この世には不思議なことなど何も無いのだよ | HOME | ウニョ腕繁盛記

コピペで綴る"真実"

amazon:[DVD] ジェニファーズ・ボディ(完全版) 「ジェニファーズ・ボディ」を観て思った。女の友情というのは、維持しようと努めないと続かないものなのね。それともうひとつ。せっかくミーガン・フォックスとアマンダ・セイフライドの若手肉感女優をメインでキャスティングしたんだから、もっとギラギラしたエロス要素を前面に押し出して、ニキビ面の男子を釣り上げなきゃダメだろうよ。また、ミーガンとアマンダも若さにあかせて黒歴史を刻んでおかなきゃ。ベテランになってからだと取り返しのつかない汚点になりかねない。今から安定志向でいると大物にはなれないぞ!

 ニーディとジェニファーは幼馴染み。互いの胸に光るペンダントトップには"永遠の友情"を示す「BFF」が記されている。
 町名の由来となった滝のほかにはこれといって特徴があるわけでもない田舎町。それがデビルズ・ケトル。ある夜、町で唯一のバーに都会からバンドがやってきた。その演奏を見に行った二人は、そこで火事に遭遇する。燃え上がるバーを辛くも脱出した二人に、こちらも無事だったバンドのボーカルが声をかける。自分たちの車で送ってあげるよ、と。この申し出を断るニーディと車に乗り込むジェニファー。二人の運命はここで分かれた。
 火事の現場に居合わせて、パニックの起きるさまや人の焼け焦げる匂い。そしてジェニファーと別れる際に感じた不吉なイメージ。ニーディは帰宅しても混乱と動揺のただなかにあり、そんななかで何者かの気配を感じる。現れたのはジェニファー。怪我を負っているようで血まみれの彼女は、勝手に冷蔵庫を漁るも真っ黒な反吐をぶちまける。ニーディの見たところ、その反吐までが普通じゃない。
 翌日、多数の死傷者を出した前夜の火事で町全体が悲しみに包まれるなか、何事もなかったかのように登校するジェニファー。夜を徹して血と反吐を拭き取ったニーディには、前夜のジェニファーが夢だったとは思えないのだが、こうして本人を目の前にしてみると、あれはいったいなんだったのだろうとわけがわからなくなる。その日、不幸に沈むデビルズ・ケトルは新たな死者を出した。彼はアメフト選手で、死体の様子は惨たらしかった。
 彼はジェニファーが殺した。いや、食った。

 都会で芽の出ないバンドがドサ回りで田舎町を訪れて、そこで彼らに夢中になった少女をバンドメンバー全員で襲う。レイプされた少女は男に対して憎悪の念を抱き、"男"というものに復讐してゆく。また、彼女はレイプされた夜に自分を見捨ててひとりで帰った"親友"に対しても怒りを覚えて、復讐の過程で"親友"への嫌がらせになるような"男"を選ぶ。本作を下世話に纏めるとこんなところだ。
 ローショルダーのニコライがジェニファーにナイフを突き立てる行為は、力ずくの無理矢理な挿入を意味する。また、ナイフを振り下ろしたのはニコライだが、その回数は五回。バンドメンバーの人数分だ。つまりは五回の挿入であり、これは輪姦を意味している。ひと言で云うと、レイプだ。
 このレイプ、作中ではジャニファーを生贄にした、悪魔と契約を結ぶための儀式である。音楽と悪魔とは親和性が高く、さもありなんといったところだけれど、ローショルダーの行った儀式次第のデタラメなこと。秘儀の詳細をインターネットで見つけたというのは当世風かな、って。いや、これは皮肉だけど。この場面の前にもこんなことが描かれている。バーの火事に際して人命救助に尽力したとして美名を馳せたローショルダーに対して、ニーディが実際の彼らの行動を暴露するも、ローショルダーに夢中なクラスメイトには信じてもらえない。そのときに云われたのが、「あれ(ローショルダーが人命救助したということ)は真実よ。ウィキペディアに載ってる」という、反論するにはまことに根拠に乏しい内容。しかし、この言葉を吐いた当人はこれで事足れりといった表情を浮かべている。だってウィキペディアですよ、アナタ。誰でも編集できるんだから事実に反する内容さえも載せられるわけですよ。その内容を一から十まで信じてはダメでしょ。某巨大掲示板ではないけれど、嘘を嘘と見抜けない人がインターネットと付き合うのは難しい。twitterでもデマがそのままにRTされてしまう。なかには「拡散希望」と謳ってまでしてデマを広げてしまう向きも。これは自戒を込めて「情報の取り扱いには気をつけましょう!」と云うほかはない。
 閑話休題。輪姦されて頭のネジのゆるんだか外れたかしたジェニファーは、自分がされたことの復讐として"男"を征服する。自分の肉体を餌に次々に男を釣り上げて、文字通り食っちゃ捨て食っちゃ捨てする。彼女はこの"食事"によって自らの美が保たれることを知った。下剤を飲んで体型を維持して、テレビは美容器具の通販番組を観るジェニファーにとって、これは願ったり叶ったり。ここにおいてジェニファーの男への復讐と美容の執心が、その身に取り憑いた悪魔の欲求と結び付いた。もう誰にも彼女を止められない。
 これ以降、ジェニファーは男に対する二律背反に苦しむ。"男"は憎い。忌避したい。しかしその一方で"男"に対する内なる衝動がある。また、自らの美を保つためには食らうしかない。ここに至って親以外にまともな人間関係を維持できるのはニーディだけだとジェニファーは気付く。
 ジェニファーにとってニーディは唯一気の許せる人間となったわけだが、ニーディにとってのジェニファーはどんな存在だろうか?

