二部以降の詳細については知らない。でも、本作を観たからには大いに期待してしまうじゃないか。ホント、今から楽しみだよ。

我思う故に我あり | HOME | 我慢大会

Comments:2

tenmama 2012年2月19日 19:00

原作は読みました。三部作の一作だけですが…とても面白かった印象ですので機会があれば全部目を通したいなあと思っております。

映画、原作と違う内容なのですか??いつか観たいです。最近うちで観た最後のDVDは「ヒックとドラゴン」です。ちなみにトトロは毎日観ています…完全に飽き飽きしてます。(私は)

サテヒデオ 2012年2月19日 22:09

tenmama様
 コメントありがとうございます。
 原作小説は未読です。ミステリはパズル型のそれを好みますので、その傾向から外れる「ミレニアム」シリーズは読んでないのです。だから原作と映画化作品との違いがわからないです。本作は登場人物、特にヴァンゲル一族についての説明が淡白だったので、きっと省略は為されているでしょう。ま、仕方ないですけど。
 本作についてはモザイクがアホのようにデカイので、モザイク恐怖症の人にはオススメできません。
「ヒックとドラゴン」はイイですね。廉価版が出たようなのでBlu-rayソフトを購入しようかと考えているところです。ちなみに「となりのトトロ」は最初から最後まで通して観たことはないです。縁がなかったのかなあ。

