たらいまわし | HOME | 忘れられた約束

星条旗よ永遠なれ

 2011年10月4日、有楽町のよみうりホールの試写会で、「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」2D字幕版を観た。
「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」公式サイト  アメリカンコミックを代表する出版社にDCコミックとMarvelコミックがある。そしてそのどちらにもアメリカ合衆国の国旗、星条旗を模したカラーリングのコスチュームを身にまとうヒーローがいる。DCコミックにスーパーマンが、Marvelコミックにはキャプテン・アメリカが。
 全身で"アメリカの正義"を主張する二人だが、それだけにその行動には制限が付きまとう。強大な力を持つが故に、それを用いるには相応の理由が必要とされる。その行為は正義に基づいているのか? 私的な暴力、ヴィジランティズムなのではないか? その行動は公人のものとして常に監視され、是非を問われる。彼らは清廉潔白、公正であることが求められる。
 本作は、"アメリカの正義"の体現を強いられる男の物語だ。

 1941年、第二次世界大戦のさなか、ニューヨークにその青年はいた。スティーブ・ロジャースはもやしっ子だ。外見がひ弱というだけでなく喘息だの猩紅熱だのの既往症があり、入隊検査に落ち続けている。検査に五度不合格となり、その都度、兵士として徴用できないと告げられる。この結果に命拾いしたと喜ばないのがスティーブだ。国のために自分も戦いたいと願う。でも、もやしっ子。
 科学万博の会場内に入隊検査の窓口を見つけたスティーブは、ダブルデートの最中にまたも検査を受ける。今度こそ合格だ。絶対に諦めるものか!
 スティーブを検査したのは戦略科学部隊のアースキン博士。アースキンがスティーブに見出した素質こそ、彼と戦略科学部隊の推し進めるスーパーソルジャー計画に必要不可欠な要素だった。
 かくして、力の価値を知り、力のないことへの憐れみを知る善良な男が、アメリカ合衆国初の超人兵士となった。アースキンの研究と天才ハワード・スタークの技術とが完成させた装置は、アースキン調合による血清を被験者に注射するものだが、そのためにニューヨーク市の半分の電力を消費するという大掛かりなもの。スティーブひとりにこれだけのコストがかかる。それに見合うだけの成果は期待できるのだろうか?
amazon:【ムービー・マスターピース】 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 1/6スケールフィギュア キャプテン・アメリカ  実験終了直後、政府役人の身分で入り込んでいたヒドラのスパイがアースキンを射殺。残っていた血清を盗み出す。これを追いかけるスティーブは超人的身体能力を駆使して、捕まえることに成功する。しかし、スパイは口内に仕込んでいた青酸カリを飲んで死ぬ。
 スティーブ・ロジャースは変わった。彼の捕り物劇は報道され、その記事でヒーローとして祭り上げられた。国民的ヒーロー、「キャプテン・アメリカ」の誕生である。
 しかし、戦略科学部隊のチェスター・フィリップス大佐が求めていたのは超人兵士の師団である。たとえスティーブが超人であろうとも、たったひとりでは意味がない。戦場で必要なのはチームの力だ。
 大佐に要らないと切って捨てられたヒーロー、「キャプテン・アメリカ」を拾ったのは上院議員だった。アメリカ国民に後方支援を訴えて、国債購入のキャンペーン活動のマスコットキャラクターに「キャプテン・アメリカ」を起用したのだ。アメリカの都市をまわって国債購入を訴え、戦地に赴いて慰安劇を演じる。「キャプテン・アメリカ」はコミックの主人公になり、彼が主役の映画が上映される。国威発揚の象徴、プロパガンダのヒーロー。これがスティーブの戦争だ。
 慰安先で親友の生死が不明と知って、スティーブは決断する。親友が捕虜になっているかもしれないならば、自分が確かめる。そして生きているならば絶対に助け出す。自分は何のために軍に入隊したのだった? 敵を殺すためではない。国を守り、同胞を守るために軍人になったのだ。絶対に諦めない!
 無謀としか云えない、たったひとりの救出作戦。ここに正真正銘のヒーロー、キャプテン・アメリカが誕生した。