 ジェニファーの些細な横暴はニーディにとっては日常だった。これは幼い頃から続くもので、受けるニーディにとっても半ば習慣となっていて、けれど踏み越えてはいけない線はあって、それについてはジェニファーも心得ているようで、今のところ決定的な対立にまでは至っていない。二人の個性の違いはそのまま二人の間の役割分担となってうまく機能していた、これまでは。
 ジェニファーは冒頭でクイーンビーらしく登場し、自信に満ちた姿を見せつける。特にニーディに対して常に強気で接しているが、ジェニファーがニーディ以外に話しかけたり話しかけられたりする描写は驚くほど少ない(獲物を誘い出す場合を除く)。ジェニファーは、何もせずとも周りが放っておかないといった地位に立ってない、学校内で女王の座におさまっているわけではない。ジェニファーを相手にしてくれるのはニーディだけ。ジェニファーはクイーンビーでもなんでもなくて、むしろスクールカーストから外れたところにいるのだ。
 自分を認めない地域社会をジェニファーもまた認めていない。小さなバーが一軒きりの田舎町とそこで延々と続く日常に彼女はウンザリしている。だから、都会から来たバンドと非日常の事態に舞い上がって、彼らの誘いについうかうかと乗ってしまう。それが招いた自身の"死"は、はっきり云って自業自得。そうは云っても気の毒ではある。
 ジェニファーの他罰的性格は自らの死に対する責任をニーディに転嫁する。いや、幼馴染みに責任を問うのではない。ただのやっかみだ。妬み嫉みの類いだ。あのときニーディが自分を連れ帰ってくれていればと思わずにいられない。しかも、ワタシがこんな思いをしているのに、自分は恋人とうまくやってやがる。悔しい。アイツはワタシより下にいなければないのに!
 自分を特別な存在として受け入れてくれるのはニーディだけだが、ここにおいて彼女に対しても"男"に対するのと同じように二律背反する思いが芽生える。大切だけど憎らしい。傷つけたくないけどメチャクチャにしたい。その思いが爆発した結果、ジェニファーはコリンとチップを狙う。ニーディと仲の良いコリンと彼女の恋人であるチップ。彼らを寝取ることで意趣返しを狙うのだが、これは幼い頃の人形遊びではない。大切な人を取り上げられて、ニーディが笑ったままでいられるわけがない。
 ジェニファーはこんなこともわからなかったのか?

 かくしてレイプ被害者の復讐譚は女同士の確執の物語へと変わる。そして最後にはレイプ犯への復讐が果たされる。思い込みと正確かどうかも定かではない情報で事を済ませようとするバカ男どもは成敗され、物語は大団円を迎える。悪魔との契約に端を発する、十代の男女の死は五つ。ローショルダーのメンバーは五人。悪魔としてはデタラメな契約を結ばせられたこともあって、この業績であっても収支はトントンなのかな? ご苦労様である。

 この記事ではスクールカーストだのジョックだのナードだの、日本の学校生活では耳慣れない単語を出した。コロンバイン高校の大量射殺事件で話題になったように、アメリカの学校では校内の人間関係に明確なヒエラルキーが存在する。その頂点に立つのは、男子はたいていアメリカンフットボールの花形選手であり、女子のトップはチアリーダーである。これらジョックとクイーンビーは強く正しいアメリカの象徴であり、彼らとは対照的にヒエラルキー下位に位置するのがナードだ。これはオタクやガリ勉、ゴスといった運動能力に秀でていない連中。「スパイダーマン」のピーター・パーカーは科学オタクであり、これはバリバリのナードだ。それが特殊能力を得たのを契機にスクールカーストの枠組みから逸脱した。
 ちなみにスクールカーストについての知識はインターネットで拾った。特にウィキペディアから。エ? 変ですか? 天下のウィキペディアですよ。大丈夫。間違いない。ホラ、誰かが云ってたじゃない?「あれは真実よ。ウィキペディアに載ってる」って。

この世には不思議なことなど何も無いのだよ | HOME | ウニョ腕繁盛記

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://mescalinedrive.com/mt-tb.cgi/21
Listed below are links to weblogs that reference
コピペで綴る"真実" from MESCALINE DRIVE
ジェニファーズ・ボディ from 象のロケット 2011-09-08 (木) 00:31
アメリカ中西部デヴィルズ・ケトル。 高校生のジェニファーは誰もが羨む学校一の美女で行動的。 一方、親友のニーディは内気で地味な女の子。 ある日、2人でライ...

Home > コピペで綴る"真実"

Feeds
blogram投票ボタン フィードメーター - MESCALINE DRIVE 人気ブログランキングへ
Message
Visitor

Return to page top