嘆きのボイン | HOME | 1971年の赤毛連盟

世代交代

 巷ではiPhone4sがどうだの、auとソフトバンクの抗争がどうだの、スマートフォン界隈が喧しいようだけど、そんなお祭り騒ぎなんか関係ないもんね。従量課金制になるかどうかもわからないうちから回避してやった! これを勇気ある撤退と呼ぶべきではないだろうか?
 今、ヘタレと呼んだのは誰だ!

 携帯電話の機種変更をしてから一ヶ月。それまで使っていたものは手元にある。随分と古い機種だし、来年の夏には使えなくなるしで、きっと売れないだろう。
 捨てるにしても分別するのが面倒臭い。そもそも分別するにしても、どう分別するのが正しいのかわからない。
 また、microSDカードを差し替えればまだ携帯電話として使えるということなので、どうにも勿体なく感じられる。まだ使えるという事実が、捨てることへの心理的抵抗になっている。

 通信機器として今でも使えるとは云うものの、現状で事足りているのにわざわざ古い機種を使う理由が見当たらない。わざわざmicroSDカードを差し替えるのが面倒臭い。
 かくしてロートルは窓際に追いやられて、目覚まし時計として活躍している。

 アラームを止めたり時刻をセットしたりする際、当然のように手にとって操作するのだが、あまりの違和感に驚く。機種変更するまでは手に馴染んでいたものが、たった一ヶ月という短い期間で、随分とよそよそしく感じられるようになった。こんなに寸足らずで分厚くて重かったか? ホントにこれを使っていたのか?
 買ったばかりの頃は操作方法の些細な違いに苛々していた現行機種だが、今や使い込んできたもののように感じられる。
 こうして物事は流転してゆくのだな、いわゆる「もののあはれ」ってやつだな。ちょっと感慨。かなり感傷。
 秋のメランコリック・スープレックス!

嘆きのボイン | HOME | 1971年の赤毛連盟

Comments:2

omune 2011年10月26日 01:48

 こんばんは。

 従量課金制になったら、いったいどういう事になるのでしょうね。携帯にしてもスマートフォンにしても、アプリのあり方そのものを考え直さなくてはいけなくなるのではないでしょうか。

 少し前によんどころない事情で携帯を契約しなおしたのですが、私は今のうちに楽しんでおこうとスマフォに首を突っ込んでしまいました。なにより、皆さんのブログを電車で読むのが楽になったのが自分的には大きいです。

 私の部屋にも歴代の携帯がごろごろしております。そして、やはり先日まで使っていた携帯は、便利な携帯目覚まし時計として活躍(?)しております。設定方法に慣れているので、失敗する心配をしなくてすむんですよね。

サテヒデオ 2011年10月26日 21:27

 コメントしていただきましてありがとうございます。
 個人的には従量課金制になったところであまり影響ないんですよ。何らのアプリケーションも使ってないので。専らメール機能を使うのみ。ブログ記事の草稿を練って、そのまま自分のパソコンに送るだけなのです。これは前まで使っていた携帯電話も同じ。一度として使用されなかった機能もあるに違いありません。これまでも、これからも。
 一年二年はすぐに過ぎて、携帯端末の仕様も大幅に変わることでしょうから、次こそは最新型のものを買うつもりです。きっと。たぶん。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/57
Listed below are links to weblogs that reference
世代交代 from MESCALINE DRIVE

Home > 世代交代

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top