お先真っ暗 | HOME | 野良犬の群れ

かじかむ手から零れる言葉

 本格的に寒くなった。もう冬、完全に冬。
 私はブログ記事等の草稿を携帯電話を使って練る。メール機能を利用しているので、書き上げたものをそのままパソコンに送ることができる。私にとって携帯電話は主にこういう意味合いを持つもので、だから大変に重宝しているのだけれど、この季節は辛いものがある。
 この寒い季節、屋内はともかく屋外で文面を打っていると、手がかじかんでうまく綴れないのだ。携帯電話の操作だけは左手でこなすのだけど、このときばかりは働き者の左手親指が寒冷地手当ての要求をちらつかせるが如く思ったようにキーを打ってくれない。隣のキーを押したり正しいキーでも一回多く押したりで、何度も打ち直す。そのたびに微少なストレスを感じる。
 手袋をしてはどうか? そうすると今度は指先の違和感がストレスになる。ままならないねえ。
 携帯電話で草稿を練るスタイルを変えないかぎり、冬に操作で苦しむのは避けられないだろう。
 でも、長いことこの方法をとっているからなあ。今更、他の方法というのもなあ。

 そもそも歩きながらメール打つのをやめればいいだけなのだけれども。
 歩きながら携帯電話を操作するのはいけないこととは知りながら、でもやめられない。歩いているとそのリズムが影響するのか、文章が浮かんでくるんだよね。

お先真っ暗 | HOME | 野良犬の群れ

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/83
Listed below are links to weblogs that reference
かじかむ手から零れる言葉 from MESCALINE DRIVE

Home > かじかむ手から零れる言葉

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top