Comment Form

Trackbacks:36

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/101
Listed below are links to weblogs that reference
頸木の橋 from MESCALINE DRIVE
ドラゴンタトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo from LOVE Cinemas 調布 2012-02-11 (土) 02:15
スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー小説「ミレニアム」シリーズ。既にスウェーデンで映画化されているが、それをハリウッドの人気監督『ソーシ...
久々の猟奇殺人モノ from 笑う学生の生活 2012-02-11 (土) 08:52
30日のこと、映画「ドラゴン・タトゥーの女」を鑑賞しました。 試写会にて デビッド・フィンチャー監督 最近のドラマ系も良いけど 久々のサスペンス、ミス...
ドラゴン・タトゥーの女 from 象のロケット 2012-02-11 (土) 14:35
スウェーデン・ストックホルム。 雑誌「ミレニアム」に財界汚職事件の告発記事を書いたジャーナリストのミカエルは、名誉棄損で訴えられて敗訴し現在休職中。 彼は...
ドラゴン・タトゥーの女 the girl with dragon tatto from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver 2012-02-11 (土) 17:22
スウェーデンの作家スティーヴン・ラーソンの世界的ベストセラー「ミレニアム」シリーズ三部作の1作目「ミレニアム1ドラゴン・タトゥーの女」を、デヴィッド・フィ...
ドラゴン・タトゥーの女 from Akira's VOICE 2012-02-11 (土) 17:50
劇的は薄めだが,タイトルロールの女性が濃い味。  
ドラゴン・タトゥーの女 from 新・映画鑑賞★日記・・・ 2012-02-11 (土) 22:18
【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】 2012/02/10公開 アメリカ R15+ 158分監督:デヴィッド・フィンチャ...
ドラゴン・タトゥーの女 from あーうぃ だにぇっと 2012-02-11 (土) 23:20
ドラゴン・タトゥーの女@東京国際フォーラム
ドラゴン・タトゥーの女 from だらだら無気力ブログ! 2012-02-12 (日) 00:13
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。
「ドラゴン・タトゥーの女」ダークで重い…、見応え感ズッシリ。 from シネマ親父の“日々是妄言” 2012-02-12 (日) 01:06
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード  スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「...
「ドラゴン・タトゥーの女」レビュー from 映画レビュー トラックバックセンター 2012-02-12 (日) 03:04
映画「ドラゴン・タトゥーの女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2011年/アメリカ *出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、...
『ドラゴン・タトゥーの女』 スウェーデン版との違いはココだ! from 映画のブログ 2012-02-12 (日) 03:58
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチ...
[映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 2012-02-12 (日) 16:00
☆スウェーデン映画のリメイク作だそうだが、それらの作品は都内でしかやっていなかったので、多摩地区で保護観察下にあり、後見人に虐待されている私には観に行くこ...
「ドラゴン・タトゥーの女」The Girl With The Dragon Tatoo (2011 SONY) from 事務職員へのこの1冊 2012-02-12 (日) 19:01
ナレーションなしの予告編にもぶっ飛んだが、本篇のオープニングもすごい。ツェッペリ
「ドラゴン・タトゥーの女」 from 或る日の出来事 2012-02-12 (日) 22:33
フィンチャー節、堪能しました!
ドラゴン・タトゥーの女 from 青いblog 2012-02-13 (月) 22:56
解説 英題:    THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 製作年: &...
【映画】ドラゴンタトゥーの女 from 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 2012-02-14 (火) 12:57
JUGEMテーマ:洋画  本作品は原作があるみたいですが、 宣伝からして面白そうなのと アカデミー賞にノミネートされた ルーニー・マ...
『ドラゴン・タトゥーの女』 ('12初鑑賞18・劇場) from みはいる・BのB 2012-02-14 (火) 21:46
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月11日(祝・土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:05の回を鑑賞。
映画「ドラゴン・タトゥーの女」感想 from タナウツネット雑記ブログ 2012-02-15 (水) 02:15
映画「ドラゴン・タトゥーの女」観に行ってきました。 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説「ミレニアム」三部作のうち、同名タイトル...
ドラゴン・タトゥーの女 ルーニー・マーラの演技に尽きるでしょ! from 労組書記長社労士のブログ 2012-02-16 (木) 13:55
【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られ...
『ドラゴン・タトゥーの女』 from 京の昼寝〜♪ 2012-02-17 (金) 08:31
□作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソ...
ドラゴン・タトゥーの女☆誰がハリエットを殺した? from ☆お気楽♪電影生活☆ 2012-02-17 (金) 17:20
   Evil shall with be expelled.
デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 from 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 2012-02-18 (土) 10:50
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ〜、もう絶対観たい! そう思って...
「ドラゴン・タトゥーの女」感想 from 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ 2012-02-18 (土) 11:05
 本国スウェーデンはもとより、世界各国でカリスマ的人気を誇るスティーグ・ラーソンの推理小説を、鬼才・デヴィット・フィンチャー監督でハリウッド映画化。  ...
ドラゴン・タトゥーの女 from 悠雅的生活 2012-02-18 (土) 21:47
押し花。封鎖された橋。室内禁煙。
映画「ドラゴン・タトゥーの女」オリジナルを見ていても楽しめるフィンチャー 版 from soramove 2012-02-19 (日) 10:57
「ドラゴン・タトゥーの女」★★★★ ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、 クリストファー・プラマー出演 デヴィッド・フィンチャー 監督、 158分、2...
ドラゴン・タトゥーの女 from 映画 K'z films 2 2012-02-21 (火) 22:32
Data原題THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO原作スティーグ・ラーソン監督デヴィッド・フィンチャー出演ダニエル・クレイグ ル...
シネトーク101『ドラゴン・タトゥーの女』●もっとフィンチャーの毒を期待したのだが・・・・ from ブルーレイ&シネマ一直線 2012-02-22 (水) 02:34
映画が元気のミナモト! てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「静かなシーンの時にお腹がなるとすっご...
ドラゴン・タトゥーの女 (The Girl with the Dragon Tattoo) from Subterranean サブタレイニアン 2012-02-26 (日) 16:28
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非...
ドラゴン・タトゥーの女 from 映画、言いたい放題! 2012-02-27 (月) 02:41
ブログネタ:早くあたたかくなってほしいよね? 参加中 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 」が面白かったので、 実はすぐ、続編の2,3も...
モザイクw 【映画】ドラゴン・タトゥーの女 from B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら 2012-02-28 (火) 23:03
【映画】ドラゴン・タトゥーの女 『ミレニアム』3部作として映画にもなった スウェーデンのベストセラー小説を映画化。 【あらすじ】 月刊...
12★ドラゴン・タトゥーの女 from レザボアCATs 2012-03-02 (金) 14:07
’11年、アメリカ 原題:The Girl with the Dragon Tatoo 監督: デビッド・フィンチャー 脚本: スティーブン・ザイリアン ...
ドラゴン・タトゥーの女 from 映画とライトノベルな日常自販機 2012-03-12 (月) 12:27
★★★★★“陰鬱でショッキングなストーリーとダークなヒロインの魅力にどんどん惹かれます” この映画は2時間40分とこのごろの映画としては長めですが、途切れ...
映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観て from kintyre's Diary 新館 2012-04-24 (火) 14:32
12-13.ドラゴン・タトゥーの女■原題:The Girl With The Dragon Tattoo■製作年・国:2011年、アメリカ・スウェーデン・...
映画:ドラゴン・タトゥーの女 from よしなしごと 2012-05-29 (火) 00:31
 予告編がめっちゃおもしろそうで、とても楽しみにしていた映画の1つ、ドラゴン・タトゥーの女の記事です。
ドラゴン・タトゥーの女 from いやいやえん 2012-06-26 (火) 11:04
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク。 話の顛末は面白いことも含めてわかっているので割愛。OPから音楽と映像が非常にクール。 ミカ...
ドラゴン・タトゥーの女 : これぞサスペンス from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- 2012-12-21 (金) 15:24
 昨日は、ワーナー・マイカル・シネマズに行きましたが、2月上映分の半券持参で1,000円で映画が観れるキャンペーンが13日から始まるみたいです。今月は、た...

Home > 頸木の橋

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top