amazon:[Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 3Dスーパーセット スチールブック仕様  キャプテン・アメリカは、スーパーマンのような宇宙からの戦争難民ではない。アメリカ合衆国が作り上げた強化人間だ。国家が生んだヒーローだ。その正義はアメリカ合衆国の正義であり、その敵はドイツ軍であり、ナチスであり、ナチスすら凌駕する凶悪な思想と強力な軍事力を有するヒドラである。
 明確な敵がいて、行為の正当性は国家が保証してくれて、ヒーローとしては「正義とは何か?」やら「この行為は本当に正義なのか? それとも法を外れた、正義とは別のものなのではないか?」やら、小難しいことを悩まずに済む。だからキャプテン・アメリカは、星条旗をモチーフとしたコスチュームを身にまとうことができるのだ。自分の正しさを喧伝できるのだ。ヒーローにとって、なんと幸せな時代だろう!
 第二次世界大戦後のアメリカ合衆国政府は常に正しいわけではなかった。否、戦中のアメリカさえ決して正しいとは云えない点が幾つもあった。それでも国家存亡の危機、"アメリカの正義"が掲げる自由主義保護のために一致団結することが求められた。これは正しいとか正しくないとかではなくて、そうあることが当たり前だった。それに疑問を差し挟むことは世相が許さなかった。「アメリカの正義」を為すことは圧倒的に正しかったのだ。安心して言行一致を貫けた時代である。これより時代が下ると、今度は「アメリカの正義」そのものが問われるようになる。自分たちは本当に正しいのか?
amazon:[単行本] キャプテン・アメリカ:ニューディール  国内外で上がる、アメリカを批判する声。世界の警察を標榜するアメリカに対して、「汚職警官!」との声が飛ぶ。そんな時代には、時代が要請するヒーローが現れる。「正義」と「ヴィジランティズム」との狭間に立って悩むヒーローが。苦悩の時代において、滑稽なくらいに正義を貫けるヒーローはお気楽タイツ男と揶揄される。
 サム・ライミ監督作品「スパイダーマン」は撮影途中に9.11が起こった。被害に遭った世界貿易センタービルをフィルムから消して、そんなものはじめから無かったものとして物語を完成させなければならなかったという。「アメリカの正義」に対する声を無視しなければ、ヒーローの物語は成り立たなかったのだ。テロリズムには一片の正義もない。それでも押し黙るしかなかった「スパイダーマン」。だからと云って「アメリカの正義」を死なせるわけにはゆかない。泥を塗るわけにはゆかない。
 だから、キャプテン・アメリカは七十年も眠らなければならなかった。「アメリカの正義」を体現する男は、あのまま活動していたらいずれ悩まなければならなかったから。自己存在の意義を疑わなければならなかったから。
 キャプテン・アメリカは歴史の舞台から去ることで、彼の背負う「アメリカの正義」を汚さずに済んだのだ。彼自身、汚されずに済んだ。
 それでも、失ったものは多すぎる。ダンスの約束もすっぽかしてしまった。

amazon:[単行本(ソフトカバー)] キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー (ShoPro Books)  スクールカーストにおいてナードの中のナードだった男が、ある日を境にジョックの立場へ。ヒョロヒョロのもやしっ子がマッチョになることでその地位を得るというのは、アメリカの持つ業病の表れである。ギリシャ彫刻のような肉体美を得てはじめて"アメリカの正義"を体現できるとするような、「清く正しく美しい」ことへの幻想を払拭できない。ビル・ゲイツにスティーブ・ジョブズは世界的に成功している人物だが、彼らは典型的なナードだぞ。
 もやしっ子のスティーブを認めたのは、彼の本質を知る親友のバッキーと、ドイツ人のアースキンだ。アメリカの幻想とは無縁だったアースキンは、スティーブの肉体ではなく精神にそなわっている善良性に着目し、これを何よりも評価した。ペギー・カーターもスティーブの知性と不屈の闘志を評価するようになる。彼女もまた男性優位社会の旧弊な考え方に苦労をさせられている。だから、そこから外れているスティーブの美点に気付いたのだろう。
 生まれてこのかた女性と縁のなかったスティーブはおそらく童貞である。運命の相手と出逢うことを待っているなどと云うあたり、「キャプテン・アメリカ」と知られるようになっても、彼の勇名に群がる女性に手を出してはいないのだろう。性に関する知識はゼロに等しいのではないか。"フォンドゥ"を「パン等をチーズに浸して食べること」とは知らずにセックス関連の単語か隠語にしか考えられない彼の頭は、はっきり云って男子中学生並みだ。
 ともあれ、清廉潔白であることをキャラクターとして求められたキャプテン・アメリカは、当然の帰結としてスティーブ・ロジャースに童貞であることを強いた。
 コスプレマッチョで善良な童貞。それがキャプテン・アメリカである!

