視える怪談 | HOME | 長い友との始まりに

欲望のままに

amazon:[DVD] あるスキャンダルの覚え書き 「あるスキャンダルの覚え書き」を観た。
 本作はミステリ作品というわけではないので、巧妙に仕組まれた謎も特に秘すべき事柄もないのだが、そうであっても未だ観ていない者からするとネタを割ってほしくないだろう。これは尤もである。
 この後、私は本作についていろいろと語るが、登場人物の評価から事件の顛末から、何から何まではっきり明かしている。伏せておいた方が興味をそそるであろう事柄に触れるし、何が結末に待っているのかということにも言及する。
 映画に限ったことではないけれどネタを割ることにかけては人後に落ちない自信が、私にはある。昔、朝松健『私闘学園』を読んでいると、不意に登場人物のひとりに「本陣殺人事件」の犯人をバラされてしまった。それからというもの、ネタを割るのになんの抵抗も感じなくなったよ。ハッハッハ!
 ネタを割られることに慣れている、寧ろネタを割ってほしくてたまらない奇特な向きだけがこの先を読み進めるように。そうでなければ、きっと後悔することになるだろう。

 十五歳の教え子と性的関係を持つ教師と教育現場における経験の豊富な同僚ということで、この構図を持つある作品を想起した。「ダウト あるカトリック学校で」だ。この時点では本作も「ダウト」も観ていない。ただし二作とも物語におけるおおまかな流れを知ってはいた。そのうえでの予断だ。ああ、似てるんだなあ、と。
「ダウト」のフリン神父と本作のシーバ。「ダウト」のシスター・アロイシスと本作のバーバラ。フリン神父とドナルド・ミラーの関係は疑惑のまま明かされはしなかったが、本作においてシーバは男子生徒と肉体関係を結び、その事実をバーバラにつかまれる。シスター・アロイシスならばフリン神父を追い出す絶好の口実ができたとばかりに喜んで公にする事実を、バーバラは自分ひとりの胸にしまう。
 疑惑と事実の違いはあれど、「ダウト」にせよ本作にせよ、教師と生徒の間の不適切な関係というモチーフを扱っていながら、その出来事に接した年長者の対応によって物語の展開に大きな違いが現れる。
 シスター・アロイシスには、キリスト教徒として守らねばならない戒律と、校長として正さねばならない学校内の規律があった。これらが彼女の行動に影響を与えていた。
 バーバラの行動原理はシンプルだ。それだけに彼女がこれを求める気持ちの強さは尋常ではない。なぜなら、バーバラ・コヴェットは空っぽだから。彼女のなかには何もないから。バーバラは飢えているのだ。だから彼女は求める、自分が満たされることを。ぽっかりと空いた虚ろにぴったりと嵌まる"友人"を。

 奉職するセント・ジョージ校の現状にバーバラは失望していた。主に労働者階級の子供が通う学校に、自分に見合う人物がいるとも思えない。かつて友情の絆で結ばれていた同僚は遠方に転任してしまった。楽しい会話を持つことすら期待できず、小さく野蛮な妖精たちが飛び回る職場で、バーバラは諦観と共に定年退職までの日々を生きていた。
 バーバラは詰まらない日々を日記に綴る。彼女は観察者を気取っている。バーバラの日記は、だからその役割のひとつは観察記録なのだ。観察の目的は、観察対象者が自分の"友人"としての条件を満たしているかどうかを見極めることだ。
 詰まらない日々に観察対象を失っていたバーバラの前に現れたのは、美しく出自のよい美術教師だ。暫くは観察に徹していたバーバラだが、シーバが自分に見合うと確信したらば積極的に近付いてゆく。

