北緯38度線 | HOME | 日々是寧日

そして行列は動き出す

amazon:[単行本] 恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-  2011年9月16日、三省堂書店神保町本店において、上遠野浩平『恥知らずのパープルヘイズ』刊行記念ということで、上遠野浩平氏を招いてのサイン会が催された。
 この作品は荒木飛呂彦による大ヒットシリーズ、「ジョジョの奇妙な冒険」第五部「黄金の風」の登場人物パンナコッタ・フーゴを主人公に据えたスピンオフ作品である。これを「ブギーポップ」シリーズで凄まじい人気を得た上遠野浩平氏が書いたのだから、これは事件である!
「黄金の風」は第三部、第四部に続いて"スタンド"を核に据えたバトル型展開を繰り返す内容、というふうに乱暴に纏められる。"スタンド"とは"超能力"のひとつの表現であり、"スタンド"を操るということは"超能力"を使うことと同義である。
『恥知らずのパープルヘイズ』の主人公のパンナコッタ・フーゴもまた"スタンド使い"であり、その"スタンド"を名付けてパープル・ヘイズと呼んでいる。

 サイン会はこれまでに何度も参加したことがある。三省堂書店神保町本店でのサイン会も。ジャンルや作家によるけれども、サイン会の参加者はたいてい大学生から上、社会人が大きな割合を占めるものだ。サイン会の対象書籍というのは、ほとんどが単行本である。なかには二千円を超えるものがあり、校則によりアルバイト禁止だった自分の高校生活を思えば、いくらファンでも文庫本ならともかく単行本は手が出ない。だから多くのサイン会では学校帰りの制服姿というのをあまり目にしないものだが、今回のサイン会では制服姿の少年少女が友人と連れ立って並んでいるのが目立った。これについては常にないことなので目立っただけで、それでも全体としては多くなかったかもしれない。また、週刊少年ジャンプや関連雑誌での連載だけあって、少女より少年のほうが多い(背広姿の"永遠の"少年を含む)。
 若者の活字離れ云々はどこ吹く風と、1365円の単行本を胸に抱く彼らの姿が嬉しい。1365円あればマクドナルドの150円ポテト何個買える? 年齢的に炭水化物が大好物だろうに、約9個のマックポテトを断念して1冊の本を買ったわけだよ。ジャンプ漫画の人気作品と云っても、「ジョジョの奇妙な冒険」も今や週刊少年ジャンプでは連載していない。月刊のウルトラジャンプに移った。そもそも第五部は随分と前に終わっている。ウィキペディアで調べてみると、第五部「黄金の風」は1999年に終了しているぞ。22年前だ。キミらまだ生まれてないだろう? 22年前じゃない。12年前だよ。なにを勘違いしてたんだか。でも、単行本を買うほどに夢中なの?
 同志よ喜べ。本には若人を振り向かせるだけの力がまだまだあるぞ!

 サイン会は18時30分に始まった。整列開始が18時とのことだから、スムーズな運営である。サインを頂けるのは対象書籍『恥知らずのパープルヘイズ』のみ。参加者ひとりにつき1冊。写真撮影は遠慮願うということで、一般的な内容である。配付された整理券には記名する欄があって、「為書きしてもらえるのかな?」と期待したのだが、実際は為書き不可ということだった。営業時間の関係上、為書きをしていられない場合もあり、これは納得できる。また、作家の署名が完全に出来上がっていて、余白込みで完成している場合、為書きを入れると構図が崩れてしまう。この場合、日付を入れてもらえれば御の字である。
 今回は三省堂書店神保町本店の営業時間が20時まで。サイン会開始が18時30分からである。為書きをしない判断を理解できる。また、上遠野浩平氏の署名も図として完成している。この意味でも仕方ないな、と。
 残念は残念だが、為書きがないおかげで個人情報をさらさずに画像をアップロードできる。こういうのって、怪我の功名?
上遠野浩平氏サイン
 荒木飛呂彦の生んだ「ジョジョの奇妙な冒険」は今年に入って第八部が始まり、第五部で途中退場したパンナコッタ・フーゴが舞台を小説にして読者の前に再び現れた。冒険はまだ終わらない。サインを待つ行列の、作家と直に触れ合う機会を目前にして緊張と興奮に満ちた行列の、1365円を読書の悦びに投じた少年少女の目が、それを告げていた。
 かく申す私自身が少なからず舞い上がっていたようだ。いつもとはどこか違う雰囲気なか、若い熱気に中てられたのだろう。肝心の上遠野浩平氏にサインを頂く際は頭がうまく働いておらず、その流麗な筆致を眺めて「おお、スゴイなあ」などとバカみたいな感想しか浮かばなかった。
 あ、ありのまま起こったことを話すぜ! 学校帰りと思しき制服姿が多いなと思ってサイン会の行列に並んでいたら、いつの間にかサインをもらっていた。催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ......。

北緯38度線 | HOME | 日々是寧日

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/29
Listed below are links to weblogs that reference
そして行列は動き出す from MESCALINE DRIVE

Home > そして行列は動き出す

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top