 ここまで書いてきたことは、本作「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」の内容に則っている。アメコミの「キャプテン・アメリカ」では大河ドラマが展開されているのだが、これに触れるとパンクしてしまう。それにキャップを語り尽くせるほど詳しいわけでもないし。
amazon:[単行本] マーベル・アベンジャーズ事典 (ShoPro Books)  というわけで、この記事はここまでとする。世界最強のCEO、アイアンマンことアンソニー・スタークの父親、ハワード・スタークの出番が思いのほか多かったことや、レッドスカルことヨハン・シュミットを演じたヒューゴ・ウィーヴィングが、途中からまた顔を隠して演じているな、なんてことも語ろうと思っていたけど、コスプレマッチョ童貞の正義について語るうちにどうでもよくなっちゃった。これらについては、実際に映画館で観て確認してほしい。
 冒頭で述べたように、今回は2D字幕版を観たので、飛び出してくることへの興奮を味わえなかったが、3Dで観られたならキャプテン・アメリカの象徴であるシールドや疾走するバイクが飛び出してきたのだろう。エンドロールも3D上映を意識した映像になっていて、そんな場面のたびに「3Dで観たかったなあ」と思ったものだ。ひと足先に観られただけでもありがたいんだけどね。
 そして、Marvel作品の映画化作品、特に「ハルク」、「アイアンマン」シリーズ、「マイティ・ソー」と本作に共通するのは、本編終了後のオマケだ。いよいよ来るぞ、「アベンジャーズ」が! ヒーローたちが揃い踏み。エンドロールが流れても席を立たないで、壮大な予告編を観るしかない!

たらいまわし | HOME | 忘れられた約束

Comments:2

光太 2012年3月10日 13:48

「アベンジャーズ」がどんな映画になるのか楽しみですね!

サテヒデオ 2012年3月10日 19:28

光太様
 コメントありがとうございます。
 本当に今から楽しみです。「アベンジャーズ・アッセンブル!」のカッコイイ云い方を、今ひそかに練習しているところなのです。

 アベンジャーズ・アッセンブル!

