木の葉を隠すなら? | HOME | バチェラー・ガール

疾風のように現れて、疾風のように去ってゆく!

amazon:[Blu-ray] インサイド・マン 「インサイド・マン」を観た。
 スパイク・リー監督作品。クレジットで最初に名前が挙がる俳優はデンゼル・ワシントン。確かに銀行内に引きこもってしまう犯人役のクライヴ・オーウェンと比較しても、彼が演じる刑事は事件解決に奔走して、よっぽど活動的と云えよう。しかし、物語を支配するのはクライヴ・オーウェン演じる強盗団のリーダーだ。彼らの他にウィレム・デフォーとジョディ・フォスターがキャストに名を連ねて、派手さこそないものの実に隙のない作品ができあがった。
 本作の基本アイディアは、実際に起こった事件から得ているとのこと。実際の事件は本作のように劇的な展開を見せないし、そもそもは銀行強盗事件ではないけれど、それだけに脚色を施してここまでの作品に仕上げたスパイク・リーには心の底から敬意を払う。ホント、たいしたもんだ。

 狭い空間にひとり籠もって、ダルトン・ラッセルが独白する。自分たちが成功させた銀行強盗事件について。
 1948年開業、ニューヨークは下町のマンハッタン信託銀行32番支店を強盗が襲う。塗装工に扮した四人組は、銀行内の人間を集めて携帯電話と鍵を没収。男女ともに全員をジャンプスーツに着替えさせ覆面をさせる。暴力も辞さない犯人グループに人質は脅え、唯々諾々とその指示に従う。
 14万ドルの小切手を着服したと疑われ、内勤に回されたニューヨーク市警のキース・フレイジャー刑事は、マンハッタン信託銀行で起きている強盗事件の担当を任されて名誉挽回とばかりに勇んで出陣する。
 アーサー・ケイスは自分の事業の礎となった銀行に強盗が入ったとの報告を受け、対策の必要に迫られる。選りにも選ってあの支店が狙われるとは!
 辣腕弁護士で鳴らすマデリーン・ホワイトは、アーサー・ケイスからの電話を受け取る。あのアーサー・ケイスが直々に電話をかけてきたのだ! この依頼は絶対に成功させなければならない。
 かくしてそれぞれの人生にとってのターニングポイントとなる長い一日が始まる。

amazon:[Blu-ray] 狼たちの午後  まず最初に云いたいのは、人質をとっての籠城なんていうのは、そんな状況に陥った時点で計画は破綻してしまっているということ。たとえば銀行を襲撃する場合、金を奪ったら一秒でも早くその場を立ち去るべきだ。警察が到着する前に逃げられなければ敗北は必至。組織力に勝る警察に正面から勝負を挑んで勝てる見込みはない。建物を包囲されて主要道路に検問所を置かれるだけでも、状況は著しく不利になるというものだ。警察に負けないようにするには、警察が到着する前に逃げ切ること。つまりは勝ち逃げするしかない。真っ向勝負は絶対に避けなければならない。
 だから籠城事件というのは、計画実行における不首尾が招いた状況を意味している。警察とまともに向き合うような極限状況を計画に組み込むものではない。不利になることを承知で計画を立てるなんて常軌を逸している。もっとも、逮捕されるのが目的であれば話は別だけれども。
 籠城に至る理由は様々あれど、そういう状況に陥ったのはそもそもが実行不可能な計画を遂行しようとしたのかもしれない。実行するには不確定要素に満ちた、計画と呼ぶには穴だらけのものを完璧な計画と思い込んだのかも。あるいは実行において不手際があったのかもしれない。
 いずれにせよ、計画にない籠城をせざるを得ない時点で、その犯行は失敗しているのだ。
 いや、籠城となったところで状況は悪くなってはいないと考える向きもあろう。なぜなら人質の存在があるからだ。人質を盾に取って要求を飲ませるというのはどうか?
 甘い!
 人質なんてものは存在自体が不確定要素の塊だ。交渉を有利に進めるためのカードとして使えると思っていたら大間違い。対応を間違えると警察の強硬手段を呼びこんでしまう。たとえ不可抗力であっても、ひとりでも人質を死なせるようなことがあれば、その事実が特殊急襲部隊の突入を招く。
 人質をとってしまったが最後、彼らの世話に追われてしまう。当初の目的を達成するなんて夢のまた夢。無事に逃げ出すことができれば御の字だ。
 だから本作には驚いた。人質ありきの籠城計画という点が破格。籠城するということはつまり、警察との交渉が計画立案の時点で織り込み済みなのだ。わざわざ警察と渡り合おうなんて考えるのが、ただの銀行強盗であるはずがない。