 シーバ・ハートは妻として母としてダウン症の息子の保護者として長い時間を生きてきた。そしてベンを私立の学校に入れることができて、ようやく自分の時間を持てるようになった。
 自由に使える時間と云っても、若い頃に満喫し実感していた自由とはまるで違う。暇な時間と家庭の外に活動の場と得たばかりに却って窮屈な現状に気付いてしまった。シーバにとってこれは不幸だ。
 そんなとき、自分に女を認めてくれるスティーヴンにシーバは出逢い、彼に縋った。妻でなく母でなく保護者でなく、女として自分を求めてくれる男にシーバは溺れた。
 シーバがいくら言葉を繕っても、彼女がしてしまったことは不貞行為である。そのうえ、未成年に手を出してしまったのだから、これは犯罪行為である。云い逃れはできない。
 シーバの罪はシーバが招いたものだ。この点については間違いがない。

 バーバラはシーバに対して、生徒に隙をみせないように注意を促した。バーバラから見てシーバの無邪気な性格は危なっかしく感じられる。無邪気な者同士が相対すれば、より無邪気である方が自分を通すことができる。少しでも考えを巡らせたなら、その時点で負けてしまう。二人の関係においてイニシアチブを譲ってしまうことになる。
 シーバはスティーヴンに対して大人の女として接してしまった。自由を求めて快楽を欲する自分の弱さに気付いていなかったのだろう。二人の関係を知る者にとっては彼女が酷く傷つくのは目に見えていた。スティーヴンは欲求不満の中年女との遊びと割り切っていたのに、シーバには現実が見えていなかった。
 シーバの心が弱っていることをスティーヴンに見透かされていた。15歳の少年に見えたものがバーバラに見えない道理はない。バーバラもまたシーバの弱さにつけこんだ、
 バーバラとシーバの関係はここに転機を迎えた。バーバラに見込まれたときからシーバは蟻地獄に足を踏み入れてはいたのだが、彼女自身の過ちによって逃げ場を見失ってしまった。

 貫禄のジュディ・デンチ。演技巧者のケイト・ブランシェット。否、両者共に貫禄と演技力を併せ持つ女優だ。それぞれが演じる登場人物の見せる弱さと愚かさ、したたかな部分を見事に表現してみせたのには感服した。かわいらしい笑顔と醜く歪んだ形相とが入れ替わり立ち替わりするのは見物である。

 蟻地獄。バーバラが自宅と職場以外に出没するのはペットの病院とハート宅、そしてお気に入りのベンチ。極端に行動範囲が狭い。かつての"友人"のジェニファーとシーバは同僚だった。最後に登場したアナベルに声をかけたのはお気に入りのベンチ。学校という狭い社会に生きてきたことから、バーバラは世界を測る尺度を持てないまま現在に至ったのだろう。
 友情についてバーバラが誤解しているのも、彼女の尺度に誤りがあることが原因である。バーバラが本当の友人関係をついに知ることなく生涯を終えるのだろうことを思えば、この老いた怪物を憐れむ気持ちになる。だけど、彼女の友人になろうとまでは思わない。
 バーバラが毎夜綴る日記には、彼女の切り取る世界が記録されるほかに、もうひとつ役割がある。そこには約束された幸福へと彼女たちを導く指標が書かれている。バーバラは預言者であり、彼女とその"友人"は約束の民なのだ。

 物語の最後に「ダウト あるカトリック学校で」も本作も、二人の女性がベンチに腰掛けて言葉を交わす。泣き崩れるシスター・アロイシスと彼女を支えるシスター・ジェイムズ。シーバの記事を切っ掛けに会話をはじめるバーバラとアナベル。後悔に泣き濡れる瞳と、今度こそ目の前の獲物を逃がすまいと光る眸。
 幸せはどこにある?

視える怪談 | HOME | 長い友との始まりに

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/43
Listed below are links to weblogs that reference
欲望のままに from MESCALINE DRIVE
あるスキャンダルの覚え書き from 象のロケット 2011-10-04 (火) 21:55
ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラは、若く美しい新任の美術教師シーバに興味を抱く。家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころ...

Home > 欲望のままに

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top