Comment Form

Trackbacks:24

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/46
Listed below are links to weblogs that reference
星条旗よ永遠なれ from MESCALINE DRIVE
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー from 象のロケット 2011-10-06 (木) 16:08
1942年、アメリカ。 病弱な青年スティーブは軍への入隊を希望するが何度受けても不合格。 だが軍医アースキン博士にその熱意と勇気を見込まれ、極秘実験「スー...
【映画】キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー from ★紅茶屋ロンド★ 2011-10-06 (木) 19:55
<キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー を観て来ました> 原題:Captain America: The First Avenger 制...
映画:キャプテン・アメリカ ヒーローものにしては、あまりに現状況を再認識させるところが凄いかも? from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 2011-10-09 (日) 06:53
本国でかなり高い評価。 そして興行のヒットも得て、堂々の日本公開(かな?) 1941年から登場という息の長いヒーローだけに、どう扱うのか興味津々だった...
キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー from うろうろ日記 2011-10-11 (火) 00:02
試写会で見ました。もやしっこが政府の研究機関で肉体改造して、世界初のヒーローにな
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー from LOVE Cinemas 調布 2011-10-14 (金) 01:18
マーベル・コミックの人気ヒーローにしてBIG3の一人である“キャプテン・アメリカ”の実写版。虚弱体質の青年が軍の秘密実験で超人と化し、祖国を守るために大活...
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー from MAGI☆の日記 2011-10-14 (金) 13:13
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーを見てきました。 1942年、病弱なため兵士として不適格とされたスティーブは、軍の極秘計画...
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・ア... from MAGI☆の日記 2011-10-14 (金) 13:28
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーを見てきました。1942年、病弱なため兵士として不適格とされたスティーブは、軍の極秘計画“スーパーソルジ...
キャプテン・アメリカ from Akira's VOICE 2011-10-14 (金) 16:59
シンプルなのに大味・・・  
映画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります from ディレクターの目線blog@FC2 2011-10-14 (金) 18:16
映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(3D・字幕版)』(公式)を、初日初回で鑑賞。午前の早い時間帯の割りに20名ほどの...
映画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(3D版)」感想 from タナウツネット雑記ブログ 2011-10-15 (土) 04:23
映画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(3D版)」観に行ってきました。 軍の秘密実験で超人的な能力を身につけた「キャプテン・アメリカ」...
[彼女おのろけと、映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 2011-10-15 (土) 22:28
☆眠いので、短信で!  でも、映画は凄く面白かったよ^^    ◇  バイトを午後8:10に終え、八王子は堀之内の事務所を出た。  映画はMOVI...
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 3D字幕 from 新・映画鑑賞★日記・・・ 2011-10-15 (土) 23:54
【CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER】 2011/10/14公開 アメリカ 124分監督:ジョー・ジョンストン出演:...
「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アドベンチャー」感想 from 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ 2011-10-16 (日) 10:49
 世界初のアメリカンヒーローとして、今も高い人気を誇るコミックスを、「ジュラシック・パーク3」のジョー・ジョンストン監督、「ファンタスティック・フォー」の...
長い予告。【映画】キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー from B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら 2011-10-16 (日) 11:37
【映画】キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 監督に『ウルフマン』のジョー・ジョンストン。 超ムキムキなイケメン俳優クリス・エヴァンス主...
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アドベンジャー from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver 2011-10-16 (日) 22:03
マーベルコミック最初のヒーローと言われているキャプテン・アメリカの映画化だ。ナチスがヨーロッパで戦争を仕掛けていた時代にアメリカで誕生した。最初は国債売り...
『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 戦争かアクションかヒーローか? from 映画のブログ 2011-10-17 (月) 22:17
 ナチスが繰り出す超兵器を相手に、羽付きヘルメットの大男が戦う物語――といっても、手塚治虫著『ビッグX』ではない。  キャプテン・アメリカといっても、『...
映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」アメリカを背負いいかにもなヒーロー像をどう感じるか from soramove 2011-10-30 (日) 19:14
「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」★★★☆ クリス・エヴァンス、サミュエル・L・ジャクソン、 ドミニク・クーパー、ヒューゴ・ウィーヴィ...
シネトーク83『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』●けっこう地味なアメコミ映画 from ブルーレイ&シネマ一直線 2011-11-05 (土) 14:41
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「マスターイメージ社のクリッ...
映画:キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー from よしなしごと 2011-11-27 (日) 00:44
 久々のアメコミムービーはキャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーです。どんなヒーローなのか聞いたこともなかったので、あまり期待しな...
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (Captain America: The First Avenger) from Subterranean サブタレイニアン 2012-03-01 (木) 13:47
監督 ジョー・ジョンストン 主演 クリス・エヴァンス 2011年 アメリカ映画 124分 アクション 採点★★★ ちょっとやそっとの食べ過ぎや怠惰な生活...
映画「キャプテン・アメリカ」 ( ゚д゚)普通やん! from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て 2012-03-10 (土) 00:03
キャプテン・アメリカ観ましたよ~(◎´∀`)ノ アメコミのマーベル・コミックの人
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー from 我が頭に巣くう映画達 2012-03-10 (土) 10:06
20点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「ミクロキッズ」、「ジュマンジ」のジョー・ジョンストン、 主演はクリス・エヴァンスです。 クリス・...
【映画】キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー…マスク被ったらボールドウィンっぽくなる罠 from ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 2012-04-14 (土) 00:04
ここ一ヶ月ぐらいの間、新しい仕事を憶えているせいか、仕事が夢にまで出てきて困っているピロEKです…寝汗が多い気がするのもそのせいでしょうか さて、本...
「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」 from 或る日の出来事 2012-05-14 (月) 23:32
「アベンジャーズ」のメンバーですから、見ておかないと!

Home > 星条旗よ永遠なれ

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top