 人質籠城事件の犯人にとって人質とは交渉のカードというより生命線である。万が一にも死なせてしまったら、それがたとえ持病の心臓発作であっても、警察による強行突入を呼び込む契機となる。「犯人は残忍にも治療の機会を与えず、あたら死なずにすむ命を犠牲にした。このままでは犠牲者は増えるばかり。これ以上、犠牲者を出さないために強行突入もやむなし」という大義名分を警察に与えてしまう。
 それでなくとも極限状態に置かれて心身ともに疲弊している。これは人質は勿論のこと、犯人も同じような状態にある。
 警察は犯人との交渉に前向きな姿勢を見せるも、なんだかんだと時間稼ぎをしてその間に籠城現場の内部状況を把握しようと努める。食料や水の供給を提案し、犯人から「Yes」の言葉を引き出させる。こうして交渉のイニシアチブを徐々に握る一方で、犯人に食事をとらせることで彼もしくは彼らの緊張をゆるめる。
 犯人が複数ならば、グループ内に不協和音を生じさせる。内憂外患。ただでさえ神経を疲弊させているというのに、それに加えて仲間割れが起きてしまったら、果たして籠城を続けられるだろうか?
 こうして犯人の犯行継続の決意を鈍らせ、粘り強い交渉を重ねて人質を随時解放させる。解放された人質からは事件発生からの事情を聴取し、内部の状況把握を進める。交渉を続けるなかで犯人を説得し、投降にもってゆけたら万々歳。よしんば強行突入となったところで、それまでに準備をととのえて訓練を重ねた特殊急襲部隊が万全を期して乗り込んでくる。
 たとえばバスジャックがあったとする。この場合、ジャックされたバスと同型のものを実際に用意し、これで突入の訓練を繰り返す。解放された人質があれば内部の様子を聴取し、標的となる犯人の人数や外見上の特徴は勿論のこと、犯人の素性や背景を正しくつかむことは、犯人の行動を予測する上で有益である。素早く確実に制圧するために突入準備に遺漏があってはならない。
 訓練を積み重ね、場数を踏んでいる特殊急襲部隊と、長時間の緊張を強いられて疲弊しきっている犯人とでは、精神状態から大きな差が生じている。各自の行動目標が定まっている特殊急襲部隊と、何の用意もしていなければ覚悟も決まってない犯人とでは、咄嗟の行動に違いが表れる。
 そもそも、人数にしても装備にしても犯罪者が警察に勝ることは考えにくい。籠城が夜まで続けば、当該の建物への送電を止めることもできる。暗闇に落ちた空間のなか、犯人は状況を正しく把握することができるだろうか? まさか暗視スコープを用意してないだろう。夜目がきくとしても限度はあり、また、そういうことならば閃光弾で目を眩ませるという選択肢もある。経験も装備もマンパワーも警察の攻め手は豊富なのだ。
 どのような結末になるにせよ、単純に攻撃力の差を考えると、犯人が複数名であろうとも警察が制圧できないということはあり得ない。警察の強行突入に二の足を踏ませているのは人質の存在だが、だからといって彼らを絶対の保険と捉えるようでは認識が甘すぎる。人質を無事に解放するのが警察の完全勝利だが、必ずしもその結果ばかりを求めるわけではないのだ。
 これが人質とともに籠城するのでなければ話は別だ。たとえば営利誘拐は人質と居所をともにしたとしても、それがどこだか不明であるため、生殺与奪は犯人の思うまま。たとえば人工密集地に爆弾を仕掛けたとして、どこに仕掛けられたか不明であるため、爆発時にどれだけの人間がその場に居合わせて巻き込まれるかわからない。いずれの場合も、犯人は姿を見せることなく交渉を進められる。危険があるとするならば、それは身代金の受け渡しである。ここで如何にリスクを減らすことができるか、実に頭を悩ますところである。
 だから、特定の場所に自ら出向かなければならない強盗という犯罪行為は、逃走の成功こそを第一に考えなければならないのだ。それには嵐のように現れて嵐のように去るのが最も正しい。云うなれば電撃作戦である。これはまさに時間との勝負だ。

 ダルトンと彼の強盗団は、まず監視カメラを殺した。そして、人質全員に着替えをさせた。銀行強盗といえば定石の、発砲しつつの「金を出せ!」ではなく、銀行員に大金庫を開けさせるでもない。彼らは人質の統制こそを第一に優先した。
 つまり、彼らは最初から人質をとって籠城するつもりだったのだ。このことは人質全員に行き渡るように着替えを用意していたことからもわかる。
 時間が勝負の強盗行為だというのに、そんな不文律を嘲笑うようなダルトンの計画。籠城するのはよいけれども、どのようにして脱出するのか?
 そもそも何を狙ってマンハッタン信託銀行32番支店を襲ったのか?
 なぜマンハッタン信託銀行32番支店なのか?
 謎は深まるばかり。

 さて、「インサイド・マン」を取り上げる記事だというのに、作品の内容に全然触れていない。これは何かというと、呆れるほどに長い前置きである。
 いやホント、長いッ! 自分でもびっくりの分量。
 人質をとっての籠城の意味を考えていたら、こんなに長くなってしまった。一回分の記事に相当する分量になってしまったので、これでひとつの記事ということにしてしまおう。
 というわけで、次回こそ「インサイド・マン」の内容に取りかかる。この素晴らしい犯罪芸術をじっくりと語りたい。

木の葉を隠すなら? | HOME | バチェラー・ガール

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:2

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/96
Listed below are links to weblogs that reference
疾風のように現れて、疾風のように去ってゆく! from MESCALINE DRIVE
インサイド・マン from 象のロケット 2012-01-29 (日) 20:05
マンハッタン信託銀行で強盗事件が発生。 犯人グループのリーダー、ダルトン・ラッセルは人質全員に自分たちと同じ格好をさせる。 警察側の交渉人は、14万ドルの...
インサイドマン from 映画に耽溺 2014-06-25 (水) 21:26
スパイク・リーといえば、ごっりごりの人種差別撤廃主義者で有名な監督ざます。それはもう徹底していてさあ。インタビューだって同じ黒人・・・・いや、アフリカ系ア...

Home > 疾風のように現れて、疾風のように去ってゆく!

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top